« 南タイ探鳥記(2017年7月) 準備編 | トップページ | 南タイ探鳥記(2017年7月) 3~4日目 »

2017年7月31日 (月)

南タイ探鳥記(2017年7月) 2日目

■2017/07/20

仕事熱心なガイドなんで、朝早くから暗くなるまで探鳥づくめです。

今日も5時に起床し、青い妖精の待つ渓流に会うために北へ向かって走ります。

20170720map

午前8時の開門に合わせて国立公園に到着。

20170720075320

持参したゴム長に履き替え、渓流の瀬を何度か渡って、カワセミの待つ岩場に向かいます。
水深が深い場所も在ったので、ゴム長の中までびしょ濡れだったのはお笑いです。

20170720122227

ガイドは足が速いので、付いて行くのがやっとですね。

Ov0a1166

レンジャーが設営してくれた三角テントに潜み、目印の岩に鳥が来るのを待ちます。

Ov0a1189

最初に現れたのは、アカエリエンビシキチョウ(Chestnut-naped Forktail)

Ov0a1296

これがお目当てのアオムネカワセミ(Blue-banded Kingfisher)

Ov0a1451t

胸の青が、とてもきれい。
渓流の妖精と呼ばれて人気が高い訳もうなづけます。

なかなかきれいなお腹を見せてくれませんね。
奥の藪に巣が在って、3羽のヒナが居るとのこと。

20170720125253

目的の鳥も撮れたので、ランチしてから次の目的地へ向かいます。
ほとんどのランチはガッパオライスだけど、意外と飽きないですね。

20170720133520

公園のレンジャーがお別れにくれたマンゴスチン。
ツァーガイドは、それぞれの国立公園のレンジャーと連携してて、我々のような観光客の支援をします。
公園の入園は有料ですが、他にもレンジャーへの心づけなどが必要ですね。
アオムネカワセミの岩場でも、心づけが効いたのかベストポジションが確保できました。

Ov0a1527

ズフロヤイロチョウ(Hooded Pitta)
この鳥は餌付けされていて、岩の上にミルワームを置いてしばらく待つと藪の中から現れます。

Ov0a1615

どうやらペアのようですが、雌雄の区別は何なんだろうか?

Ov0a1735

同じ公園内で餌付けされている、ミナミヤイロチョウ(Blue-winged Pitta)

Ov0a1746

かなり人馴れしていて、20メートルほどまで近づかせてくれます。

Ov0a1909r2

レンジャーが見つけてくれた、ムネアカハチクイ(Red-breathed Bee-eater)
今日の主役はアオムネカワセミだったけど、いろんな脇役が楽しませてくれて、お腹いっぱいでした。

20170720190722

明日からは、ダム湖の探鳥です。
船着き場に近い町で宿を取り、地元民が利用する食堂で夕食です。

20170720190946

ショーケースの食材を選んで料理をオーダーするんだけど、ここはタイ語が必須なんでガイドさんにお任せです。

20170720193022

やはり、タイではシーフードや香味野菜ですね。

20170720194008

この夜はビールも飲めたんで幸せ。

南タイ探鳥記(2017年7月) 1日目へ      南タイ探鳥記(2017年7月) 3~4日目へ

|

« 南タイ探鳥記(2017年7月) 準備編 | トップページ | 南タイ探鳥記(2017年7月) 3~4日目 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/65603585

この記事へのトラックバック一覧です: 南タイ探鳥記(2017年7月) 2日目:

« 南タイ探鳥記(2017年7月) 準備編 | トップページ | 南タイ探鳥記(2017年7月) 3~4日目 »