« 見逃したカラシラサギに仙台で会えた | トップページ | 岩湧山に登ってダイトレを歩きました »

2012年7月22日 (日)

昆虫沼に踏み込んでしまったようで

鳥(虫?)友さんたちの作品に刺激されて、Amazonでクローズアップレンズを買ってしまいました。

クローズアップレンズにはACという種類の高級品も在ったけど、とりあえずは廉価なMCでお試しです。

Rimg1901

きょうは、昆虫の師匠のIさんといっしょに和泉葛城山に登ってきました。

Img_8230

昆虫は、半ば発酵した食べ物に集まって来るらしくて、Iさんが前の日に仕掛けておいてくれた桃の果肉にいろんな昆虫が集まってました。
上の写真は、最近ファンに成ったゾウムシ。長い鼻がゾウさんとそっくりです。

Img_8218

クワガタも美味しい果肉に釣られて寄ってきましたね。クワガタはちょっと触れただけで、ポトリと草むらに落ちてしまいます。これは他の昆虫も同じで、鳥などからわが身を守る本能なんだと、Iさんのコメント。

Img_8254

今回のサプライズは、まん丸目玉で睨みつけてるように見えるイモムシ。

これは、アケビコノハの幼虫で、蛇の顔に擬態してるとのこと。たかが虫に、これだけの知恵が在るというのは、生命の神秘でもあります。

Img_8105

黒いバッタと思ったけど、図鑑で調べたら「ヒメギス」というキリギリスの幼虫らしい。

Img_8107_2

お山には虫や鳥だけでなく、きれいな花もたくさん咲いてます。アザミですよね。

Img_8191

ベニシジミの(たぶん)雌雄。ちゅっちゅとキスをしてるみたいでした。

Img_8288

名前の不明なデンデン虫。クローズアップレンズを使うと、かなり接近して撮影できるけど、どこにピントを合わせたらよいのか難しいです。

Img_8058

オスからの交尾を受け入れる体制でお尻を上げているところ。名前は未調査。

■Jly/23/2012:おそら(雲・太陽など)の師匠から間違いを教えていただきました。
  
蝶はスジグロシロチョウといいますが、意味の解釈が真逆です。
  これは交尾拒否姿勢なのです。

Img_8154

ヒョウモンですね。

今回は、初めて使ったクローズアップレンズで難儀したけと、鳥の居ない季節には楽しい遊びが増えました。

|

« 見逃したカラシラサギに仙台で会えた | トップページ | 岩湧山に登ってダイトレを歩きました »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ASHさん、私も鳥友さんに感化され、日本の昆虫・日本のチョウ・本を買い勉強中です、鳥が居ない時は昆虫にはまりそうです、また、お会いした時お話してください、今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2012年7月22日 (日) 21:08

mailtoふーさん、昆虫の世界も深くて広いようです。鳥の居ない季節は昆虫を追いかけるのも楽しみの一つに成りそうですね。

投稿: Ashgarden | 2012年7月22日 (日) 22:19

昆虫界へもですか・・・!!/流石ですネッ!!

今年の拙宅庭は何時もの黒いアゲハ類の蝶ではなく、ツマグロヒョウモン蝶が一番多く今も飛んでいます!!

自分は探鳥を始めた頃に帰省と併せて河北潟までアシを展ばしてオオカラモズを観たことがあり、探鳥会リーダーに月例会で情報提供したところ早速に確認に行って来られたとかで感謝されたことがありましたが、当該探鳥会リーダーはマスクもさることながら学者肌でないその説明内容の奥深さ話し方・説明の上手さで特には女性陣の人気が絶大のリーダーで皆がリーダーの傍に群がるので探鳥会では移動中も含め位置取りが大変でした!!
・・・でこのリーダーはある時期から蜘蛛に関してもとんでもない造詣の深い方で本も出版されていることが分かり、蜘蛛が鳥の糞に似た模様・擬態している種類が多いことの具体的な説明の奥深さにも感銘させられ本当にその人柄と併せて尊敬させられる人物でしたが確か還暦前の若さで病没されて本当に残念でした!!
探鳥会では昆虫や植物にも造詣の深い方もよく参加されていて沢山の質問もさせていただきましたが、自分はシギ・チ類もそうなのですがその特徴と名前を記憶する能力が極めて低いようでまったく駄目でした!!
植物に至っては花がない時期では難しかったり、その人間のかかわりによる品種の多様化が激しく名前を覚えても無駄が多いとも考えてもいます!!(高山植物は異なるとは思いますが!!)

投稿: はたやん | 2012年7月23日 (月) 10:04

お師匠さんと昆虫観察、いいですねぇ。
いつもの通り、あまり深く多くを書こうとは思いません。
いろんなものに興味をもつのは、物事をより深く理解する
助けとなるでしょう。
下から2番目の蝶はスジグロシロチョウといいますが、意味の
解釈が真逆です。これは交尾拒否姿勢なのです。

投稿: Shin`s | 2012年7月23日 (月) 12:34

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
ついに昆虫沼にはまり込んで、足が抜けなくなりそうです(笑)
鳥の世界も広くて深いですが、昆虫の世界はまったくの初心者なので驚きの連続です。アケビコノハの擬態など、どうして虫ごときにこんな知恵が備わったのかと不思議に思います。
ましてや、お花などはまったくの無知なので、今回のフィールドでも網膜には映っただろうけど、まったく覚えていません。
いろんな世界に触れれることは、心が豊かにも成れることと喜んでいます。

投稿: Ashgarden | 2012年7月23日 (月) 15:05

mailtoShin'sさん、毎度ながら校閲作業をさせてしまい恐縮です。鳥の世界でさえも初心者の域を出れない私が昆虫まで見ることは無謀かと反省してますが、いろんな世界があることを知って、とてもうれしいです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: Ashgarden | 2012年7月23日 (月) 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/55254900

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫沼に踏み込んでしまったようで:

« 見逃したカラシラサギに仙台で会えた | トップページ | 岩湧山に登ってダイトレを歩きました »