« サンショウクイに雛が誕生 | トップページ | 故郷へ麺食いの旅(2014年7月) »

2014年7月 1日 (火)

奥胎内高原の夏鳥(2014年6月)

久しぶりの新潟出張を兼ねて、恒例の出張地バーディングをしようと思ったのは一ヶ月ほど前。
日本野鳥の会が作った新潟県探鳥地を何度も眺めるものの、魅力的なところが多すぎて大悩みです。

Niigata_2

結局、探鳥地情報にアカショウビンやイヌワシが見れると書いてあった、奥胎内で遊ぶことに決めました。

■6月28日(土)

Img_20140628_123206

11時に到着した新潟空港で地元のバーダーさんと8年ぶりの再会でした。
レンタカーで、60キロメートル先の奥胎内高原を目指します。

Img_20140628_134215

新潟は空も碧く空気も澄んでます。
それに、渓谷を流れる水も透き通ってて、お目当ての鳥との出会いを思うと胸が高鳴ります。

Img_20140628_135320

ヒュッテまでわずかの場所にある、胎内第一ダム
発電のための利水ダムとして活躍中だが、更に上流には奥胎内ダムが建設中です。

Img_20140628_141642

ヒュッテに到着。
年の半分は雪に閉ざされている高原のヒュッテは、6月15日から今年の営業を始めました。

Img_20140628_141705

奥胎内ヒュッテのシンボルは、ずばりアカショウビンです。
チェックインした後は、毎日アカショウビンが通ってくるという1Fのレストランのテラスへ直行です。

Imgp0410r

まもなく、テラスから10メートルの枝にオオルリが飛来して、さえずりを始めました。

Img_20140629_064037

今回は、BORG71FLと新ボディのBU-1。
普段使っているmanfrottoの雲台は重すぎるので、Velbon純正の雲台にしました。
テラスでコーヒーを飲みながら目の前の野鳥を楽しめるホテルは最高です。

Imgp0474r

枝から飛び立ったオオルリが持ち帰ってきたのは何かの毛虫。
この後、しばらくの格闘の末に、まるごと飲み込んでしまいました。

Img_20140628_174713

今回泊まったのは、二食付きで7,500円の部屋。お独り様なのが、ちょっと寂しいけど。

Img_20140628_175205

ツインルームのシングルユース割り増しとして1,000円が必要だったけど、夕食のコースと朝食は決して粗末な内容じゃ無かったんで、とてもリーズナブルと思う。

Img_20140628_182758

夕食後は、ホテルの近くに車で野営しているバーダーさんとホテル前のデッキで8年ぶりの再会を祝して一杯。

■6月29日(日)

Img_20140629_045720

翌朝は、アカショウビンの声に起こされて、まだ薄暗い四時半からテラスで待つものの、天気が悪くて時おり雨がぱらつきます。

Imgp0752

待つこと2時間、6時半ごろに目の前の木に赤い鳥が飛来しました。
宮古島では、何度か至近距離でリュウキュウアカショウビンを見たことが在るものの、迷彩テントも無しで10メートルの距離でアカショウビンを見れるのは凄いです。

Imgp0784

真紅のくちばしが本当にきれいです。
バーダーの憧れの鳥であり続けるわけが解ります。

Img_20140629_065529

7時には小休止してリッチな朝食です。夕食のコースと、この朝食が付いて7,500円は本当にお値打ちです。

Imgp0731r

川向こうの木に止まってるカラスの色がちょっと変で、まるで白髪交じりの爺さんのようです。
知人に聞いてみると、「白化した個体だろう」とのこと。

Img_20140629_100653

テラスの近くからアカショウビンが姿を消してしまったので、すぐ上流で野営している地元バーダーさんを訪ねて山道を散策しました。

Img_20140629_095901

しかし、雨がぱらつき出したんで大急ぎでホテルに逆戻りです。

Img_20140629_101357

しばらく土砂降りが続き、なすすべも無く天候の回復を待ちます。

Imgp0960r

レストランのテラスは雨がしのげるので、人気メニューのステーキカレーに舌鼓打ってると、対岸の枝にアカショウビンが再来です。

念願のアカショウビンに会えたし、二日間のテラスからの探鳥にも飽きてきたので、探鳥地案内にあるさえずりの里に向かいます。

Imgp1063r

蚊の攻撃に閉口しながらも林を歩いていると、樹の中腹にごそごそと動くものが。
まだあどけない表情のフクロウの幼鳥が、私を興味津々の大きな目で見てます。

■6月30日(月)

Img_20140630_181215

本来の目的だった出張の業務も順調に終わり、駅前の居酒屋で祝杯です。
せっかくの新潟なので、佐渡の銘酒「北雪」からスタートしました。

Img_20140630_182905

気前の良い店員さんだったので、表面張力の限界まで注いでくれます。

■7月1日(火)

Rimg0208

昨夜はちょっと飲みすぎたようだけど、良いお酒だと次の日が快調です。
今回も、きれいな自然と美味い酒でリフレッシュできました。

|

« サンショウクイに雛が誕生 | トップページ | 故郷へ麺食いの旅(2014年7月) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

綺麗なアカショウビン他をありがとうございました!!

帰省時に新潟の富山寄りのアカショウビンスポットと言われている松代・松之山地域は何度も通りましたが長居はせずに通過程度だったので未見の野鳥であります!!

嘴までも黒くないハシブトガラス(?)でしょうか!!/珍しいですネッ!!

毎日のグランド整備では未だ巣立ちには早過ぎるヒヨドリ・ムクドリの雛を度々見かけていますが親鳥も見当たらずどうすることもできず、また子連れのスズメやシジュウカラの餌やり行動に癒されてもおります!!

投稿: はたやん | 2014年7月 4日 (金) 18:57

ご無沙汰しています、ブログ拝見いたしました、相変わらずの、飲み助で安心いたしました、ASHさんに会えてアカショウビンも喜んでいますね、料理もおいしそうで、アルコールの量も増えましたね、今後ともよろしくお願いいたします、又、飲み会誘ってください。

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2014年7月 5日 (土) 19:21

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
この季節はどの鳥も子育てのようで、あちこちで親子連れや雛を見ますね。これらの雛がちゃんと育って次の世代に命を繋げてもらいたいものです。
来週は、富山県への出張なので、富山の鳥を楽しみにしています。

投稿: Ashgarden | 2014年7月 6日 (日) 16:26

ふーさん、おかげさまで酒を飲んだり鳥を見たりする元気を取り戻しました。これからもふーさんを目標に、仕事も私生活も頑張りますよ。mailto

投稿: Ashgarden | 2014年7月 6日 (日) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/59909898

この記事へのトラックバック一覧です: 奥胎内高原の夏鳥(2014年6月):

« サンショウクイに雛が誕生 | トップページ | 故郷へ麺食いの旅(2014年7月) »