« チェンマイの野鳥(2016年1月) 最終日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 初日 »

2016年3月27日 (日)

トムラウシ山でエゾクロテン(2016年3月)

知人に誘われて、トムラウシ山麓までエゾクロテンを見に行ってきました。

20160304113038

知人とは新千歳空港で待ち合わせ、道東道で十勝清水まで走ります。
途中で左側に見えるのは星野リゾートトマムです。

20160304123640

一般道を北上の経路に在る蕎麦屋では、国内産の粉と地鶏を使った蕎麦が美味しかったです。

20160304124716

きょうは、ちょっと贅沢して海老天セットにしてみました。

Ov0a4433

更に北上した某地点では、洞の中でエゾフクロウがまどろんでます。
時々薄目は開けるものの、やはり日中は眠たそうですね。

20160304140543

やはり北海道旅行中のソフトドリンクはセイコマートのカツゲンでしょ!

Ov0a3466t

ふもとの町から温泉までは川沿いの道を30Kmほど走りますが、道中でもいろんな野生動物に出会えます。

Ov0a4410t

空にはオジロワシ、そして河原にはオオワシです。

Ov0a3610t

雪深い山間部の冬は、野生動物にとって苦難の季節です。

20160304170410

ホテルのお風呂は天然かけ流し。
寒い空気で入る露天風呂は最高です。

20160304180021

安目のパッケージだったんで、晩御飯は豪華では無いものの、この程度のほうがメタボを気にせずに済むんで、かえって嬉しいです。

Ov0a3920

夕食もそこそこで外に出るものの、とても寒いです。
寒さを我慢して待ち続けることしばしで現れました、エゾクロテン。

Ov0a3990t

本来は獰猛な肉食獣なんだけど、ウルウルした瞳とあどけない表情が可愛くて、ファンも多いそうな。

Ov0a4122

どうやら雪洞の下は通路に成っているようで、あちこちの穴から一瞬だけ出す顔を追いかけるんだけど、まるでモグラ叩きみたいで大疲れです(汗)

Ov0a4327

翌朝は早起きして周囲の山を散策するつもりだったけど、本格的な冬登山装備じゃないと無理そうなんで、諦めました。

Ov0a4296

それにしても寒すぎです。
ただいまの気温は、なんとマイナス13度!

Ov0a4290

ミヤマカケスも羽毛をいっぱいに拡げて寒気を防いでますね。

Ov0a3661t

そばの渓流ではカワガラスが営巣してて、しきりに追いかけっこしてます。
野生の生き物にとっては、もう繁殖シーズンが始まってるのかも。

20160305095140

予定ではトムラウシで2泊の後、札幌市内でシマエバガを探すつもりだったけど、翌日の天気は雨の予報だったので、予定を繰り上げて札幌に戻ります。

Ov0a4447

道路標識も北海道らしいですね。

20160305115536

西岡公園はかなりの雪です。
この池の周囲を歩いてシマエナガを探すわけなんだけど。

Ov0a4616

シジュウカラなどの混軍は何度か通り過ぎるものの、シマエナガは見つけれないですね。
松の幹に開けられたクマゲラの食痕だけが空しく目立ちます。

Ov0a4797

西岡公園は諦めて、近くの研究林へ移動しました。

Ov0a4656

園内を探索してると、木の上にタヌキ?
よく見ると、タヌキではなくてアライグマのようです。
繁殖力が強いんで、北の大地でもどんどん数を増やしてるようですね。

20160305170615

日も暮れてきたので、とんでんで反省会をかねた夕食です。

20160305163722

牡蠣鍋で飲むビールは最高!

20160305230702

今回は予定を切り上げて早々の退散だけど、もっと快適な季節に再チャレンジしてみたいな。

|

« チェンマイの野鳥(2016年1月) 最終日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 初日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

シマエナガは残念でしたネッ!!
エゾフクロウ他のアップを楽しみました!!/ありがとうございました!!

こちらでは白鳥・ヒシクイやホシハジロ・キンクロハジロ等はいなくなりましたが、5月まで残るツグミやコガモ・ヒドリガモ他が未だ沢山います!!

東京湾岸地域ではコクガン・ハクガン・ヘラサギ・クロツラヘラサギ等の長逗留(?)で大勢のバーダーで賑わっていますが、自分的には俄か定年バズーカ砲カメラマン方のマナーには引いてしまうものがあります!!

投稿: はたやん | 2016年3月27日 (日) 19:23

mailtoはたやんさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですか、定年バズーカ組の方々が活発的すぎる(笑)のは日本全国共通の悩みのようですね。
私も、都市公園などで定年バズーカ組の行状に遭遇して嫌な思いを何度かしましたので、最近は一人で鳥見できる場所が好きです。
かく言う私も、この春から年金受給者の暮らしが始まります。当分はセミリタイア状態ですが、仕事一本やりの暮らしから、徐々にプライベートな時間を増やして行きたいと思ってます。
そんな私自身が定年バズーカ組に成らないよう心掛けねば。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: Ashgarden | 2016年3月28日 (月) 10:37

寒い中エエノンバッチリですよね!!

寒さに苦手な私にとっては尊敬(^^♪

又、次のアップを楽しみにしていますよー!!

投稿: you | 2016年5月17日 (火) 21:29

mailtoyouさん、コメント有難うございます。
最近はブログの更新忘れて遊び呆けてます。

それにしても寒かったですね。
何を好き好んで寒い季節に北の国へ行きたがるのか不思議です。
暑い季節に南の国へ行くのも好きです。

投稿: Ashgarden | 2016年5月18日 (水) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/63403261

この記事へのトラックバック一覧です: トムラウシ山でエゾクロテン(2016年3月):

« チェンマイの野鳥(2016年1月) 最終日 | トップページ | 台北探鳥記(2016年5月) 初日 »