« エクアドル探鳥記(2019年10月) 2日目 | トップページ | エクアドル探鳥記(2019年10月) 4日目 »

2019年12月 9日 (月)

エクアドル探鳥記(2019年10月) 3日目

■3日目( Amagusa Reserve → Oilbird Cave )

Map_day3
今日はAmagusa保護区での小鳥を見た後、山越えをしてアブラヨタカを探す

Dsc01378  
今日も早朝6時にロッジを出発
現役で働いてた頃よりも早起きの毎日なのに辛くないって ^^;

Dsc01391
あちこちに放し飼いの犬が居ることに驚く
旅行前に狂犬病ワクチンの要否を調べたが、ここ十年で狂犬病に成った人は居ないとの事で、少し安心か

Dsc01401_20191209163801
標高=1,400mからの展望
Mindの周囲は雲霧林(Cloud Forest)と呼ばれる程に雲が多い

Dsc01416
1時間ほど走り、本日の探鳥ポイントAmagusa Reserveに到着
ここでは様々なフウキンチョウに出会えるはず


Dsc01409
まだ霧が深いが、撮影の準備をしてバードフィーダーにくる鳥を待つ

Dsc01410
ロッジのレストランで作ってもらった朝食弁当はスナックやコーヒーも添えられていて楽しい

Dsc01411
このバナナは鳥さん用

Ov0a2142t
アカガオフウキンチョウ / Flame-faced Tanager
生息域=標高700~2,400m 体長=13cm
人慣れした鳥で、人家のバードフィーダーなどに訪れる
英名は炎の顔を意味する

Ov0a2239t
キンイロフウキンチョウ / Golden Tanager
生息域=標高500~2,400m 体長=14cmの小鳥
エクアドルでは黄色い小鳥を多く見かけるが、この鳥は人懐こくてエサ台のバナナに寄って来る
ナンベイオウゴンイカルとも似ているが、こちらは頬が黒くて羽根の白い部分も無い
 
Ov0a2255t
キバラスミレフウキンチョウ♂ / Orange-bellied Euphonia♂
生息域=標高0~2,400m 体長=11cm
Euphoniasの仲間は外見が似ていて同定に難儀するが、顔の黒帯の形や幅で決めた

Ov0a2353t
クロビタイアオフウキンチョウ / Golden-naped Tanager
生息域=標高700~2,400m 体長=13cm
南米には多種のフウキンチョウ(Tanager)が居るが、この鮮やかなシアン色は目立つね
追記)この鳥にはキンエリフウキンチョウと言う別和名も在る 


Ov0a2375t
エメラルドフウキンチョウ / Glistening-green Tanager
生息域=標高600~1,900m 体長=13cm
蛍光色のような鮮やか過ぎる若みどりの鳥
には耳の飾り模様が無くて体色も地味

Ov0a2431t
ミヤマキムネミドリカザリドリ♂ / Orange-breasted fruiteater♂
生息域=標高600~2,000m 体長=18cm
♂はオレンジ色のよだれかけが特徴的

Ov0a2532t
コケイロフウキンチョウ / Moss-backed Tanager
生息域=標高400~1,800m 体長=16cm
地味目ながらも苔色と黄色と灰色の組み合わせが好き
写真もきれいに撮れたので嬉しい


Ov0a2537
クロアゴヤマフウキンチョウ / Black-chinned Mountain tanager
生息域=標高1,400~2,200m 体長=18cm
 


Ov0a2566t
ドウバネインコ / Bronze-winged Parrot
生息域=標高0~1,500m 体長=28cm 

地味な中型のインコだが、濃紺の身体と赤銅色の翼がきれいだし羽根裏はスカイブルーできれい
日本でもペットショップで購入できる 

Ov0a2924t
ミドリトゲオハチドリ / Green Thorntail
生息域=標高100~1,400m 体長=7~10cm
小さい身体に白い腹巻が可愛い
にはトゲ(Thorn)のような尻尾が有るらしいが、私は会えなかった

 
Ov0a2958t
シロエンビハチドリ♂ / Purple-bibbed Whitetip♂
生息域=標高700~2,400m 体長=8cm
 

Ov0a3054t
ハグロイカル / Black-winged Saltator
生息域=標高100~2,000m 体長=21cm
マミジロイカルと似ているが、オリーブ色の背中、黒い羽根、目の上の白い線と頬の白い丸が特徴
 
Ov0a3064
コシアカミドリチュウハシ / Crimson-runped Toucanet
生息域=標高300~2,200m 体長=36cm
保護区の近くの林で待ってたら、レンジャーさんが鳴きまねで呼び寄せてくれた
YouTube

Ov0a3228t
キバラスミレフウキンチョウ / Orange-bellied Euphonia
生息域=標高0~2,400m 体長=11cm
雌雄でまったく外観が異なる
は濃紺の背に黄色の腹と頭頂

Ov0a3367t
ハシナガフウキンチョウ♂ / Golden-collared Honeycreeper
生息域=標高600~2,000m 体長=12cm

Dsc01419
Dsc01421
Img_20191022_105210241_hdr
午後からは、砂利道を山越えしてアブラヨタカ(Oilbird)の洞窟へ向かう

Ov0a3418t
アイイロツバメ / Blue-and-white Swallow
生息域=標高2,500~4,200m 体長=14cm
山越え中に川沿いの崖で遭遇した

Ov0a3383t_20191212163001
オオハシゴシキドリ /  Toucan Barbet
体長=21cm 生息地=標高1,100~2,400m
やや大きくて、太い口ばしと特徴的な色合いで、目立つ鳥
単独、つがいか数羽の群れで行動する
YouTube

Dsc01432
標高1,400mの山道を70kmほど走る

 Dsc01436
現地のガイドと合流し、アブラヨタカの棲む洞窟へ向かう

Ov0a3462
アブラヨタカ / Oilbird
生息域=標高700~2,800m 体長=43~47cm
ヨタカは夜行性なので、昼間は洞窟の中などで休む
幼鳥は丸々と太っているので、かつては調理用や照明用の油を採取してたのが命名の由来

Dsc01444
アブラヨタカの羽根

Dsc01451
また山道を超えてMindoのロッジへ戻る
この辺りの標高は、1,400m

←2日目へ 4日目へ→

|

« エクアドル探鳥記(2019年10月) 2日目 | トップページ | エクアドル探鳥記(2019年10月) 4日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エクアドル探鳥記(2019年10月) 2日目 | トップページ | エクアドル探鳥記(2019年10月) 4日目 »