« 台北探鳥記(2016年5月) 初日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 3日目 »

2016年6月 5日 (日)

台北探鳥記(2016年5月) 2日目

2016/05/12~16の台北探鳥旅行の思い出です。

■5月13日(金)

きょうは市内の公園めぐりです。


20160513071958

台湾の朝の風物詩は、何と言っても通勤者たちのバイクの多さでしょう。
日本では想像もできないほどたくさんのバイク集団が、目の前を通る光景は圧巻です。

20160603221148

MRTの窓口で交通プリペイカード(EasyCard)を買いました。
カードそのものの価格は100元だけど、乗車料金を駅の端末やコンビニなどでチャージしておけば、MRTや台鉄、路線バスや高速バスで使えます。
乗降時に小銭を準備する必要が無いうえ、MRTの料金が2割引に成るなどメリットが多いです。
65歳以上だと優待カードが買えるようだけど、証明書が要るようなので諦めました。

20160513074959

民權西路駅でMRTに乗り込んで目指したのは、台北植物園の在る中正記念堂駅。
台北のMRTはホームも車内もきれいですね。
大声で話す乗客も居ないし、とても清潔で上品で安心できます。

20160513081415

中正記念堂駅から徒歩で1Km弱の道のりに台北植物園が在ります。

20160513082735

この公園は台北市民の憩いの場で、あちこちで太極拳やコーラスのグループが余暇をエンジョイしてました。
手のひらでパ〜ンパ〜ンと肩を叩いてる人とかも居て、これって台湾式マッサージかな?
見てて和みますね。

20160513104447

おおよそ80歳のお婆ちゃんグループが歌ってたのは、日本の懐メロでした。
私のおぼろげな記憶では、父母や祖父母が歌ってたような曲ばかりです。
台湾は日本が統治していた時代に日本語教育を受けたので、今でも日本語が達者なお年寄りが多いですね。

それにしても暑すぎるんで木陰を探してたら、ベンチで台湾のおじいさんと友達に成りました。
陳さんは85歳、日本語がとてもお上手です。

Ov0a9052

台北ではあちこちでシロガシラを見かけます。
日本では沖縄や南西諸島で見れますが、ここではヒヨドリほどありふれた鳥ですね。

Ov0a9089

シキチョウはセキレイにも似た地味な鳥ですが、ツグミ科に属する鳥で鳴き声もきれいでした。

Ov0a9055

今回の台北旅行で是非とも見たかったのは、このゴシキドリと台湾の国鳥ヤマムスメなんです。
植物園で出会った人に、「ゴシキドリは居ませんか?」て聞いたら、わざわざ営巣している樹の下まで連れて行ってくれました。

でも、残念ながら臆病な個体みたいで、なかなか全身を見せてくれませんね。

Ov0a9059

植物園の中央には大きな池と水路があり、バンやカモ類などの水鳥が居ます。

Ov0a9240

頬に青いマークが在るカモは初めて見ましたが、何かとの交雑種なのかも知れませんね。

Ov0a9126

ズグロミゾゴイです。
臆病な鳥のはずなのに、ほんの数メートル先を悠然と歩いてました。

Ov0a9246

こんな子も居ましたよ。

ゴシキドリに会えると思って楽しみにしてたのに」と愚痴ってたら、「ゴシキドリなら大安森林公園で営巣してるよ」と教えてもらいました。
台北植物園からMRT利用だとかなり歩くんで躊躇するけど、台湾はタクシー料金も安いのでタクシー移動することにしました。

20160513114948

ここはかなり広い公園なので、ゴシキドリの営巣樹の場所は見当もつきません。

Ov0a9301

あても無く公園を歩いていたら、数人の地元カメラマンさんが何かを追いかけてました。
彼らのレンズの先の枝に止まってたのは、タイワンオオタカでした。

Ov0a9313

こんなに身近にオオタカが見れるのも台湾の魅力の一つですね。

Ov0a9361

さらに歩き回ると樹のてっぺんにオウチュウが居ました。
それにしても暑いです。

Ov0a9391

真っ黒なジャワハッカ、この季節には陽射しが辛そうですね。

20160513125146

お腹もすいてきたんで、公園近くのレストランで避暑を兼ねた昼食です。
メニューの中国語は判らなかったけど適当に頼んだのがこの料理、そこそこ美味しいランチに在りつけました。

20160513150126

池のそばでサギの営巣を撮ってた人に、ゴシキドリを探してるって言ったら、多くのカメラマンが樹を取り囲んでる場所まで案内してくれました。

Ov0a9925

ついに念願のゴシキドリの全身像にご対面です。

Ov0a0031

地元のカメラマンさんが、ゴシキドリは世界一きれいな鳥と思う、と熱弁ふるってました。

Ov0a9636

それにしてもきれいな鳥だったので、ゴシキドリだけで500ショットも撮りました。
太陽の光が強い国では、お花も鳥もきれいですね。

Ov0a9680

近くの枝にタイワンオナガが止まってるのに、誰もレンズを向けようともしませんね。
私には珍しい鳥だけど、地元カメラマンさんにはハトほどにありふれた鳥なんでしょうか?

20160513155933

公園のカメラマンさんたちに日本人だと言ったら、郊外の探鳥スポットの情報を教えてくれ、おまけに写真や名刺を頂きました。
出会った人は親日家が多いので、気持ちよく遊べますね。

明日はヤマムスメを見るのに近郊の山に登りたいと相談したら、「ヤマムスメやったら陽明山以外有り得へんで」というアドバイスだったんで、明日は陽明山に登ろうかと。

20160513162612

その後は中正記念堂に立ち寄って園内を探索です。

Ov0a0156

クビワムクドリなど居たものの陽も暮れてきたので、MRTでホテルに戻りました。


初日へ戻る                   3日目へ進む

|

« 台北探鳥記(2016年5月) 初日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 3日目 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/63735295

この記事へのトラックバック一覧です: 台北探鳥記(2016年5月) 2日目:

« 台北探鳥記(2016年5月) 初日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 3日目 »