« 入った早々しかられる店 | トップページ | 久しぶりの函館でした(2012年4月) »

2012年4月 6日 (金)

故郷は悪天候だったけど魚は旨かった

3月29日からの一週間は、北陸の芦原温泉に在る某医療機関への出張でした。

出張でいろんな町に行けるのは嬉しいもんだけど、生まれ育った北陸への出張は心躍りますね。

20120331_192933

前半の三日間で仕事のめども着いたんで、日曜の夜は金沢の片町へ繰り出して独り酒。
片町には、ぼんぼりというひいきのお店が在って、北陸の海の幸を肴に遊穂(ゆうほ)という地酒を飲むのが最高です。

20120331_194826

この夜の肴は、真鱈の白子の焼きものと、ゲンゲ、ハタハタ。冬の北国の海の幸ざんまいですね。
ゲンゲはグロテスクな外観だけど、ゼラチン質たっぷりのヘルシーで美味しいお魚です。

20120331_193032

出張先での独り酒は寂しい時もあるけど、ぼんぼりでは女将さんや板さんの「適度の」気配りで楽しく呑めました。

20120401_103155

翌4月1日は朝から悪天候だったのでバーディングは諦めて、能登半島の七尾市まで両親の墓参に行ってきました。私が住む大阪から能登半島までは遠すぎて、お盆や彼岸の墓参は行けないのが後ろめたいんだけど、やはり墓参を済ませた後は心が安らぎますね。

20120401_194641

この夜は富山市に住む兄との呑み会。七尾から海岸づたいに氷見漁港を経て富山市の岩瀬浜に着いたのは夕暮れで、夜には兄の家族といっしょに地物の魚を食べさせてくれる好っちゃんで食事です。

20120401_194654

好っちゃん(よっちゃん)は、素材にこだわりをもったご主人のお店で、富山の美味しいお魚を堪能できます。

20120401_183416

越中バイと呼ばれるバイ貝が最高ですね。富山湾の1000~1500メートルの深海に棲むオオエッチュウバイは、都会の居酒屋で食する小粒のバイ貝とは歯触りも味もまったく違います。ほろ苦いお尻も美味です。

20120401_185946

今回はホタルイカのお刺身を食べるのが夢だったんだけど、悪天候続きで漁が難しい日が続いてて生のホタルイカは難しいかも。

ダメ元でご主人に聞いてみると、「一人前だけなら在るよ」との嬉しい返事。

物流が発達してからは全国でボイル物や沖漬けが食べれるけど、刺身となると話が違います。

有名な話だけど、ホタルイカの内臓には小さな寄生虫が居て、宿主が死ぬや否や内臓から身体に移動するんで、刺身で食べるには新鮮なものを手早く調理して内臓を取り去る必要があるらしい。だから、ホタルイカの刺身は地元の富山でしか食べれないんですね。

20120401_184335

富山グルメは他にもたくさん在って、氷見ブリも美味しいし、魚津漁港では冬場のカワハギを「魚津寒ハギ」というブランドで売り出してます。
カワハギは肝が主役なので、身が可哀そうですね。かすかにビターな肝で呑むお酒は最高です。

20120402_082940

兄との再会の楽しい夜を過ごして、翌日は富山新港の海王丸バードパークへ立ち寄ってみたんだけど、あいにく野鳥園は工事中で入れませんでした。
背景の立山連峰も、この日はかすんでました。

Imgp7440

4月3日と4日は、芦原温泉での仕事の後半戦。

やっと仕事から解放されて、待ちに待ったバーディングを始めようとしたら、運悪く記録的な春の嵐の襲来です。

Imgp7553r

今回のバーディングの成果は、帰阪途中で見かけたミサゴだけの悲惨な結果だったけど、冬の北陸グルメと温泉を満喫できたんで、かなり幸せな出張でした。

|

« 入った早々しかられる店 | トップページ | 久しぶりの函館でした(2012年4月) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
いつも
出張での出会いに、美味しい料理
仕事を終えたひと時楽しそうです。
今回は地元で、墓参も団欒もでき
良かったですね。

投稿: massan | 2012年4月 7日 (土) 05:07

mailtomassan、いつもコメントありがとう。
今回は故郷方面への出張だったんで、ちょっとはしゃぎすぎ+食べ過ぎたと反省してます。
鹿児島では、美味しいキビナゴの刺身を食べた思い出があるけど、あんな小さな魚を一匹づつ料理してもらったことを思い出すと感激ですね。

投稿: Ashgarden | 2012年4月 7日 (土) 08:23

出張ご苦労様です!!
自分は富山の水橋漁港の傍に実家があり18歳までいましたがゲンゲの味噌汁はおふくろがよくつくってくれました!!
好ちゃんは自分の母校の直ぐ傍のお店ですネッ!!
因みに自分の名前には好の漢字があって従って親族内ではよっちゃんと呼ばれていてメアドにも遣っています!!
ケリは大阪時代当時では淀川の河川敷中州や富山では帰省時に浜黒崎海岸から内陸に500mくらい入った広い空地では大きな群れをよく観かけていました!!
ミサゴはここ茨城県南部の小貝川が利根川に合流する場所ではチョウゲンボウ・オオタカと共に普通に観られています!!
ソフトボール同好会のメンバーの家の庭の椿の樹にモズが営巣し31日に未だ眼が開いていない雛4羽を確認しましたが3日の暴風で巣が壊れて全滅してしまいました!!

投稿: はたやん | 2012年4月 7日 (土) 08:33

はたやん、いつもコメントありがとうございます。
なるほど、メアドがよっちゃんだったんですね。気づきませんでした。
富山は海の幸が豊富なことと、弟思いの兄からのご馳走攻め(?)で、いつ行っても食べ過ぎ&飲みすぎてしまいますね。でも、とっても幸せなひと時を過ごせました。今回はバーディングのためにレンズを3本持参しマイカーで赴いたんですが、あいにく仕事でてこずったのと悪天候が重なって、期待してたほどの鳥には会えませんでした。実は、あと数時間後に函館出張のために関西空港へ向かいます。函館へは今週と来週の2回出張するので、いろいろと遊べそうです。乞うご期待!

投稿: Ashgarden | 2012年4月 7日 (土) 09:11

いつもブログ楽しみに拝見させていただいています、鳥撮りは残念でしたが、美味しいもの食べて長生き出来るから最高だと思います、鳥は毎年やってきます、年をとっても間にあいます、でも、仕事と鳥撮り羨ましいです、その上、その土地の特別料理良いですね、今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2012年4月 7日 (土) 19:36

北陸への出張ご苦労様でした。
鳥撮りは残念でしたが、
酒と魚津寒ハギの肴での一杯は羨ましい。(^_^)
鳥撮りと出張兼ねての仕事はいいですね、!!

投稿: gensan | 2012年4月 7日 (土) 20:57

mailtoふーさん、富山には兄が住んでるので、出張の際には大歓待してくれます。おかげで、呑みすぎ&食べすぎで翌日に後悔します。
今回、強風もあって鳥は残念でした。

投稿: Ashgarden | 2012年4月 8日 (日) 04:12

mailtogensan、ウマズラハギの肝で呑むお酒は格別ですね。バイガイのお尻や真鱈の白子のほろ苦い味もお酒に合います。

投稿: Ashgarden | 2012年4月 8日 (日) 04:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/54398795

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷は悪天候だったけど魚は旨かった:

« 入った早々しかられる店 | トップページ | 久しぶりの函館でした(2012年4月) »