« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

カラシラサギ来ないのは私のせいかも

今回は一羽のサギを見るために三日も通ったのにボウズだったお話。

20120512_162737

近所の干潟にカラシラサギという珍鳥が来てることは鳥友さんのブログで気づいてたものの、「たかがサギごとき」をわざわざ見に行くモチベーションが湧きません。

でも、三連休初日の朝に鳥友のOさんから「来てるよ、珍鳥だから見た方が良いよ」とアドバイスメールが届いてました。

きょうは近所のお山でオオルリやホトトギスに会いに行くつもりだったんで、念のために干潟を覗いてはみたけど、サギの姿が無かったので予定どおりにお山へ向かいましたが。

20120622_124551

数日前の台風のせいで、お山は大変なことに成ってました。

写真のように道路が部分崩落してて、車は通れません。
(この後、フェンスも設置されて単車さえ通れなく成ってしまいました)

Imgp5432t_2

オオルリポイントでは曇天の空抜けを承知で何枚か撮ってみたものの、腕がヘボイせいか光の加減か思いどおりの写真が撮れなくて…。

その後干潟に立ち寄ったら、「一時間前まで居たけど」とのこと。

Img_7788

バーディング初日は失意のうちに終わりです。
でも、帰路の空で見た季節外れのすじ雲が幻想的で良かったな。

Img_7869rt

二日目も、Oさんに教えてもらったオオルリポイントへ直行だけど、目的地への道路が閉鎖されているんで、大回りしないとだめ。

すでに、Oさん他のバーダーさんが三脚を立ててオオルリの出番を待ってました。
ここのオオルリは、わずか10メートル先の木できれいな姿と美声を堪能させてくれます。

Img_7881r

今年はオオルリをじっくり見る機会が無かっただけに、間近で見れたことだけで感激です。

20120624_160951

お山の後の所用も済ませてカラシラサギの干潟へ行ったものの、鳥友さんからは「一時間ほど前まで居たけど、飛んで行ったよ」とのこと。
嗚呼、今日も会えなかったか。

20120624_135557

三日目は、別の鳥友さんからのお誘いもあって、所用は午前中に済ませてリベンジのため干潟へ直行です。
でも、今日は朝から姿が見当たらないとのことで、バーダーさんたちも手持無沙汰。

Imgp5502t

お目当ての鳥こそ居ないものの、心地よい汐風をあびて海を見ながら過ごす午後も格別です。

Imgp5545t

ここの草むらにはチョウゲンボウも虫を食べにやってきます。

Imgp5641t

近くに来てくれる鳥は、ムクドリやセッカ程度。セッカは舞い降りるや否や草むらにもぐりこんでしまうので、なかなか良い写真を撮らせてくれません。

Imgp5584

嗚呼、これがダイサギでなくてカラシラサギならばなぁ。
日没前まで待ったものの、タイムアップで三日間のチャレンジは終わりです。

鳥運が悪い奴が一人でも居ると鳥が来ないジンクスは知ってるけれど、カラシラサギが来てくれなかったのは私の鳥運が悪いせい?

Imgp5688

今回から雲台をマンフロットに変えました。

これまでの雲台よりかなり重いものの、全方向にスムーズにレンズを向けれるので、動き回る鳥を撮るのが楽に成りそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

金星の太陽面通過 / Transit of Venus

ずっと厚い雲に覆われてたけど、30分粘ってやっと撮れた。

Img_7077t_2

7:52AM JST

さあ、はやく会社に行かないと遅刻だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

人慣れしてるチョウチョに会った

今週末は特に出張予定もお出かけ予定も無いんで、近所をブラブラとバーディングです。

Img_6478

二色の浜海水浴場に注ぐ近木川河口は、キョウジョシギやチュウシャクシギで賑わうお気に入りの場所なんだけど、数年前から工事のために閉鎖されてます。

20120602_100506

工事計画ではワンドを作るための工事らしいけど、元は土手だった場所をコンクリートで囲った水路にしたあげく、またもや掘り返してワンド作りですか……もう、無駄な公共事業はうんざりです。

20120603_115532

河口には目ぼしい鳥も居ないようなので、近所の山までドライブです。
頂上は標高900メートルにも満たないんだけど、市街地よりも7~8度も気温が低いので、避暑には持ってこいです。

Img_6601t

通称「カケスの谷」では、その名のとおりカケスが何羽か居るものの、遠くを飛びすぎるだけで、つまらない。

Img_6517

目ぼしい鳥が居なかったけど、偶然居合わせた人がチョウチョの写真を撮っていて、色々と教えてもらった。
勝手にチョウの師匠とさせてもらいます。

これはミスジアゲハ   三本の白い線が特徴的ですね。

※チョウの師匠からのコメント:コミスジです。

Img_6747

これはジャノメチョウのようだけど 、図鑑とは目の数が違うので、同定に不安あり。

※チョウの師匠からのコメント:ヒメウラナミジャノメです。

Img_6770

これはシジミチョウ? うーん、蝶は解らん!

※チョウの師匠からのコメント:キタテハです

Img_6866

同定ギブアップ(1)

※チョウの師匠からのコメント:サカハチチョウ春型です。

Img_6921

同定ギブアップ(2)

※チョウの師匠からのコメント:スミナガシです。

Img_6985

近くで鳥の写真を撮ってた初対面の人の帽子に「同定ギブアップ(1)」が…

※チョウの師匠からのコメント:サカハチチョウ春型です。

この後、私の腕にもずっと止まり、わたしが無理やり草に移すまで、ずっと居てくれました。

なんだか、チョウに信頼されたような気がして、ちょっと幸せに成れました。

Img_7033t

お山にはチョウチョの他にも色んな昆虫がいて楽しかったです。これは、ゾウムシの一種でパンダゾウムシなんだとか。昆虫の世界も広くて深いんで興味津津です。

※チョウの師匠からのコメント:オジロアシナガゾウムシです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »