« 伊良部島ぐーたら滞在記(2020年7月) 前編 | トップページ | 冬の道東で野鳥と海鮮を堪能なのだ(2020年12月) »

2020年9月16日 (水)

伊良部島ぐーたら滞在記(2020年7月) 後編

Ov0a1106_20200913131401
何の束縛も無いリタイア暮らしなので、南の島でぐーたらしようとは思ってたものの、どうしても一生懸命に成ってしまう。
まだまだ、時間貧乏の癖は治らないな。

■7月24日(金) 8日目

Ov0a1007t
島の東側の漁港でエリグロアジサシが営巣しているのだが、雛が成長している様を見たくて何度も通っている。
幸いにもクルマから覗ける巣が幾つか在るので、徐行運転でそろりそろりと近づいて窓の隙間から撮影する。

Ov0a0938t
この日も半端ない暑さのためか、アジサシは水面にお腹を擦りつけながら滑走していた。

Img_20200724_114701605
近くには漁協組合が運営している食堂が在り、獲れたてのカツオやマグロを堪能できる。

Img_20200724_115258673_hdr
この刺身定食は、1,100円(税込)。
安くは無いけど、材料が新鮮なので美味しい。

Img_20200724_115509289_hdr
四人掛けのテーブルで食べていたら混みだしてきて、店員さんからカウンター席への移動をお願いされた。
こころよく応じてあげたら、お礼にと魚の天ぷらを頂いた。

Img_20200724_121517056_hdr  

Img_20200724_140311267_hdr
どうやら、数日前にクレジットカードを紛失したらしい。
クレジットカードは他にも在るので滞在中の支払いはどうにかなるが、不正使用が気がかりなのでカード会社に連絡を入れ、島の交番へ行ってみた。
留守なので本島の署へ電話してみると、駐在さんは夏休み中で帰省中なので本島まで来て欲しいとのこと。
まあ、犯罪が少ない島なので良いものの、少し驚いた。

Img_20200724_143731986
牧山展望台は伊良部島で最も高い丘に立ち、毎年の寒露の時期には南へ渡るサシバの群れが周辺の林で休憩する。
島の北側にあるフナウサギバナタ展望台と同様にサシバを模したモニュメントが印象的。

Ov0a1122_20200913133102
オオゴマダラは羽根を拡げたら13cmにも成り日本では最大級の蝶だ。
数メートルの高みをフワフワと舞う姿は何度見ても飽きない。

Ov0a1145
イソヒヨドリの雛っこ。自力でミミズを捕まえたようで、前足で抑え込んだのをなんとか飲み込めた。

Ov0a1141
公園の遊歩道で羽根を拡げてバタつくヒヨドリ。
日光浴してるのか、身体に着いた虫を掃ってるのか近くの雛を守るための偽傷行為なのか不明。

Ov0a1167_20200913133201
伊良部大橋を渡る車の列が途切れないのは4連休のせいかな。

■7月25日(土) 9日目

Jh0a6502t
エリグロアジサシの雛っ子は順調に育っている。
激暑の日向で一生懸命に子育てをする両親には頭が下がるな。

Img_20200725_190831587_hdr
この旅では島の料理や酒を満喫するつもりだったのに、近くの居酒屋さんには「島外者お断り」の張り紙がされていた。
Tさんがお店の人に交渉してくれたものの、やはりコロナの感染が怖いので駄目らしい。
下地島のレストランならOKらしいので、Tさんと出向いてみた。

Img_20200725_200110167
Img_20200725_192003267 
このレストランさしばの前身は下地島空港で離着陸の訓練をするパイロットさんの食堂だったが、タッチ&ゴーの訓練がシミュレーターでできるように成ってからは訓練生も激減して、一般にも開放されるように成った。

Img_20200725_201720983
品数は多くは無いものの、沖縄っぽい料理が堪能出来たので嬉し顔の私と、Tさん。

Img_20200725_202039823
ついたての向こうの座敷では、地元の中学生たちが卓球の試合の祝勝会だったらしく、楽しそうな笑い声が響いてた。
顔出し許可を貰ったので加工せずに利用したが、やはり若者の笑顔は世の中を明るくするね。

■7月26日(日) 10日目

Img_20200727_100924253_hdr
Tさんは私と同じくリタイア暮らしだが、かなりの多趣味の人だ。
自宅裏には趣味の作業用の工房が在って、螺鈿細工や蒔絵などができる。

Img_20200726_090117877
私に螺鈿細工の手順をレクチャーしてくれた。

Img_20200726_090429638_hdr
夜光貝を秘伝の技法で薄く削いで、螺鈿用のパーツを作る。

Img_20200726_090555543
趣味の蛇皮線にも自作の装飾を施してある。
元はJ社の地上勤務で下地島に赴任したが、この島が気に入ったので退職後も住むことにしたのだとか。
息子さんはダイビングのインストラクターなので、お孫さんのお世話はTさんの最大任務。

Img_20200726_112218701_hdr_20200913162301
朝から空模様が悪かったが、案の定スコールに成ってしまった。
しかし、南国の雨はパッと降ってパッと止むので、様子見していたら晴れてきた。

Jh0a6819_20200913162301
今日も島の東側の漁港に来たが、目標はオオアジサシだ。
オオアジサシの全長は、大阪などにも飛来するコアジサシの倍ほども在り、長くて強い翼でぐいぐいと飛ぶ姿はカッコいい。
ただ、他のアジサシのような群れでは飛ばず数も少ないので、出会えるチャンスは多く無い。

Jh0a6856t_20200913162301
漁港の漁師さんの話しでは、カツオ船が漁から戻る頃に飛来することが多いらしいので、待つこと数時間。
出た~‼ 頭上を高速で横切る姿は、やはり迫力ある。

Img_20200726_171455787_20200913164601
宮古島の中央部の大嶽城址公園まで足を延ばしてみた。
ここには宮古島最高峰の野原岳(109m)が在るが、ほとんど来訪者も居ない公園の道は蜘蛛の巣だらけなので、途中の東屋で一服する。
目の前には航空自衛隊の宮古島分屯基地が見えるが、戦時中に掘られた壕やトーチカも含めて沖縄の歴史を感じさせる。

Ov0a1237
宮古島空港に着陸するプロペラ機。離島との間を飛ぶ便だろうか。

■7月27日(月) 11日目

Img_20200727_074629274_hdr
少し遅めに起きて、宿の周囲を散歩してみた。
さすがはサシバが飛来する島なので、橋の欄干もサシバの彫刻だね。

Ov0a1253
お宿の前のマングローブ林にはシオマネキが棲んでいる。
警戒心が強いので人影や足音で隠れてしまうから、そろりそろりと近づく

Img_20200727_074650475_hdr
画面の左側が伊良部島で、右側が下地島。
空港関連の施設は下地島に集約されている。

Ov0a1268
宿の裏手の畑に自生しているバナナ。採って食べるには早いのかな?

Img_20200727_124847124
今日も渡口の浜の食堂で宮古ソバ。
店主さんがガラスケースで飼育しているヤシガニを見せてくれた。
テレビのDr.コトー診療所ではヤシガニラーメンを食べるシーンが出て来たが、きっと美味しいんだろうな。

Ov0a1286r
浜で見かけたお姉さん2人に「写真撮らせてください」とお願いしたら、快くポーズ取ってくれたのはラッキー。
プライバシー考慮で表情をぼかしてます。

Img_20200727_133339328_hdr_20200913231301
シロハナクイナが素早過ぎて写真を撮れてないとTさんにボヤいてたら、「ゴルフ場に居るんで行こうか!」と誘ってくれた。

Ov0a1364
小雨振る中をカートで周ってたら居ました。シロハナクイナさん。

Ov0a1333
バンも居ますね。

Ov0a1466_20200913231301
佐和田の浜から滑走路を覗いたら、ちょうど海上保安庁のFalconジェットが訓練中だった。
空と海から日本の領土と領海を守ってくれる頼もしい奴だ。

Ov0a1495
コウノトリが島の北部に居るかもとの情報で農業用水へ行ってみたら、なんとクロツラヘラサギが居た。

Img_20200727_182543814_portrait
晩酌の魚はスーパーから買ってきたカツオの刺身。
水揚げしてすぐにさばくので、タタキにする必要もないらしい。

Img_20200727_182908423
コロナ騒動のさなか、親爺二人だけの晩酌もそれなりに旨し。

■7月28日(火) 12日目

Dsc02933
裏の畑でリュウキュウアカショウビンが鳴き交わす声に起こされてしまった。
まだ早朝6時なのに、大阪に居るときは夢の中なのに、不思議と目覚めが良い。

Img_20200728_070601849
今朝もうずまきパンでモーニング。どんだけ好きやねん^^;

Ov0a1578
大野山林は蝶好きにも喜ばれるはず。これは、ツマムラサキマダラ。

Ov0a1618
おなじみの、リュウキュウアサギマダラ。

Ov0a1688
シロオビアゲハの個体数はかなり多い。

Ov0a1725t
これは、ヤエヤマオオコウモリ。
宮古島や八重山諸島に生息するオオコウモリだが、こんな姿勢をしている時は小動物っぽくて可愛い。

Ov0a2098
池にはカメさんも居ます。
これは、宮古島で急速的に数を増やしているヤエヤマイシガメかも知れないが、かなり用心深くて少しの物音でも草藪に逃げ込む。

Img_20200728_144747747_hdr
熱帯植物園の近くのレッドドラゴンと言うパーラーのガーリックシュリンプは絶品だよ。凄い可愛いお姉さんも居るし。
とFB友のTさんに教えて貰って喜び勇んで訪れてみたけど、居たのは店長さんだけ。
「可愛いお姉さんはどこ?」と尋ねたら、(コロナ騒動で仕事が減って)九州へ帰ってしまったんだとか。
よくよく美女には縁のない旅ですわ。

Img_20200728_145935425
しかし、ガーリックシュリンプは評判通りに美味しかった。

Jh0a7033
17エンドに落ちる夕陽に見とれてしまう。今日もたくさん遊んだので熟睡必須かな。

 

■7月29日(水) 13日目

Img_20200729_085504548
ぐーたら暮らしの日々はあっと言う間終わり、何となく寂しい気分。
野鳥は腹いっぱい見たので、下地島をぶらついてみた。

Dsc02965
下地島は、パイロットのタッチ&ゴー訓練が見られる空港で有名だけど、他にも通り池などダイバーさん大喜びのスポットも在る。

Dsc02963
田園地帯に巨石がデーンと鎮座してる。どんな出来事でこの石がここに在るのか、歴史を数千万年も遡ったら解るのかな。
神道的には、当然ながら信仰の対象だね。

Dsc02975
金属音に気付いて頭上を見上げたらFalconジェットが旋回中。
数日前から訓練中の海上保安庁の機材だな。

Dsc02959 Dsc02954

メジロやセッカなど草原の小鳥たち

Ov0a2146
畑にはツバメチドリが。この個体は幼鳥のように見て取れる。

 

■7月30日(木) 14日目

Dsc02976
実質的には今日が島で遊べる最終日。
この島の光景を目に焼き付けるために、車でグルグル回る。
写真の佐和田の浜にはコウノトリが飛来しているとの情報も在ったが、会えなかったな。

Dsc02978 
海沿いに北上し、フナウサギバナタに着いた。
ここは、沖縄本島へ旅立つ家族や恋人を見送る丘だったとか。
今ほど大きく安全な船が無かった時代に、旅立つ人を見送る家族の心情や如何に。

Dsc02977_20200916094301
フナウサギバナタの展望台。かつてはサシバの形の場屋が在ったが、老朽化したために撤去された。
返って夜空の見通しが良く成ったので、星空観測する人は嬉しいかも。

Ov0a2292t
漁港の近くの岩礁で生まれたエリグロアジサシの雛っ子は、かなり成長した。
南の国への渡りが安全であって欲しい。

Ov0a2489
マグロ船が港に戻ってきた。

Ov0a2636
名前は知らない野草だけど、グルグルと島巡りする私みたいな。

Img_20200730_181412430_portrait
私の送別会と言うことで、お宿の主のTさんの愛情がこもった料理を肴にオリオンビールを飲む。

Img_20200730_183517787
塩漬けの島ラッキョウ。この素朴さがたまらん。

Img_20200730_195440947
半月前にはビビったが、見慣れたら可愛いヤモリくん。

 

■7月31日(木) 15日目

Dsc02984
何事にもまめなTさん、今日は外壁の補修工事かな。

Dsc03002
お宿の前のクリーク。こののんびりとした風景はいつまでも続いてほしい。

Dsc03007
強い日差しには強烈な赤のブーゲンビリアが似合う。

Img_20200731_123606322
お土産にもらった夜光貝の剥離片。これを使ったパネルでも作ってみたい。

Img_20200731_152311303
出発時間までかなり在るが、ロビーでくつろぎながら旅の思い出を反すうする。

Img_20200731_154918624_hdr
まるでリゾートホテル

Dsc03047
関西空港へ向かうGK378便が定刻に到着

Img_20200731_174948559
さようなら、伊良部島&宮古島

Img_20200731_180116197_hdr_20200916103501

宮古島は片道5990円から来れる別天地、また心が穢れたら洗い流しに来るね。

前編へ

■2006年7月 初めて訪れたトロピカルアイランドに感激
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_5db7.html

■2008年7月 台風にほんろうされながらも遊びまくった思い出
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_0090.html

■2010年10月にサシバの渡りを求めて伊良部島へ渡った日記です
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-6635.html

■2013年にダブル台風の中を難儀した四回目の宮古島探鳥記です
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-e69f.html

 

| |

« 伊良部島ぐーたら滞在記(2020年7月) 前編 | トップページ | 冬の道東で野鳥と海鮮を堪能なのだ(2020年12月) »

旅行・地域」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊良部島ぐーたら滞在記(2020年7月) 前編 | トップページ | 冬の道東で野鳥と海鮮を堪能なのだ(2020年12月) »