« 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 3:金御岳 | トップページ | 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 5:肥前鹿島 »

2017年10月16日 (月)

鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 4:佐多岬

この旅を始めるまでは「佐田岬」と「佐多岬」の区別も定かでは無かったが、何とか日本本土最南端の岬までたどり着いた。
Map_sata_2
(タカ渡りルートの図:ネットより借用)
 
■2017年10月2日(月)
タカ渡りの追っかけも最後の4カ所目。
桜島や開聞岳を右手に見ながら海沿いの道を南下し、日本本土最南端の佐多岬を目指す。
途中のコンビニで夜食とビールを仕入れ、北緯31度線モニュメントに着いたのは19時過ぎ。
薄闇に浮かぶ灯台のシルエットを確認し、シュラフに潜り込んだが、想定外の暑さで寝苦しかったのは黒潮が洗う岬のせいか。
Ov0a1173_r_2

午前6時過ぎに大きな太陽が水平線から顔をのぞかせる。
真一文字の水平線から徐々に姿を現す陽の出は荘厳そのものだ。
Ov0a1185_r

夜が明けて最初に飛んだのは数羽のミサゴ。海面近くをゆっくりと飛翔して獲物を探していた。
Ov0a1370_r
背後の山陰からノスリが現れ、徐々に高度を上げながら南へと流れる。
Ov0a1360t_r

時としてタカ柱を作るサシバやハチクマに比べ、ノスリの渡りは単独行や少数が多いように思う。
Ov0a1281_r

岬に居着きのハヤブサが、近くをトンビやカラスが通る度にスクランブル発進して蹴散らしていた。小さいくせに好戦的なのは営巣でもしているためか。
Ov0a1351_r

それにしても、今日はノスリしか通らないのが不思議だ。昨日の昼に都城の金御岳を通ったサシバの群れは、いったい何処に行ったのか?
20171002105207

実際の佐多岬最南端の場所は数百メートル先なのだが、観光客が多いうえにホテルの改築工事の作業音がうるさいので、このモニュメントのパーキングのほうが落ちついて過ごせる。
20171002062003

今日の夜は薩摩川内市に住む級友との40年ぶりの再会が待っているので、タカの追っかけは昼過ぎで終わり。
20171002125753

帰路の無人販売所では6~7個入りのミカンが100円で売られていた。安かったのでジュース代わりに2袋買って、北の街を目指す。
20171002210520
昔の勤め先の同僚Sくんと。
お互い頭の色は白くなったのに、身振りや話し方は昔と変わらないのが嬉しい。

20171002194244

今回の旅に先立って「鹿児島で食べたい物は何か」と聞かれ、「キビナゴとさつま揚げ」と返事しておいたら、ちゃんと準備してくれていた。
20171002194253

独身寮で共に暮らした日々のことや昔話に花が咲き、床に入ったのは日が変わった頃だった。
■2017年10月3日(火)
20171002233012

今回の旅で、関西以西のサシバの渡りルートは大まかに押さえたものの、やはりバーダーの聖地と言われる五島福江にも行ってみたい。
これからカーフェリーを二つ乗り継いで長崎に渡り、更に五島福江へのフェリーに乗り継ぐ。
20171003080604

観光シーズンでも無いので、乗客も車もまばらだ。
20171003105352

船旅では、客室に居るよりも展望デッキで風を感じながら海を見る方が好きだな。
20171003133735

長崎港のフェリーターミナルで乗船手続きをしようと窓口に行ったが、フェリーがドック入りのために一日に二便しか無いとの掲示を見て唖然とした。
20171003152245

このまま五島福江へ渡っても帰りの便も少ないだろう。
長崎名物の皿うどんを食べながらも、決断できずに唯うろたえるばかり。
仕方が無いので、もう一人の級友が住む福岡を目指して走ることにした。
←3:金御岳へ                 5:備前鹿島へ→

|

« 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 3:金御岳 | トップページ | 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 5:肥前鹿島 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

斧淵からの電話をいただきびっくりでした‼/ありがとうございました‼/●●さんもお元気な声を聴けて、当該ブログでの元気なお顔をも確認しました‼

はたやんはその昔には伊良湖岬を体験していますが、当時では鷹柱よりも、飛び出してはワシタカを警戒しての水面近くを群れで渡るヒヨドリの行つ戻りつの渡りが楽しかったです‼
大分からのフェリーでの愛媛の佐多岬では07年6月でしたが、イソヒヨドリ♂をじっくり堪能したりできました‼

同時期の斧淵(●●さん:その節はお世話になりました‼)→開聞岳山頂→大隅の佐多岬では観光地としてはトンネルの先のかなり荒れていた先端まで行き、その先の海に望める岩山頂きにミサゴが営巣していました‼

◆継続アップされるであろうブログ・画像を楽しみにします‼

『以下のサイトを参考にしています』・・・77~81年まで住んでいて近くの芥川ではヤマセミ・カワセミを楽しんでいました‼

http://hawknet.sunnyday.jp/cgi-bin/hmnj_navi.cgi?season=fall&area=4-6&oyear=17

09年までは有明・荒尾海岸・干潟のシギ・チブログ(花鳥風月??)を楽しんでもいました‼

投稿: はたやん | 2017年10月17日 (火) 15:05

mailtoはたやん、いつもコメントありがとうございます。
今回の旅は、タカ渡りの追っかけだけで無く、(多分ご両名ともご存じと思いますが)鹿児島と福岡に住む昔の同僚との出会いが楽しみでした。
おかげさまで、はたやんの肉声も聞けましたし(笑)
このシリーズは、あと数カ所続きますが、飽きずに読んでいただければ嬉しいです。

投稿: Ashgarden | 2017年10月17日 (火) 15:48

長旅お疲れさでした。
でも また旅に出ていますね。
またの機会を楽しみにしています。

投稿: massan | 2017年10月17日 (火) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/65924042

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 4:佐多岬:

« 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 3:金御岳 | トップページ | 鷹追西走・食訪東奔の旅 (2017年9月) 5:肥前鹿島 »