« 盛岡でわんこソバを八十八杯食べた | トップページ | 2枚の写真と息子の巣立ち »

2013年2月28日 (木)

伊予遠征でハイチュウとオガワコマドリ

愛媛県でオガワコマドリが出てるという噂はかなり前から知ってたものの、300Kmもの遠征をする踏ん切りもつかずに、2月に成ってしまってました。

どうやら、この世には神様が居るらしくて、なんと愛媛県西部への仕事が舞い込んでくれたおかげで、幸運にもオガワコマドリとハイイロチュウヒに会えることと成りました。

■2月22日(金)
目的地の西予市までは、阪神高速~淡路大橋~徳島自動車道~松山自動車道を経由して7時間ほどの旅程です。

20130222_110544_r

四国上陸の手始めは徳島駅近くの徳島ラーメン店「東大」。
このお店は全国B級グルメでも紹介されたらしく、濃厚な豚骨醤油スープと生タマゴが魅力的です。

20130222_111138_r

開店時間の11時に一番乗りして食べたのは、普通味スープ+肉入りの大盛りで、代金は900円なり。
あまりの美味しさにスープも飲みほして完食でした。
普通味のラーメンのおはちに「ふつう」と書いてるのが可愛い。

20130222_110819_r_2

時期は聞けなかったけど、大阪の心斎橋あたりに支店を出す計画が進行中らしいです。心斎橋だと通える距離なんで嬉しいな。
ちなみに、店名の由来をお店の人に聞いたら「ラーメン界の東大を目指してます」とのこと。是非、頂上に登りつめて欲しいものです。

20130223_125410_r

■2月23日(土)
今回の仕事先は愛媛県西部の山村で、地域のレストラン「ほわいとファーム」のメニューにはイノシシ肉のランチが在りました。
近隣で有害鳥獣として「間引き」されたものが利用されています。
イノシシ肉は特にクセも無いものの、豚に比べると硬めでしたね。

20130223_172656_r

この日の仕事は想定外に順調に終わったので、四国最西端の佐多岬まで50Kmほどのドライブに出かけました。岬から遥か西方には大分県が在るはずだけど、中国大陸からのスモッグが災いしてか、見えたのは山なみのシルエットだけだったのが残念。この日の灯台は強風が吹いてて、痩せぎすの私など(?)風に飛ばされやしまいかと心配でした。←ウソ

20130223_165924_r_2

灯台近くの道沿いには近所の農家の無人販売所が在って、なんと10個近くのデコポンが300円で売ってました。流通コストと販売マージンさえ無ければ、味もそこそこのデコポンがお安く食べれるんですね。

20130223_184443_r

佐多岬の帰路に立ち寄ったのは、三崎漁港の海鮮レストラン「まりーな亭」。
世間では大分県の関サバや関アジが有名だけど、対岸の三崎港でも佐賀関と同じサバやアジが獲れるわけです。このお店でも、新鮮なサバをふんだんに使った料理を堪能できました。

■2月24日(日)
さて、現地での仕事が順調に進んだので、日曜日にはお目当てのオガワコマドリとハイイロチュウヒと会うために、瀬戸内海沿いの町まで松山自動車道を100Kmほど走りました。

Imgp0111r_r

まず向かったのが、オガワコマドリが出没している河口近くの葦原。
愛媛に来るまでは、ミルワームでメタボに成った餌付け鳥には興味無いし、とうそぶいてたけど、やはり会いたい鳥です。

Imgp0026r_r

この鳥には、数年前に東北の沼地でたった一度だけしか遭遇してなくて、その際には証拠写真しか撮れてなかったので、今回の出会いは感激ものです。
だけど、やはり心配なのは餌付けの所為で本来の繁殖地へ向かうことを忘れてしまわないかと言うこと。ずっと居て欲しいという人間のエゴで、野鳥本来の習性を曲げてしまうことには、やはり罪悪感を持ってしまいます。

Imgp0100r_r

この葦原にはウグイスやジョウビタキも棲んでいて、すぐ近くまで遊びに来てくれるんで、退屈しません。

Imgp0346r_r

そろそろチュウヒに会いに行く時刻に成ったので集落を移動してると、30羽ほどのヒレンジャクの群れが赤い実を食べに集まってました。今年はまだ会えてなかっただけに、嬉しいです。

20130224_154243_r

チュウヒの出る田んぼに到着です。
この日は天候も良かったので、四国の山なみと青い空を堪能しながらハイイロチュウヒが出現する夕暮れまで田んぼの真ん中で時間つぶしです。

Imgp0533rt_r

ほぼ4時を過ぎて少々たいくつしだした頃に、すぐ目の前をチュウヒが飛んでくれました。とても奇麗な個体です。そして、目にもバッチリ太陽が入ってて、会心の写真が撮れました。

Imgp0748r_r_3

さらに待つこと1時間、念願のハイイロチュウヒが出ました。
かなり遠いです。でも、今年は田んぼの耕地整理をしてるんで、出ないかもしれないと聞いてただけに、遠くても暗くても文句は言いません。

20130224_191804_r

すっかり日も暮れてしまい、朝からの野遊びで冷え切った身体をほぐすために道後温泉まで足を伸ばしてみました。
道後温泉本館」は歴史ある施設にもかかわらず単なる公衆浴場なので、入浴料はなんと400円ぽっきりとリーズナブルな料金です。

■2月25日
今回の仕事は拍子抜けするほどに順調で、夕刻の業務終了までが気が遠くなるほど永く感じます。

20130225_194242_r

それだけに、仕事から解放されたた後のお酒が待ち遠しくって、ついつい飲酒のピッチも進んでしまうので自制心を取り戻すのが辛いです。

■2月26日
20130226_145529_r

この地域を見下ろせる高台からの展望です。
この町は、昔から相撲と縁が深いらしくて、町の中心街には土俵のある文化施設が建ってます。

20130226_181449_r

■2月27日
一週間近くの愛媛県出張は、探鳥の成果もグルメの成果もまずまずでした。

20130227_082719_r

大阪への帰路に立ち寄った道の駅では、超巨大なイチゴ「さちのか」が、なんと800円で売ってました。産地直売の安さに驚嘆します。

20130227_124446_r

ちょうど、香川県のサービスエリアでお昼時と成ったので、おなじみのぶっかけうどんです。アゲが巨大です。

20130227_135233_r

鳴門大橋から四国を望む。遠くがかすんでるのは中国本土の汚れた空気のせいなのかな?

20130227_151309_r

瀬戸大橋をバックに記念写真。この写真を見た人から「貫禄ついたね」って言われたけど、喜んでいいのかなぁ?

※撮影機材:
  鳥関係はBORG71FL+ペンタックスAFアダプター+ペンタックスK-5IIs
  その他はスマホでの撮影です。

|

« 盛岡でわんこソバを八十八杯食べた | トップページ | 2枚の写真と息子の巣立ち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オガワコマドリがばっちりですネッ!!/自分は未見であり、ありがとうございました!!/若しかしてチュウヒの方が撮影技術的には上かもですネッ!!
ハイイロチュウヒは2月11日の印旛沼チャリ探鳥に行ってパンクでチャリを引いて歩いて帰る途中にこれまでの最接近での低空飛翔に久し振りに逢えパンクに感謝でもありました!!
自分が大阪勤務時代の77~81年代では大阪にはラーメン文化・ブームはなく、またセブンイレブンを探すのにも苦労しましたが現在はどうなのでしょうか!!/確かセブンイレブンは最近に漸くに四国に進出とかの情報があったかと思いますが自分の実家の富山もまだセブンイレブンが進出していないと思います!!

余談ですが定年翌年の西日本単独6,350kmドライブ旅行では大分から佐田岬に渡り佐多岬に下りてイソヒヨドリを堪能し、道後温泉は度忘れスキップしてしまい、足摺→高松→宮武うどん→金比羅/奥社・探鳥→高知→室戸→徳島/四国Rの後輩4名にサプライズの定年・還暦祝いをやっていただいて→鳴戸大橋の淡路島側の鳴戸岬のうずしお公園へ降りて数時間もゆっくりしたこと等を思い出しました!!

投稿: はたやん | 2013年3月 1日 (金) 09:38

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
鳥も景色もお酒も楽しめて、ぜいたくな出張でした。
オガワコマドリは、数年前に宮城県の蕪栗沼で数分間見ただけの、まぼろしに近い存在でしたが、今回は(餌付けのおかげで)ゆっくりと堪能できました。
愛媛県の田んぼではチュウヒやノスリなどの猛禽が濃いのでワクワクします。遠距離ながらもハイイロチュウヒも見れたので、私的には「満願成就」に近いです。
四国一周のドライブ、すごいですね。四国は、それぞれの県が気候・風土や人柄も違うと言われてますが、私はカラッとした高知の風土と県民が好きです。高知は、お酒も辛口なんで、風土を反映してるのかも知れません。
セブンイレブンの四国発出店のニュースが在りましたね。確かに、四国ではローソンは多かったものの、その他のコンビには地元資本のものだけでした。

投稿: Ashgarden | 2013年3月 1日 (金) 15:30

久しぶりのブログ更新本人写真付きで現況報告ありがとうございます、でも、やはりメタボ心配ですね、?オガワコマドリ・です、チュウヒ・ピント、ばっちりおまけにハイイロチュウヒも撮れて(*^_^*)ですね、また、お会いできるのを楽しみにしています、今後ともよろしくお願いいたします、

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2013年3月 1日 (金) 21:30

mailtoふーさん、毎年の年度末は仕事に追われて、なかなかブログにまで手が回りません。
チュウヒの写真、ちょうど夕陽が差す時刻だったんで、我ながらよい写真が撮れて嬉しいです。でも、ふーさんが撮った夕陽でピンクに染まったハイイロチュウヒの写真の足もとにも及ばないので、まだまだ研鑽の日々が続きます。

投稿: Ashgarden | 2013年3月 2日 (土) 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/56853690

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予遠征でハイチュウとオガワコマドリ:

« 盛岡でわんこソバを八十八杯食べた | トップページ | 2枚の写真と息子の巣立ち »