« 苫小牧方面探鳥記(2018年1月) 4日目 | トップページ | 吉備の山里へクマタカに逢いに »

2018年1月26日 (金)

苫小牧方面探鳥記(2018年1月) 5日目

早くも旅の最終日。
ヤマセミを見逃した釧路川へ向かい、再チャレンジする。
■1月16日(火)

20180116105608_2
釧路川へ行く前に、昨年の3月に至近距離でシマエナガを見れた西岡水源地へ立ち寄ってみる。
湖面は氷結していて水鳥の姿は無い。
Ov0a0208_2
昨年はシマエナガが集っていた蜜の出る木だが、まだ寒すぎて蜜の出が悪いためか、シマエナガの姿は無い。

Ov0a0166_2
見れたのはヤマゲラだけで、これと言った収穫も無いので、舞台を釧路川に移すことにする。
 
Ov0a0277t_2
平日の今日は、川に入って釣りをする人は居ないし、ヤマセミの餌場近くに潜んで大砲を構えるカメラマンも居ない。
数日前のリベンジに期待を胸膨らませて待つ。
 
Ov0a0307t_3
対岸の林をタヌキがうろついているが、よく見ると腹部の毛が抜け落ちていて
部分的にただれた皮膚が見えている。
野生動物に蔓延している疥癬は、思った以上に深刻なようだ。
 
Ov0a0872t_3
待つことしばし。
やっと対岸の餌場にヤマセミが出てくれた。
立ち入り禁止のフェンスを乗り越えれば、もっと条件の良い撮影場所が在るものの、ルールを破ってまで傑作写真を撮るのは如何なものかと思い我慢する。
 
20180116112524_2
せっかく北海道に来たので北海道らしいラーメンが食べたいと立ち寄ったお店が白樺山荘
 
20180116113851_2
一番人気の味噌チャーシューは900円也。
20180116112814_2
煮抜きはタダなんだけど、隣のリーマンは5個以上食べてた。
まあ、何個食べても自由なんだけど、これからの日本は奥ゆかしさを忘れた人種が増えるんやろな。
これにて、この冬の苫小牧探鳥は終わり。
 

|
|

« 苫小牧方面探鳥記(2018年1月) 4日目 | トップページ | 吉備の山里へクマタカに逢いに »

コインコレクション」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

厳冬期の北海道の沢山の野鳥他を楽しみました‼/ありがとうございました‼

ヤマゲラ・シマエナガ・ハシブトガラetcは機会があれば是非とも逢いたいものでありますネッ‼

下記のブログ(勝手にリンクで悪しからずです‼)は、フクロウ・シマエナガ・ハシブトガラを度々アップされるので楽しんでいます‼(因みに今日:27日はヤマゲラです‼)

http://rinkoko77.exblog.jp/d2018-01-23/

今日は別件で寒風の中、バイクを走らせていたら、隣の団地と利根川土手との間の広大な草地・田圃でチューヒを観察しました‼・・・バイクを停めて5分ほどずっと観ていましたが一度も草地に降りることもなく(獲物が見つからず‼)利根川河川敷方面へ飛去しました‼

投稿: はたやん | 2018年1月27日 (土) 19:12

はたやん、いつもコメントありがとうございます。
お陰様で、気ままなリタイア暮らしを満喫させていただいています。
リンクのrinkokoさん、北海道在住の方のようですが、豊かな資源の中で暮らせるのがうらやましいです。
私は、今回は自分の都合でANAを使いましたが、LCCだと驚くほどの低価格で乗れます。ちなみに昨年の10月に稲敷のチュウヒを見に行きましたが、LCCだと3000円ほどで行けるので、嬉しいです。
利根川あたりも自然が豊かそうですが、LCCで行ってみようかな?

投稿: Ashgarden | 2018年1月27日 (土) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/66323446

この記事へのトラックバック一覧です: 苫小牧方面探鳥記(2018年1月) 5日目:

« 苫小牧方面探鳥記(2018年1月) 4日目 | トップページ | 吉備の山里へクマタカに逢いに »