« ボルネオ島探鳥記(2023年6月) 前半 | トップページ

2023年6月14日 (水)

ボルネオ島探鳥記(2023年6月) 後半

Img_20230602_072846909_hdr
朝7時の便でブルネイを発ち、わずか40分のフライトでマレーシアのコタキナバル空港に到着。
キナバル山が見えるかと窓側の席にしたけど、あいにくの曇天だね。
入管もあっさり通り抜けて、ガイドさんの待つ到着ロビーへ。

Img_20230602_092207759
本日の目的地へ出発する前に簡単な朝食。
健康そうな地元のお嬢さんのグループに出会えて、眠気も一変に覚めたわ ^^

Img_20230602_100743067_hdr
この道路は舗装路とダートが半々くらいで、前を行く車のホコリがひどくてガイドさんも辛そう。

118a3234r
マレーシアの最高峰のキナバル山(4,095メートル)が見えてきた。
タンブナン(Tambunan)の町からほど近い熱帯雨林の中に今日の探鳥地が在る。

118a5760r_20230613213401
#カンムリシャコ ♂♀ #冠鷓鴣 #CrestedPartridge
https://youtu.be/ncQ-rX8-5PE  ←Youtube動画版

118a5142r_20230613213401
#キンバト #金鳩 #EmeraldDove

118a4217r_20230613213401
#チャガシラガビチョウ #茶頭画眉鳥 #ChestnutCappedLaughingthrush

118a4211r_20230613213401
#マングローブヒメアオヒタキ #MangroveBlueFlycatcher

118a3623r_20230613213401
#オジロウチワキジ #尾白団扇雉 #BulwersPheasant
https://youtu.be/gf_zapCTYKc  ←Youtube動画版

118a3544r_20230613213401
#シキチョウ #四季鳥 #OrientalMagpieRobin
@TrusMadi山

観察小屋にはすでに5名ほどの(中国系の)グループが撮影中で、我々も三脚をセットして撮影開始。
ここの売りはオジロウチワキジとカンムリシャコらしく、先客もしきりにシャッターを切っていた。

Img_20230602_195937250_hdr  Img_20230602_200357782_hdr
Img_20230602_200930145_hdr
強烈な雷雨の中をTerupidの町に戻る。
ホテルにチェックインして楽しい夕食のはずが、なんとガイドさんがホテルをブッキングミス してたとか。
他のホテルを物色中だから安心して食べてとは言われたものの、美味しいはずのミーゴレンを食べても気が気では無い。

Img_20230602_204412191_hdr Img_20230603_053356487_hdr
急遽の手配で着いたのは、町はずれの怪しいホテル。
ベッドの下はホコリのかたまりだけど、もはや文句を言う気力もなくしてシャワーを浴びて寝た。

Img_20230603_053413076_hdr
ヤモリが鳴く部屋で過ごした翌朝。
今日は、メインターゲットのボルネオコクジャクに会うために泥だらけの山道を登るらしい。
途中に川渡りが在り、ヒルも多いらしいのでゴム長とヒル除けスプレイを準備した。

Img_20230603_071902798_hdrt
水量は膝に満たなかったので何とか渡れたけど、雨降りの後は難儀するだろうな。
この後は急坂が続き、心臓が悲鳴を上げることに。

Img_20230603_093739910_hdr
ガイドさんに三脚を持ってもらったので、両手ストックで泥と石の道をひーこら登ってハイドに到着。
この日は我々のみだった。

118a6649
118a6942r
#ボルネオエボシコクジャク #烏帽子子孔雀 #BorneanPeacockPheasant
https://youtu.be/Yl3y07A7aGo ←Youtube動画版
この鳥に会うために泥と石ころの坂道をストック突いて登ったが、それだけの価値はあったと思う。


Img_20230603_114415158_hdr
ランチは道中の屋台で買ったお饅頭。
ムスリムの国なので、当然ながら「豚まん」は売ってなかった。

118a7914r
#コシアカキジ#腰赤雉  #CrestedFireback

118a7974r
#コシアカキジ ♀ #腰赤雉  #CrestedFireback

https://youtu.be/1z9oHPjvfc4 Youtube版動画


もし、エボシコクジャクとコシアカキジが見れなかったら明日も登山すると聞いてビビってたけど、何とか目的達成できてひと安心。

118a7356r
#ビワハゴロモ #LanternFly
ハイドで潜んでたら目の前の木に奇天烈な生き物がとまった
かなり大きくて、こちらに向いて飛んできたときはのけ反りそうに成った。

Img_20230603_173020460_hdr Img_20230603_171525954_portrait
夜は宿の近くのレストランで。
私がビールを飲みたいのを察してか、ガイドさんがインド系のお店を選んでくれた。
ムスリムで無ければ飲酒などのルールは緩いんだとか。

Img_20230604_064948765_hdr Img_20230604_065050272_hdr Img_20230604_065810217_hdr
最終日はキナバル自然公園での探鳥。
ブルネイ経由の帰国フライトは19時発なので、半日程度は遊べそう。
キナバル山が近い。

118a8244r118a8397t
#ノドグロキヌバネドリ #WhiteheadsTrogon
緑一色のジャングルの中に真っ赤で大きな鳥。目立たないはずが無い。

118a9705r
#キエリゴシキドリ #黄襟五色鳥 #GoldenNapedBarbet

118a0274r
#スンダウグイス #SundaBushWarbler

118a0599r
#不明 #N/A

118a2014r
#コキティナヒメイナズマ ♀ #N/A

118a9269r
#キエリアブラゼミ #N/A

118a0390r
#ボルネオルリチョウ #BorneanWhistlingThrush

Img_20230604_113452200_hdr 
自動車道に並行して沢沿いのトレイルが在る。Trogonを探してトレイルを歩く。

Img_20230604_105553128_hdr
マレーシアの道路では至る所にAWASの看板が在る。危険との意味らしい。

Img_20230604_164208474_hdr
キナバル山を後にしてコタキナバルの町へ土産物を買いに立ち寄る。
鳥見の旅では観光地へ立ち寄ることがほとんど無いけど、これからは余裕ある日程で現地をエンジョイしたいものだ。

Img_20230604_170841716_hdr
空港のロビーで銃を構えた警官に取り囲まれた。
とは嘘で、「一緒に写真を撮りたい」とお願いしたら、笑顔で並んでくれた。 Thank you。
 Img_20230604_222927302_hdr
ブルネイ航空のスカイラウンジは相変わらずのがら空きで、なんか心配。


Img_20230604_204022518_hdr
これから成田空港へ向けて6時間弱のフライト。
ガラ空きなんで三人分のシートを使って寝て帰れるのは嬉しい。

← 前半へ

| |

« ボルネオ島探鳥記(2023年6月) 前半 | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボルネオ島探鳥記(2023年6月) 前半 | トップページ