« 7時間も呑み続けた週の保養は鳥見で | トップページ | 伊予遠征でハイチュウとオガワコマドリ »

2013年2月 1日 (金)

盛岡でわんこソバを八十八杯食べた

今回の出張先は、水鳥の越冬地として有名な伊豆沼の在る宮城県の田舎町。

20130125_123822_r

伊丹空港から仙台駅までは、空路でわずか2時間で到着です。便利な世の中ですが、便利すぎて旅の情緒も何も感じられなくなりましたね。

20130125_121336_r_3

現地での待ち合わせには充分間に合うんで、仙台駅構内の「北辰鮨」という立ち食い寿司で腹ごしらえです。
このお店は新鮮な地物のネタが揃っているし、一貫ずつ注文できるんで、色んな種類の美味しいものを食べたい欲張りさんに大人気のようです。

Imgp9594_r

今回のホテルは伊豆沼の近くに在って、早朝にはたくさんのマガン、ヒシクイやハクチョウが部屋の真上を飛んで周辺の田んぼへ向かいます。

上の写真は自室の窓からの撮影したもので、ノートリなんです。
ここは、鳥好きにとって夢のようなホテルかも。

20130127_111253_r

日曜日は仕事も無く、せっかく岩手県の県境近くに来たんだから、盛岡までわんこソバを食べに行こうかと話がまとまりました。

伊豆沼の町から盛岡まで高速道路で100Km強を、慣れない雪道にビビりながら2時間かけて到着したのは、創業が明治40年の老舗「東屋」の本店。

3,150円のチャレンジセット(?)には、鮪刺身・なめこおろし・とりそぼろ・胡麻・海苔・一升漬・錦盛など7種の薬味が付いてて、適宜おソバに加えて食べます。

20130127_113339_r

正直、今まではテレビの大食い番組などには疑問を感じてたし、ソバをたくさん食べることにも興味無かったけど、私が間違ってました。

20130127_113302t_r

わんこソバって、めっちゃ楽しいです。
お店のおねーさんが、「ハイ、じゃんじゃん。ハイ、どっこい。がんばって!」の掛け声で次から次へとお椀にソバを放り込んでくれます。
一杯のソバはゴルフボール程度の量で、成人男子は平均で50~60杯食べるらしいですね。

20130127_113918_r

私は頑張って88杯を完食。ちなみに、同行者は105杯食べたんで、記念の証明手形ももらえました。

20130127_121553_r

盛岡には、旧盛岡銀行などの明治洋風建築がたくさん在って、なんとなく異国情緒を感じさせてくれます。松任谷由美の「緑の町に舞い降りて」という曲のフレーズ「MORIOKAというその響きがロシア語みたいだった」を思い出します。
初めての町をゆっくりと散策もしたかったけど、平泉の中尊寺へも行ってみたいし、温泉にも入りたかったので、ソバで重たいお腹を抱えながら高速道路を逆戻りです。

20130127_151035_r

ご存知「中尊寺」は、奥州藤原氏によって建立された禅宗のお寺で、金色堂が有名ですね。

20130127_145122_r

金色堂の前で記念写真をパチリ。
背景の建物は金色堂をすっぽりと覆う形で建てられた覆堂で、内部にはマトリーショカみたいに金色堂が保存されてます。

金色堂はまばゆいばかりの金ぴかだったし、宝物館の阿弥陀如来坐像などは仏教や美術にうとい私にさえ荘厳さを感じ取れる素晴らしいものでした。
ただ、惜しむなくば、内部すべてが撮影禁止なので、素晴らしさを写真で撮れなかったのが残念ですね。

Imgp9724t_r

さて、出張先での仕事も無事に終わったので、ホテルを延泊して大好きな蕪栗沼へ遊びに行ってきました。

Imgp9664_r

蕪栗沼は知名度と面積では伊豆沼に劣るものの、自然が多く残されていることや観光客の少なさが好きです。

Imgp9792_r

この日は風もなく雲も少なくて、野遊びには絶好の日でした。

Imgp9945t_r

池や周囲の田んぼには水鳥の他にもたくさんの猛禽類が居るので、レンタカーでグルグルと走り回ると、オオタカやノスリやチュウヒに出会えます。

Imgp9900t_r

残念ながらお目当てのコミミズクには会えなかったけど、コチョウゲンボウが遊び相手に成ってくれて楽しかったです。

|

« 7時間も呑み続けた週の保養は鳥見で | トップページ | 伊予遠征でハイチュウとオガワコマドリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今回のホテルは伊豆沼の近くに在って・・・
>>
>羨ましい限りですネッ!!

一昨年は震災絡みでの伊豆沼を通っての訪問の機会がありましたが何せ6月だったので!!
コミミズクはここ1週間の利根川土手からの富士山頂(含むスカイツリー)への日没画像を撮りに行って河川敷でのひらひら飛翔を度々堪能できています!!

ワンコソバについては現役時代の盛岡での製品クレーム処理出張時に現地販売店の銀座オフイス時代の先輩にご馳走していただいたことがありますが、資格(?)証明書等の発行があることを知らないままに頑張って102杯をいただいて大関の証明書と記念品をいただきましたが資格制度を知っていればもっと頑張ったかもでもありました!!

投稿: はたやん | 2013年2月 2日 (土) 18:17

ホントウに(^^♪
楽しいお仕事だったようですねー!!
今年はコミミが少ないみたいです。あまりにも雪が多すぎたのかも!!

投稿: you | 2013年2月 2日 (土) 22:27

mailtoはたやん、ホテルの部屋からハクチョウやガン類がエサ場へ向かって飛ぶ姿が間近に見れるんで、朝の早起きが楽しみでしたよ。
今回の出張最終日にも仙台の海岸線へ行ってみようかとも思いましたが、たぶん数年は工事などで無理でしょうね。

投稿: Ashgarden | 2013年2月 2日 (土) 23:01

mailtoyouさん、コミミには宮城県の沼では会えなかったのが残念。北海道の鵡川ってとこは毎年コミミがお祭り状態らしいけど、次の北海道出張は未定なんで今年は無理かな。正直、まだ長い人生で一度も見たことが無いんで、「ふわふわ」と飛ぶ姿を見てみたい。

投稿: Ashgarden | 2013年2月 2日 (土) 23:04

いつも楽しく拝見しています
わんこそば、楽しそうですね!88杯とは縁起の良い数字で・・・・
次回は108杯が目標かな?
旨い魚と地方の銘酒も羨ましいが、それ以上に珍しい鳥さんとの出会いが羨ましいですね
伊豆沼や蕪栗沼一度行って見たいとは思うがチト遠いですな

投稿: マッシー | 2013年2月 3日 (日) 05:34

mailtoマッシーさん、あと何杯かは食べれたかも知れないけど、おっしゃるとおり覚えやすくて縁起の良い数字で終了にしました。
出張中は、つい度を過ごして暴飲暴食してしまうけど、その後のメタボとの戦いが辛いです。
それと、若いころほどは呑めなくなってしまったのが、ちょっと寂しいね。

投稿: Ashgarden | 2013年2月 3日 (日) 07:22

いつも楽しいブログですね、わんこソバ88杯すごいですね、出石で同じようなソバ食べましたが、20杯でダウンでした、おまけに、鳥も見れるとは、贅沢な出帳ですね、いつも同じこと言いますがお身体には十分お気をつけて楽しんでください、また、お会いできるのを楽しみにしています、

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2013年2月 3日 (日) 18:57

mailtoふーさん、いつもコメントありがとう。
広大な蕪栗沼なのに、その日にカメラで遊んでいたのは私一人でした。
自然が豊かなところで遊んできた後は、大砲が並ぶ場所へ行く気がしなくて、この週は自宅でテレビとビールを相手にゴロゴロしてました。

投稿: Ashgarden | 2013年2月 4日 (月) 00:02

今回は、わんこそばですか。
お出かけの時は、地元の食が嬉しいですね。
いつもあとをついて行きたい気分です。

投稿: massan | 2013年2月10日 (日) 07:34

mailtomassan、コメントありがとう。
最近、車のCMでも「わんこソバ」が出てるね。
昔からの夢だったんだけど、盛岡へ行くチャンスに恵まれずに数十年も経ちました。
盛岡は、宮沢賢治の書くイーハトーブの舞台でもあるし、遠野物語の里も在ります。
とても魅力的なところなんだけど、大阪からはとても遠いですね。

投稿: Ashgarden | 2013年2月11日 (月) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/56669213

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡でわんこソバを八十八杯食べた:

« 7時間も呑み続けた週の保養は鳥見で | トップページ | 伊予遠征でハイチュウとオガワコマドリ »