« 大台ケ原で遊んだ夜は満天の星 | トップページ | 昆虫沼に踏み込んでしまったようで »

2012年7月21日 (土)

見逃したカラシラサギに仙台で会えた

今回は、近所の湿地へ3度もかよって会えなかったカラシラサギに、東北の被災地で会えたと言うお話し。

Imgp6745t

7月11日から20日までは、宮城県の仙台市と石巻市への出張でした。

20120712_132954

仙台は杜の都と称されるだけあって、公園や街路には大きな樹がたくさん植えられてて、なかなか風情があります。
ただ、この日は梅雨前線の影響で雨の一日だったのが残念だったな。

20120712_202539

仕事が順調に終わったんで、さっそく仙台での夜のスタート。
やっぱり、仙台で食べる牛タンはボリュームたっぷりで柔らかいので感激します。
仙台の牛タンを知ってからは、東京や大阪で食べる牛タンが薄っぺらくて固いんで、人生を損したような気がします。

20120711_204606

お店で呑んだのは、洞爺湖サミットの乾杯で使われた「磯自慢」。
蔵元は静岡の焼津で、なかなかしっかりした味のお酒でした。

20120713_130236

仙台とは二晩でお別れして、高速バスで石巻へ移動です。
震災前にはは仙石線というローカル線で結ばれてたんだけど、津波で線路が寸断されてからは途中駅で連絡バスに乗り換えないとダメなので、乗り換えなしで行ける高速バスの方が人気が在りますね。

20120713_135712

石巻に着いて、町に石ノ森章太郎のキャラクターがあふれてるのにビックリ。
彼の出身地は、もっと北の方の登米(とめ)という町なんだけど、学生時代には石巻が行動範囲だったご縁で、町興しの一環として漫画館などが建てられてます。

Rimg1879

石巻での3日目は、お仕事も小休止。
あいにくの雨空だったけど、レンタカーを借りて北上川の河口まで走ってみました。

Rimg1875

北上川の河口は10キロにわたってヨシ原が続いてて、日本の音風景百選にも選ばれてるらしいです。

Imgp6720t

ヨシ原と言えば、やはりオオヨシキリの出番ですね。雨にも関わらず、あちこちでギョギヨシの声が響いてました。

Imgp6744t

雨で車に缶詰なので、暇つぶしでサギを追いかけてたら、一羽だけ雰囲気の違う鳥が。
なんと、6月下旬に近所の干潟へ三度もかよって会えなかったカラシラサギが居りました。

Imgp6746t

冠羽やクチバシや脚の特徴からしても間違いなくカラシラサギ。地元で見逃して寂しい思いをしてただけに嬉しかったな。やっぱり、神様って居るんかな。

20120717_122153

出張中のお楽しみはご当地メニュー探しですね。
見た目には普通のラーメンだけど、スープも麺も冷たい「冷やしラーメン」です。
お隣の山形県が発祥の地らしいけど、冷やし中華と違って味はラーメンそのものなんで、不思議な体験でした。

20120716_115756

これは「石巻焼きそば」。
基本はソース焼きそばなんだけど、麺の色が茶色いのが特徴です。
お味は、まあ普通のソース焼きそばですね。

20120717_184650

ホテルの窓から見た早朝の石巻市街。中央の白い建物は被災者住宅です。
見えてる範囲は津波の被害を受けて無いものの、海岸沿いのダメージは大きくて、見るのが辛くなります。
Rimg1882

私のような旅行者は大災害の感傷にジーンと浸ってれば良いかも知れないけど、この町で暮らしてる人たちは、そんな生ぬるいことも言ってられない現実が在ります。

Rimg1887

一週間を超えるお仕事も無事終わったので、休日勤務の代休としてレンタカーで最終日を締めくくることにします。

Imgp6763t

登米近辺には、伊豆沼や化女沼(けじょぬま)などのラムサール指定湿地が在ります。
この日は、朝から伊豆沼⇒長沼⇒化女沼⇒蕪栗沼と探索したものの、予想どおり沼には鳥の気配が少なかったですね。

Imgp6857

蕪栗沼は伊豆沼ほどは有名ではないものの、訪れる人も少ないし自然も豊かに残されてるんで、私のお気に入りです。冬には雁でいっぱいになる田んぼも、この季節にはサギが主役です。

Rimg1899

仙台市近郊の海岸沿いには、蒲生海岸や野蒜海岸などお気に入りのバーディングポイントが在ったけど、津波で破壊されてしまって面影もないです。

Imgp6872

諦めきれずに高速道路で南下して名取地区や亘理地区を走ってみたものの、野鳥の居た田んぼの草地は塩害で枯れてしまってて死んでます。
だけど、人が来なくなった田んぼは野鳥にとっては天国かも知れないね。

Imgp6893t

阿武隈川の河口ではホオアカに会えました。

Imgp7029

同じく、阿武隈川で見つけたオオヨシキリ。
鳴き方がへたくそだったし、表情も幼いんで幼鳥かと思う。

Imgp7051t
この日照りでは、水浴びできるカワラヒワが羨ましい。

Imgp7071t

河原でバテてたのはイカルチドリかな?
とにかく暑い日でした。

Rimg1900

名取地区の農道で見つけた赤いサンダル。
このサンダルの持ち主の子がどう成ったかと考えると、やはり感傷的に成ってしまいます。

Imgp7074

海岸地区は震災復興の作業車がたくさん働いてたけど、次の旅では感傷的に成らないほど復旧してて欲しいものですね。

|

« 大台ケ原で遊んだ夜は満天の星 | トップページ | 昆虫沼に踏み込んでしまったようで »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

沢山のアップをありがとうございました!!

カラシラサギは良かったですネッ!!

蒲生海岸は当時の野鳥撮影の第一人者との同行で3日間の木化けでのオバシギ・コオバシギの撮影がメインでしたが、その木化けの大変さと1枚の写真を発表する為の忍耐力・カメラスキル・機材及びその時は陽差しが強くて真っ黒に日焼けして顔の皮膚が爛れてしまってお客様訪問は季節外れの大マスクでの訪問での苦労にもなったことがありました!!
蒲生海岸では環境省のカスミ網での徹夜での標識調査のお手伝いという貴重な体験もしています!!

ホオアカはこの季節では高原の野鳥と思っていましたが!!

伊豆沼・蕪栗沼はこの季節での探鳥には行っていません!!

一昨日の夕刻には近所で落鳥カワセミ♂を回収し、剥製以外での初体験で翌朝に埋葬し、今朝未明は今期初めてのホトトギスの鳴き声を確認できました!!
https://picasaweb.google.com/107832426427366916108/2012719?authuser=0&authkey=Gv1sRgCJXqjfm48bqmFw&feat=directlink

カワラヒワが営巣したことがあって初めてカワラヒワの雛の給餌時の鳴き声を聞いてその鳴き声とボリュームにびっくりさせられたことがあって、今年も3回ほど営巣可能確認の為のカワラヒワの飛来を確認していたお向かいのお宅のカイズカイブキの生垣は先日全部撤去されてしまい残念賞です!!

牛タンについては自分も出張時に昼食に連れて行ってもらい少しの行列待ちはありましたがその美味しさは格別でした!!

投稿: はたやん | 2012年7月21日 (土) 07:54

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
蒲生海岸はわたしも大好きです。今回の出張前にネットで状況を調べたら、やはり壊滅的な状態が続いてるみたいですね。寂しい話だけど蒲生海岸は終わってしまったのかも知れません。
やはりと言うか当然と言うか、伊豆沼や蕪栗沼には冬場ほどのにぎわいは在りませんでした。でも、せっかく登米方面に居るのに立ち寄らないと心の区切りが着かなかったんで行ってみました。
東北の海岸は壊滅的状態だけど、内陸の自然はどうにか保たれてるのを目で見て一安心です。

投稿: Ashgarden | 2012年7月21日 (土) 11:15

出張ご苦労様でした。
当地の料理と地酒が楽しみでいいですね。
出張先で鳥撮り 一石二鳥・・・
ところで機材はどんなのを持って行かれるのですか?

投稿: gensan | 2012年7月21日 (土) 18:41

神様は居てましたね、頑張ってる人へのお土産の「カラシラサギ」さんですね、でも、いつも心配しています、郷土料理美味しいのは当然です、食べ過ぎないようにお願いたします、いろんなところ行けて良かったですね、海岸はまだまだ復旧は無理の様ですね、お仕事ご苦労様でした、今後とも宜しくお願いいたします(今日金剛山で貴殿が撮っていた、アサギマダラ撮れましたよ)

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2012年7月21日 (土) 19:02

mailtogensan、コメント有難うございます。
出張ついでの鳥見はお気軽でいいんですが、鳥の居ないシーズンに鳥の名所へ行くときは寂しいですよ。
出張は小さなスーツケースだけなので、持参できる機材は制限されますね。以前はEOS7Dと100-400ズーム+4段三脚だったけど、最近はBORG71+PENTAX K-r+一脚が定番に成ってしまいました。BORG+Pentax K-r+一脚は軽量なので出張族には有難いですね。
BORG+EOS7Dのセットも持ってるんですが、何故だかAFが合焦しづらくてお蔵入りです。また、機会が在ればノウハウを教えてください。

投稿: Ashgarden | 2012年7月21日 (土) 19:55

mailtoふーさん、この時期のアサギマダラは羽根も痛んでないんで見惚れますね。こんな小さな蝶が台湾やフィリピンまで旅するのを想像すると尊敬したくなります。

出張中はお得意様のご接待続きだったので、お腹のメタボが悪化しました。当分は食事制限が必要かな……

投稿: Ashgarden | 2012年7月21日 (土) 19:58

Ashさん、出張お疲れ様でした。
出張先でいつも美味しいものを召し上がるんですね。
私は指をくわえて見てます。
カラシラサギに遇えて良かったですね。
私は名前すら知りませんでした。
田んぼの中のサギたち、美しくて感動します。

被災地の様子、痛々しいです。
見せてくださって有難うございます。
忘れてはいけないですね、
犠牲になった多くの人たち、災害を乗り越えようとしている多くの人たちの頑張りと苦悩を。
私が幸せいっぱいに暮らしている時も、大勢の被災者の人たちが苦労なさっていること、忘れないようにしようと思います。
私は何もできなくて。
被災地の人たちが、幸せな毎日を送れますようにと、お祈りするばかりです。

投稿: スノーグース | 2012年7月25日 (水) 23:19

mailtoスノーグースさん、コメントありがとう。
被災地の様子は、ニュースやいろんな人のブログで見てきたので特に採りあげることも無いと思ってたけど、津波で消え去った集落の田んぼに残されてた赤いサンダルを見た時、ひとつの命が消え去ったのかもと思ったら辛くなりました。
震災から500日ほど過ぎて、マスコミの扱いも少なく成ったものの、いまでも被災地の方は避難生活が多いですね。

投稿: Ashgarden | 2012年7月26日 (木) 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/55240759

この記事へのトラックバック一覧です: 見逃したカラシラサギに仙台で会えた:

« 大台ケ原で遊んだ夜は満天の星 | トップページ | 昆虫沼に踏み込んでしまったようで »