« 2016年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

曽爾高原へホオアカを見に(2016年6月)

今日は梅雨の合間の貴重な休日。

大台ケ原でミソサザイを見るか、曽爾高原でホオアカを見るかで大悩みしました。
どちらも、自宅から3時間ほどの距離ですか、歩く距離が短そうな方を選んでしまいました。

20160626041306

今回も竹内街道経由の一般道です。
兜山が見えれば高原までは、あと一息ですね。

Ov0a0989

予定より30分ほど早く着いたので、まだ月夜です。
車内ででコーヒー飲みながら夜明けを待ち、いざホオアカの草原へ。

20160626043815

早朝なのでハイカーもカメラマンも居ませんね。
この広い空間を独占できるなんて、すごい贅沢です。

Ov0a1252t

ホオアカのさえずりが聞こえ始めました。
3~4羽の群れなんで、今年も営巣が成功したようです。

Ov0a1121t

セッカも早起きです。
まだ、露でぬれてる草原で元気よくさえずってました。

20160626052511

お亀池は地図では大きいものの、大部分が干上がっていて、水面が見えるのはほんの一部だけです。

20160626064348

ちょっと休憩し、次は榛原までもどってヤマセミにチャレンジです。

20160626101737

榛原では3時間も粘ってみたけれど、ヤマセミはボウズでした。
まあ、ホオアカに会えただけでも大正解です。

2011年の同時期にもホオアカ見に来ました。

2010年にも来てますね (笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

サンカ小説に魅せられて二上山へ

昔から縄文人やアイヌなど先住者の暮らしに魅せられてるけど、五木寛之氏のサンカ小説「風の王国」を読んでから、小説の舞台となった二上山に興味持ちました。

514riuxv0bl

二上山は、大阪と奈良を仕切っていて、名のとおりに二つの峰が並んでます。
別名の「おっぱい山」の方が親しみやすいかも。

20160618074713

私の地元からクルマで向かうには、有料道路をいくつか乗り継げば40分程度なんだけど、今回は「いにしえ人」の気分に浸りたくて竹内街道を含む一般道ルートにしてみました。
ただいま富田林市を通過中。正面に見えてるのはPLの大塔です。

Img_8709

クルマは二上山ふるさと公園のパーキングに停めさせてもらいます。
もちろん、お礼の食事と物産品の購入は忘れたらアカンよね。

20150329233657
(地図はネットからの借用です)

二上山にはいくつかの登坂ルートが在ります。
万葉の森駐車場の在る大阪側からのほうが圧倒的に楽なんだけど、今回は「ストイック」に奈良側から登ってみました。
地図の赤線を時計回りにたどります。

Img_8710

二上山ふるさと公園のパーキングから南の集落に向かって歩くと標識が在ります。
ここから傘堂を経て登山口へ向かいます。

Img_8711

地酒の蔵元(?)が在ったものの、これから登山なんで諦めます。

Img_8713

蔵の天井にはツバメの巣が。
産毛が抜けかかってるのが可愛いです。
これだと、あと数日で巣立ちしそうですね。

Img_8717

上り坂の右手に見える鳥谷口古墳(とりたにぐちこふん)。
なんと、大津皇子の墓の可能性もあるんだとか。

Img_8722

大龍時を経て祐泉寺に到着。
ここから馬の背まで、沢沿いの急坂が続きます。

Img_8723

普段は運動とは縁遠い暮らしなんで、坂道が続くと心臓がバクバク言い出します。
何度も休憩し、ペットボトルのお茶で喉を癒して、また歩きます。

Img_8728r

道中で見かけたソウシチョウ。
繁殖力の強い外来種らしく、広範囲で野生化しているようです。

Img_8734

坂道を登りきると、いきなり視界が広がって馬の背の地名が。
あたりを見回したら、かなりの数の登山客が居たけど、大阪側から登ってきた人かな。

Img_8733

雌岳は馬の背から一直線の階段を登ればすぐ近くです。

20160618104350

頂上付近から大阪側の展望。
左端にPLの大塔が在るけど判るかな?

20160618104949

これは奈良側の展望。
奈良盆地を挟んで、有名な太陽の道沿いの三輪山などが望めます。
浪速津から竹内街道を経て、この景色を見た古人が「奈んと良き邦かな」と感嘆したのが奈良の地名の一説だと聞いたこと在りますが、同感ですね。

Img_8736

太陽崇拝や山岳信仰とつながりがある頂上には、昭和55年に放映されたNHKの番組を記念して日時計が作られてます。
さて、休憩も終わったので馬の背まで戻り、雄岳を目指します。

Img_8738

山道で大きなミミズに出会ったんだけど、NEXUS6と比べると約30Cmほどかな。
登山客の話では「そこらの土を掘ったらウザウザ居る」らしい。

Img_8739

果てしなく続く上り坂。
幾度となく休憩しながら雄岳を目指します。

20160618114538

雄岳山頂には、な~んも在りません。
展望も悪いしベンチすら無いので、すぐ近くの大津皇子の墓を目指します。

20160618115200

大津皇子は天皇に成る可能性も在ったのに、悲運にも24歳で自害させられました。

20160618131351

里への帰路も急坂が続くんで膝が笑い出しました。
坂道って登りより下りが難しいです。
もちろん、メタボのせいでもありますが。
今回のルートの平均所要時間は2.5時間らしいけど、休みながらだったので4時間もかかってしまいました。

20160618142415

せっかく、そうめんの里に来てるんでお昼はそうめんとも思ったけど、近くに珍しいそば家さんが在ると聞いてたんで、瓦そばのお店にしました。

熱した瓦の上に茶そばの麺が乗ってて、お肉などの具といっしょに漬けだれで食べます。
元は下関あたりの郷土料理らしいけど、下関から大阪に嫁いだ娘さんが郷土の料理を広めたいと開店したとのこと。
練りてんとのセットで、税込み1080円也

Img_8755

左が雌岳で右が雄岳です。
手前に見えてる当麻寺に立ち寄ろうとも思ったんだけど、駐車場がいっぱいだったんで、今日のお遊びは終了。
それにしても坂道の上り下りはきつかった。
もう少しダイエットせねばね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

台北探鳥記(2016年5月) 最終日

2016/05/12~16の台北探鳥旅行の思い出です。

■5月16日(月)

楽しかった台北探鳥の旅も終わり、今日は大阪へ戻ります。

20160515155544

MRT駅のカナ文字の広告を見てると、日本に居るのかと勘違いします。

20160515160729

たかだか4泊5日の滞在では台湾を語る資格など無いけど、何度でも遊びに来たい国です。
街のあちこちに、日本の商品の広告が在って、日本へのリスペクトが感じられて嬉しいです。
PEACH航空だと、片道7000円程で関空から来れるし、日本よりお安く遊べますね。

20160516072416

私の努力が実って、台北は想定どおりの雨(笑)
これからリムジンで桃園空港に向かいます。

20160516092755

出国検査では、暴漢撃退(唐辛子)スプレーは没収されてしまいました。
関空からの出国審査ではOKだったのに残念です。

4日目へ戻る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台北探鳥記(2016年5月) 4日目

2016/05/12~16の台北探鳥旅行の思い出です。

■5月15日(日)

台北の旅も4日目。
明日は帰国するので、探鳥は最終日です。
今回の探鳥地では見残した候補が二箇所在って、一つは烏来でヒゴロモやベニサンショウクイを見ること、他方は台北でもっとも猛禽類に会えるチャンスが多いと言われる観音山です。
かなり迷ったあげく、ヒゴロモに会いに烏来へ行くことにしました。

20160515081238

烏来へはMRTで新店まで行き、バスに乗り換えます。
MRTではサイクリング車のカップルを見かけ、日本では珍しい光景だったので写真を撮らせてもらいました。
さすがGIANTの母国は自転車文化も進んでます。

20160515091331

烏来までは曲がりくねった山道が続きますが、車はビュンビュン飛ばすんで怖いです。

20160515100041

この地はかつて先住民のタイヤル族の村で、あちこちにモニュメントが在ります。

20160515112447

有名な白糸の滝の前で記念写真を一枚。
後ろの自転車は私の持ち物では在りませんので(汗)

Ov0a0906

観光ゾーンでは特にめぼしい鳥とも出会えず、撮れたのはクロヒヨドリくらいです。

20160515115740

探鳥ゾーンへ移動する前に、ホットドッグならぬホット猪で腹ごしらえです。

20160515121013

本来ならトロッコで烏来街へ戻れるんだけど、昨年の洪水で線路が破壊され、トロッコは廃線状態です。

20160515133249

烏来街に戻りついた頃から雨が降り始めたんで、休憩を兼ねて名物のマンゴーアイスを食べました。
それにしても量が多いんで驚きましたが、聞くところによるとアベックさん向けの量なんだとか。

20160515140356

雨脚は急に酷くなり、とても探鳥できる状況じゃ無くなりました。
雨量が多いと帰路の崖が崩壊するかも知れないと言われ、泣く泣く市内へ戻りました。

20160515182905

市内へ戻ると烏来での大雨が嘘のように止んでました。
天候には恵まれない日も在ったけど、初めての一人旅としては得るものが多かったです。


3日目へ戻る                 最終日へ進む








| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北探鳥記(2016年5月) 3日目

2016/05/12~16の台北探鳥旅行の思い出です。

■5月14日(土)

きょうは、憧れのヤマムスメに出会いに陽明山へ向かいます。

20160514063506

ホテルの朝食は豪華なバイキングで、写真で写ってる範囲外にもたくさんの料理が在ります。

20160514063804

自分ではセーブしたつもりでも、つい取り過ぎてしまいますね。
帰国してから体重計に乗るのが怖いです。

20160514070153

台北から陽明山へ向かうには色んなルートが在るんだけど、私はMRTで士林駅まで行ってから路線バスに乗り換えました。

20160514084046

終点のビジターセンターで下車したものの、ヤマムスメが居ると言われる前山公園はかなり手前だとのことで、山道をテクテクと下ります。

20160514091834

移動の途中でスコールに襲われたものの、なんとか天候が持ち直しました。

20160514100229

とても小さな公園なので、ガイドブックや観光マップにも載ってません。
山道で出会った人にも何度か尋ねたものの、ほとんどの人は名前すら知りませんでしたね。
何度も遠回りして、やっと前山公園に到着です。

Ov0a0450r

消防署員らしい方からヤマムスメが来る場所と教えてもらった池へ向かうと、枝に黒っぽい鳥が止まってました。
ルリチョウですね。

Ov0a0460_2

池ではバリケンが泳いでました。
国内でも、霞ヶ浦や沖縄などで出会った鳥なんだけど、これほど黒い固体は初めてです。
ネットで調べると、黒っぽいのは原種に近いらしいです。

Ov0a0596

これが台湾の国鳥、ヤマムスメです。
台湾の鳥名は台湾藍鵲なので、意味的には藍色のカササギなんでしょうが、どうして和名がヤマムスメなのか不思議ですね。

Ov0a0537

わたしの勝手な推測だけど、この鳥を見ると山岳民族の娘さんの衣装を連想します。
ヤマムスメの語源かも知れません。

Ov0a0567t

ヤマムスメが変な動きを始めました。
葉っぱの中にはイモムシが在るようなんで、貯食作業をしているんだろうか?

これがその時のYoutubeです。

Ov0a0414t

このヤマムスメ、可愛い名前とは裏腹に悪食で、こんなものも食べてました。

Ov0a0509

公園内の池で数人のカメラマンが樹の上にレンズを向けてました。
ズグロミゾゴイの営巣ですね。
カメラマンの話では雛は3羽居るとのことでした。

20160514122751

お目当てのヤマムスメには会えたんで、後はバスで石碑駅まで降りてからMRTに乗り換え、淡水河口の關渡自然公園へと向かいます。

料金はEasyCardで支払えるので便利だけど、交通機関によって先払いと後払いが在るのでややこしいです。

Ov0a0697r

バスが陽明山を下っているとき、頭上を猛禽類が通り過ぎました。
遠くて不鮮明なので同定できません。

20160514131431

20160514131356

20160514130112

昼飯は石碑駅前で牛肉麺。
今回の旅では牛肉麺の昼飯が多いけど、美味しいしお手軽なんで、お一人様のランチには最適ですね。

20160514140446

関渡自然公園へは石碑駅から路線バスも出てますが、天候も良かったので1Km弱の道のりを歩いてみました。
入園料は60元(約180円)で、日本語のパンフレットも用意されてますよ。

Ov0a0741

私が訪れた日にはガン・カモの冬鳥もシギ・チも居なくて、水鳥の探鳥にはオフシーズンです。
でも、公園に入ってすぐの水路ではアマサギに会えました。

Ov0a0856

湿原の向こうには有名な台北101も見えてますね。

Ov0a0760r

園内には数箇所の観察小屋が在って、距離は遠いもののクロトキなどの舞う姿も見えます。
Ov0a0776

湿原では水牛も放たれていて、首都の町の光景とは思えないほど牧歌的です。

2日目へ戻る                  4日目へ進む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北探鳥記(2016年5月) 2日目

2016/05/12~16の台北探鳥旅行の思い出です。

■5月13日(金)

きょうは市内の公園めぐりです。


20160513071958

台湾の朝の風物詩は、何と言っても通勤者たちのバイクの多さでしょう。
日本では想像もできないほどたくさんのバイク集団が、目の前を通る光景は圧巻です。

20160603221148

MRTの窓口で交通プリペイカード(EasyCard)を買いました。
カードそのものの価格は100元だけど、乗車料金を駅の端末やコンビニなどでチャージしておけば、MRTや台鉄、路線バスや高速バスで使えます。
乗降時に小銭を準備する必要が無いうえ、MRTの料金が2割引に成るなどメリットが多いです。
65歳以上だと優待カードが買えるようだけど、証明書が要るようなので諦めました。

20160513074959

民權西路駅でMRTに乗り込んで目指したのは、台北植物園の在る中正記念堂駅。
台北のMRTはホームも車内もきれいですね。
大声で話す乗客も居ないし、とても清潔で上品で安心できます。

20160513081415

中正記念堂駅から徒歩で1Km弱の道のりに台北植物園が在ります。

20160513082735

この公園は台北市民の憩いの場で、あちこちで太極拳やコーラスのグループが余暇をエンジョイしてました。
手のひらでパ〜ンパ〜ンと肩を叩いてる人とかも居て、これって台湾式マッサージかな?
見てて和みますね。

20160513104447

おおよそ80歳のお婆ちゃんグループが歌ってたのは、日本の懐メロでした。
私のおぼろげな記憶では、父母や祖父母が歌ってたような曲ばかりです。
台湾は日本が統治していた時代に日本語教育を受けたので、今でも日本語が達者なお年寄りが多いですね。

それにしても暑すぎるんで木陰を探してたら、ベンチで台湾のおじいさんと友達に成りました。
陳さんは85歳、日本語がとてもお上手です。

Ov0a9052

台北ではあちこちでシロガシラを見かけます。
日本では沖縄や南西諸島で見れますが、ここではヒヨドリほどありふれた鳥ですね。

Ov0a9089

シキチョウはセキレイにも似た地味な鳥ですが、ツグミ科に属する鳥で鳴き声もきれいでした。

Ov0a9055

今回の台北旅行で是非とも見たかったのは、このゴシキドリと台湾の国鳥ヤマムスメなんです。
植物園で出会った人に、「ゴシキドリは居ませんか?」て聞いたら、わざわざ営巣している樹の下まで連れて行ってくれました。

でも、残念ながら臆病な個体みたいで、なかなか全身を見せてくれませんね。

Ov0a9059

植物園の中央には大きな池と水路があり、バンやカモ類などの水鳥が居ます。

Ov0a9240

頬に青いマークが在るカモは初めて見ましたが、何かとの交雑種なのかも知れませんね。

Ov0a9126

ズグロミゾゴイです。
臆病な鳥のはずなのに、ほんの数メートル先を悠然と歩いてました。

Ov0a9246

こんな子も居ましたよ。

ゴシキドリに会えると思って楽しみにしてたのに」と愚痴ってたら、「ゴシキドリなら大安森林公園で営巣してるよ」と教えてもらいました。
台北植物園からMRT利用だとかなり歩くんで躊躇するけど、台湾はタクシー料金も安いのでタクシー移動することにしました。

20160513114948

ここはかなり広い公園なので、ゴシキドリの営巣樹の場所は見当もつきません。

Ov0a9301

あても無く公園を歩いていたら、数人の地元カメラマンさんが何かを追いかけてました。
彼らのレンズの先の枝に止まってたのは、タイワンオオタカでした。

Ov0a9313

こんなに身近にオオタカが見れるのも台湾の魅力の一つですね。

Ov0a9361

さらに歩き回ると樹のてっぺんにオウチュウが居ました。
それにしても暑いです。

Ov0a9391

真っ黒なジャワハッカ、この季節には陽射しが辛そうですね。

20160513125146

お腹もすいてきたんで、公園近くのレストランで避暑を兼ねた昼食です。
メニューの中国語は判らなかったけど適当に頼んだのがこの料理、そこそこ美味しいランチに在りつけました。

20160513150126

池のそばでサギの営巣を撮ってた人に、ゴシキドリを探してるって言ったら、多くのカメラマンが樹を取り囲んでる場所まで案内してくれました。

Ov0a9925

ついに念願のゴシキドリの全身像にご対面です。

Ov0a0031

地元のカメラマンさんが、ゴシキドリは世界一きれいな鳥と思う、と熱弁ふるってました。

Ov0a9636

それにしてもきれいな鳥だったので、ゴシキドリだけで500ショットも撮りました。
太陽の光が強い国では、お花も鳥もきれいですね。

Ov0a9680

近くの枝にタイワンオナガが止まってるのに、誰もレンズを向けようともしませんね。
私には珍しい鳥だけど、地元カメラマンさんにはハトほどにありふれた鳥なんでしょうか?

20160513155933

公園のカメラマンさんたちに日本人だと言ったら、郊外の探鳥スポットの情報を教えてくれ、おまけに写真や名刺を頂きました。
出会った人は親日家が多いので、気持ちよく遊べますね。

明日はヤマムスメを見るのに近郊の山に登りたいと相談したら、「ヤマムスメやったら陽明山以外有り得へんで」というアドバイスだったんで、明日は陽明山に登ろうかと。

20160513162612

その後は中正記念堂に立ち寄って園内を探索です。

Ov0a0156

クビワムクドリなど居たものの陽も暮れてきたので、MRTでホテルに戻りました。


初日へ戻る                   3日目へ進む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年7月 »