« 近所の里山でサンショウクイが抱卵 | トップページ | 奥胎内高原の夏鳥(2014年6月) »

2014年5月24日 (土)

サンショウクイに雛が誕生

里山のサンショウクイ、卵が孵化したようなので訪ねてみました。

Imgp9445t

清清しい青空に猛禽類が舞ってます。
この写真では同定が難しいけど、ハチクマあたりかな

昔から、この里山で活動している方から「サシバやね」って教えてもらいました。
ここ数年は、ツガイのメスが若いので、ちゃんと繁殖できてるのか心配とのこと。

Imgp9503t

お母さんは巣の周囲を飛び回ってエサさがしです。大きな青虫をゲットですね。

Imgp9622t2

雛は2羽のようで、元気に育ってました。

Imgp9654t

お父さんも真面目に子育てに参加かと思いきや……

Imgp9671t

おやおや、お母さんに乗っかっちゃいましたね……まだ子育て中なのに、もう次の家族計画ですかぁ。

Imgp9842t


赤ちゃんたちはお母さんのお腹の下でお昼寝中。
しっかり育って欲しいな。

Img_20140524_114019

撮影終えて山道を歩いてたら、首の辺りにモゾモゾ感が。
なんと、こんな大きなお土産を持って帰るとこでした(汗

Imgp9421

けなげに子育てにはげむ夫婦の姿は素晴らしいです。育児放棄したりする人間様は、これを見て恥を知って欲しいな。

■5月29日
ずっと巣の観察をしていたバーダーさんから、「今朝、巣がもぬけの殻に成ってた」との悲報が入った。
昨日あたりからカラスが巣に近づいていたようだが、やはり襲われてしまったらしい。合掌

|

« 近所の里山でサンショウクイが抱卵 | トップページ | 奥胎内高原の夏鳥(2014年6月) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
この季節、あちこちで子育てですね。
カワラヒワの孵化が失敗したり営巣放棄したりした原因が気がかりですね。
自然の中での営巣にはカラスやヘビの襲撃がつきものですが、民家の近くでは別の問題も在りそうですね。

投稿: Ashgarden | 2014年5月27日 (火) 10:06

『続』野鳥の子育て!!(ジャストインフォで!!)

拙宅近傍ではこの時期では毎朝にハシボソガラスがツバメ・ムクドリの巣を巡回していて、毎年営巣している2軒左隣のツバメの巣では抱卵はしていたのですが現時点では残念であり2羽の親が飛び回っています!!
個人整備しているグランドにカラスが現れると必ずツバメ・ムクドリが飛んできて警戒鳴きで大騒ぎしてカラスにモビングを仕掛けています!!
(スズメ・カワラヒワも常にいますがモビング仲間には加わらない!!)
今年は例年ほどにはムクドリの巣立ち雛の食痕死骸はグランド整備・草刈中に見かけていません!!
然しながらカラスはカラスで我が団地内の小さな公園の高樹で2羽の子育て・育雛中でもあってであります!!

投稿: はたやん | 2014年5月28日 (水) 06:54

mailtoはたやん、コメント有難うございます。
サンショウクイのヒナが食い殺されたことは、とてもショックです。
本音を言うとカラスが憎くもありますが、これも弱肉強食の自然の摂理なのなら決してカラスを憎んではいけないんでしょうが、複雑な気持ちです。

投稿: Ashgarden | 2014年6月 4日 (水) 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/59696932

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウクイに雛が誕生:

« 近所の里山でサンショウクイが抱卵 | トップページ | 奥胎内高原の夏鳥(2014年6月) »