« 台北探鳥記(2016年5月) 最終日 | トップページ | 曽爾高原へホオアカを見に(2016年6月) »

2016年6月19日 (日)

サンカ小説に魅せられて二上山へ

昔から縄文人やアイヌなど先住者の暮らしに魅せられてるけど、五木寛之氏のサンカ小説「風の王国」を読んでから、小説の舞台となった二上山に興味持ちました。

514riuxv0bl

二上山は、大阪と奈良を仕切っていて、名のとおりに二つの峰が並んでます。
別名の「おっぱい山」の方が親しみやすいかも。

20160618074713

私の地元からクルマで向かうには、有料道路をいくつか乗り継げば40分程度なんだけど、今回は「いにしえ人」の気分に浸りたくて竹内街道を含む一般道ルートにしてみました。
ただいま富田林市を通過中。正面に見えてるのはPLの大塔です。

Img_8709

クルマは二上山ふるさと公園のパーキングに停めさせてもらいます。
もちろん、お礼の食事と物産品の購入は忘れたらアカンよね。

20150329233657
(地図はネットからの借用です)

二上山にはいくつかの登坂ルートが在ります。
万葉の森駐車場の在る大阪側からのほうが圧倒的に楽なんだけど、今回は「ストイック」に奈良側から登ってみました。
地図の赤線を時計回りにたどります。

Img_8710

二上山ふるさと公園のパーキングから南の集落に向かって歩くと標識が在ります。
ここから傘堂を経て登山口へ向かいます。

Img_8711

地酒の蔵元(?)が在ったものの、これから登山なんで諦めます。

Img_8713

蔵の天井にはツバメの巣が。
産毛が抜けかかってるのが可愛いです。
これだと、あと数日で巣立ちしそうですね。

Img_8717

上り坂の右手に見える鳥谷口古墳(とりたにぐちこふん)。
なんと、大津皇子の墓の可能性もあるんだとか。

Img_8722

大龍時を経て祐泉寺に到着。
ここから馬の背まで、沢沿いの急坂が続きます。

Img_8723

普段は運動とは縁遠い暮らしなんで、坂道が続くと心臓がバクバク言い出します。
何度も休憩し、ペットボトルのお茶で喉を癒して、また歩きます。

Img_8728r

道中で見かけたソウシチョウ。
繁殖力の強い外来種らしく、広範囲で野生化しているようです。

Img_8734

坂道を登りきると、いきなり視界が広がって馬の背の地名が。
あたりを見回したら、かなりの数の登山客が居たけど、大阪側から登ってきた人かな。

Img_8733

雌岳は馬の背から一直線の階段を登ればすぐ近くです。

20160618104350

頂上付近から大阪側の展望。
左端にPLの大塔が在るけど判るかな?

20160618104949

これは奈良側の展望。
奈良盆地を挟んで、有名な太陽の道沿いの三輪山などが望めます。
浪速津から竹内街道を経て、この景色を見た古人が「奈んと良き邦かな」と感嘆したのが奈良の地名の一説だと聞いたこと在りますが、同感ですね。

Img_8736

太陽崇拝や山岳信仰とつながりがある頂上には、昭和55年に放映されたNHKの番組を記念して日時計が作られてます。
さて、休憩も終わったので馬の背まで戻り、雄岳を目指します。

Img_8738

山道で大きなミミズに出会ったんだけど、NEXUS6と比べると約30Cmほどかな。
登山客の話では「そこらの土を掘ったらウザウザ居る」らしい。

Img_8739

果てしなく続く上り坂。
幾度となく休憩しながら雄岳を目指します。

20160618114538

雄岳山頂には、な~んも在りません。
展望も悪いしベンチすら無いので、すぐ近くの大津皇子の墓を目指します。

20160618115200

大津皇子は天皇に成る可能性も在ったのに、悲運にも24歳で自害させられました。

20160618131351

里への帰路も急坂が続くんで膝が笑い出しました。
坂道って登りより下りが難しいです。
もちろん、メタボのせいでもありますが。
今回のルートの平均所要時間は2.5時間らしいけど、休みながらだったので4時間もかかってしまいました。

20160618142415

せっかく、そうめんの里に来てるんでお昼はそうめんとも思ったけど、近くに珍しいそば家さんが在ると聞いてたんで、瓦そばのお店にしました。

熱した瓦の上に茶そばの麺が乗ってて、お肉などの具といっしょに漬けだれで食べます。
元は下関あたりの郷土料理らしいけど、下関から大阪に嫁いだ娘さんが郷土の料理を広めたいと開店したとのこと。
練りてんとのセットで、税込み1080円也

Img_8755

左が雌岳で右が雄岳です。
手前に見えてる当麻寺に立ち寄ろうとも思ったんだけど、駐車場がいっぱいだったんで、今日のお遊びは終了。
それにしても坂道の上り下りはきつかった。
もう少しダイエットせねばね。

|

« 台北探鳥記(2016年5月) 最終日 | トップページ | 曽爾高原へホオアカを見に(2016年6月) »

アイヌ,先住民」カテゴリの記事

コメント

ツバメの営巣・ソウシチョウ 考!!

ツバメの営巣では・・・、
①ご近所では玄関の糞害が問題で営巣数が激減で・・・、
②道の駅では全面的に営巣場所・環境の封鎖で数十巣→営巣ゼロになって・・・、別の道の駅では大変な努力をされて利用者への糞害対策で営巣防止網を張られたりされて、何処からか入り込んでしまった親ツバメが出られずに落命し・・・、

ソウシチョウでは、輸入鳥であった都心のワカケホンセイインコではありませんが、筑波山山頂付近ではウグイスを凌駕して沢山鳴いていて・・・、

☆自分が探鳥を始めた72年頃とは野鳥の生息状況が様変わりしているようでもあって・・・、

★尤も山の麓の野鳥であったキジバトやヒヨドリも都市化・人間との拘わりで大きく生態を変えてきている状況でもあって人間がとやかく言うことではないのかも知れませんが・・・??!!??

投稿: はたやん | 2016年6月19日 (日) 17:46

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
二上山は標高わずか500メートルほどの低山ですが、歴史ある山なので一度はチャレンジしようと思っていました。
さすがに鳥の成果は季節的に不良でしたね。
声だけなら、ムシクイ類、ウグイス、キビタキ、クロツグミなどが聞けましたが、周囲の樹々は葉っぱだらけで、視認は難しかったです。
ツバメの営巣は見る側の立場では微笑ましくて応援したくなりますが、鳥好きでなければ鳴き声やフンが嫌でしょうね。
でも、ツバメは数千年も数万年も前から日本に渡ってきて営巣していて、その場所に家を建てた人間から追い払われるのは、ちょっと悲しいですね。
ソウシチョウ、筑波山でも繁殖していますか!
西日本でもあまりの繁殖力の強さが問題に成っていますが、これもツバメ同様に数千年の単位で動植物の推移を観察したならば、不自然では無いのでしょね。
これから益々熱くなりますが、お互い熱中症には気を付けましょう。

投稿: Ashgarden | 2016年6月20日 (月) 09:30

随分元気に歩けるように!!
私なら貴方の倍でも登れないかも(^^♪

以前峯山まで登りましたが、昔々のような…
近くにいいところがあって良いですね。

投稿: 上野 | 2016年6月21日 (火) 22:41

mailtoyouさん、いつもコメント有難うございます。
おかげ様でヘルニアは、かなり良くなりました。
また鳥見に行きたいね。

投稿: Ashgarden | 2016年6月22日 (水) 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/63800200

この記事へのトラックバック一覧です: サンカ小説に魅せられて二上山へ:

« 台北探鳥記(2016年5月) 最終日 | トップページ | 曽爾高原へホオアカを見に(2016年6月) »