« 金環食は晴れて欲しいね(加筆あり) | トップページ | 人慣れしてるチョウチョに会った »

2012年5月26日 (土)

バラ園でテントウ虫の変態見っけ

きょうは、浜寺公園のバラ園まで遊びに行ってきました。

Rimg1816


春の気候が不順だったためか、今年は開花が遅れてて、この週末あたりが見ごろのようです。

Rimg1795


バラの香りをか嗅ぎながら園内をしてたら、ある木にだけテントウ虫が何匹も居ます。

この木から、テントウ虫が好きな精分でも分泌されてるんだろうか?

Rimg1804

成虫は愛らしい姿なのに、幼虫時代はもろにグロい毛虫なんですね。

Rimg1807t_3

抜け殻です。

Rimg1800

ネットで検索したら、ナミテントウの黒地に赤2紋タイプだとか。

このタイプは西日本に多いらしいです。

ちょうど変態の時期らしくて、幼虫と抜け殻と成虫が同時に見れました。

|

« 金環食は晴れて欲しいね(加筆あり) | トップページ | 人慣れしてるチョウチョに会った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に昆虫に於ける変態は画期的であってびっくりさせられます!!
拙宅の庭の梅の樹にはアブラムシが着くのでニジュウヤホシテントウ虫が食べているのを度々観ていますし、陽の当たる石の下でダンゴムシ同様に集団で越冬しているのを観ることもあります!!
近くの利根川土手道路から巣の中を見下ろせるところで営巣していたハシボソガラスは24日には1羽の雛が居た筈なのですが今朝では巣が一部壊れたような様子になっていて雛は確認できず親鳥も近くの道路標識から巣を見下ろしていましたが騒いでもおらず出入りする様子もなく何があったのか分かりません!!
自分が我儘勝手に個人整備している団地内公園グランドの周囲の高木で営巣したハシボソカラスは一昨年・昨年と各々2羽の雛を育てていましたが飛べるようになる前にそれぞれ落下してしまい一度は危険をおかして巣へ戻したこともありましたが巣立つことは無く全滅でした!!
今年も別の樹に営巣はしたのですが雛に餌を運ぶ様子は未だ観られません!!

投稿: はたやん | 2012年5月27日 (日) 12:22

mailtoはたやん、いつもコメント有難うございます。
スズメやカラスが営巣環境の悪化のために個体数を減らしているというニュースを知り、辛い気持ちです。
同様のことがハシボソガラスなどの鳥類にも起こってるんですね。

鳥も住めない環境が人間に良いはずはないので、心苦しいです。

投稿: Ashgarden | 2012年5月27日 (日) 15:20

『スズメやカラスが営巣環境の悪化のために個体数を減らしている・・・』
>>
>自然豊かなここ利根川中下流域では全く上記のような状況はありません!!
右隣が2週間の鹿児島実家旅行で留守にされたら早速に2階の戸袋にムクドリが営巣してその隣の1ヶ月前に引っ越されて売りにだされたお宅も同様でありご近所には幾つものツバメの巣があって育雛中であってキジバトが営巣場所を探してご近所の2階ベランダの屋根下の戸袋の小屋根の上に小枝を運びこむので人間側は傍聴ネットを張ってキジバト撃退作戦に大変で、また冬季用のスズメの餌を少し撒くだけで巣立ち雛を連れたスズメが直ぐに20羽超は集まってしまいます!!
因みに今朝の05時前から06時前の利根川土手往復6kmチャリ探鳥では以下を確認できていて引っ越してきた来た30年前と変わりません!!
カワウ・ハシボソカラス・キジ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・カワラヒワ・コゲラ(鳴き声)・ハクセキレイ・ヒバリ・ホオジロ・セッカ・オオヨシキリ・ツバメ・ウグイス・アオサギ・コサギ・チュウサギ(アマサギ・ゴイサギは確認できず)・カルガモ

投稿: はたやん | 2012年5月27日 (日) 18:14

mailtoはたやん、自然豊かな利根川の近くにお住みとはうらやましい。
霞ヶ浦にもすぐ行けそうですね。
妙義の鼻へはチュウヒを見に二度ほど行きましたが、オオジュリンなども、すぐ近くで見れて感激しました。

このままで、豊かな自然を維持したいものです。

投稿: Ashgarden | 2012年5月27日 (日) 20:54

度々で失礼ですが・・・!!

30年前に横浜からここに来て団地裏の田圃では田植えの時期には予想もしていなかったムナグロ・キョウジョシギ・チュウシャクシギの渡り混群やタシギが観れたりするのでびっくり仰天で・・・、
ホトトギスやカッコーの渡りのルートでもあり毎年鳴き声も楽しませてくれて・・・、
近くの観光遊覧セスナ飛行もやっている飛行場ではこの時期は間違いなくコジュリンが居て探鳥用の用水未舗装土手小路では雲雀の巣を踏みつけないように気配りしながらのコジュリン探鳥であり・・・、
また霞ケ浦の南では冬季に70羽前後のオオヒシクイが毎年楽しめ、50km利根川を下れば土手からオオセッカも観察できてでもあって、恒例年次行事の野鳥フェスティバルも山階鳥類研究所のある近くの手賀沼河畔での開催もされて・・・、
2年前に空き家になってしまいましたが渡良瀬遊水地が見渡せるところにかみさんの実家もあったので冬季では遊水地内の所定の場所にワシタカウオッチャーの大砲カメラを構えた溜まり場もありでありました!!

投稿: はたやん | 2012年5月28日 (月) 09:20

mailtoはたやん、コメント有難うございます。
渡りルート上にお住まいとは、これまた羨ましい。
カッコウの類いには北海道まで遠征して何度か会えましたが、残念ながら私の住む地域では希少ですね。

投稿: Ashgarden | 2012年5月29日 (火) 07:33

この週末が見頃なんですか?
良かった!
まだばら園は行ってないのです。
週末には中之島か靭公園に行く予定。
沢山人が来てないといいな。
ところで花と虫の観察
何だかのどかでいいですね。
私も花を見るとき位は日頃のバタバタを離れ、優雅に長閑にゆっくり時間を凄そうと思います。
とりあえずは仕事を片付けなきゃ…

投稿: KAKO | 2012年5月30日 (水) 09:40

mailtoカコさんは忙しすぎるお人やもんね(あまり他人様のことは批評できる立場じゃないけど)。

バラ園、良かったですよ。
特に、ダマスクローズ系のお花は高貴な芳香がプンプンします。

目で楽しんで、香りでアロマですね。

投稿: Ashgarden | 2012年5月31日 (木) 07:22

おはようございます。
60年目のびっくり
田舎にいながら知らなかった!!
てんとう虫の幼虫は毛虫・・・
毛虫はすべて蝶になると思っていた

投稿: massan | 2012年6月 2日 (土) 05:41

mailto園芸家のmassanでも知らんことが在るんやね。
蛇足ながら、テントウムシが居た木にはアブラムシの死がいがいっぱい在りました。アブラムシはテントウムシの大好物らしいね。

投稿: Ashgarden | 2012年6月 2日 (土) 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/54803867

この記事へのトラックバック一覧です: バラ園でテントウ虫の変態見っけ:

« 金環食は晴れて欲しいね(加筆あり) | トップページ | 人慣れしてるチョウチョに会った »