« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月19日 (月)

入った早々しかられる店

あきらかに誤字なんだけど、入り口のドアに「非難口」と書いてあった。

20120319_120059

ここは、横浜の某医大病院近くの中華料理屋さんなんだけど、ボリュームがあって安いんで、お昼には満員ですね。

20120319_120014

お店の中のポスターで笑ってしまったのは、去年の8月から期間延長し続けてる「大盛り無料サービス」。 客としては安く食べれるのは大歓迎です。

大阪には、やっと今晩の最終便で戻れそう。(かな?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

雨のヨコハマでお独り様も楽し

きょうから三日間の横浜出張。

20120317_181617

横浜は中華街や外人墓地など観光名所は多いけど、出張での独り旅では行動範囲も限られてしまいます。

たった一人で円卓の中華料理は食べれないし、ミニのおねーさんが両脇に座ってくれる伊勢崎町にも興味ないし。増してや、惨めな雨の夜だし。

馬車道近くのホテルにチェックインして近所をうろつくと、けっこうショットバーが多いですね。

20120317_184339

ここには、何件かの老舗JAZZバーも在るんだけど、残念ながらそのうちの一軒の「ジャズメンクラブ」は、オーナーさんが2月に急死したために廃業したらしいです。

そんな訳で、今晩はもう一軒の老舗の「エアジンジャズクラブ」で遊んできました。

20120317_185707

天井に張られた浅川マキLIVEのポスターが、お店の年季を感じさせてくれます。

20120317_202031

出張では、取引先の同行者のご接待のために美味くないお酒が多いんだけど、こうしてJAZZを聞きながら独りバーボンを飲んでると、至福の時間がゆっくりと流れてゆきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

札幌周辺探鳥記(2012年3月)

クリスマスから年末年始にかけて無休の出張ざんまいだったので、かなり自虐的に成っているようで、周囲から「最近、愚痴が多いですね」と指摘されてしまった。

こんな時は自分にご褒美をあげるべきだと考えて、4泊5日の札幌周辺バーディングをしてきました。

■3月1日(木) シマエナガとの出会いに胸ふくらませて出発

20120301_072742

AM8:00のANA便で関西空港を出発です。
関西空港はLCCのPeach航空が今日から就航するんで、取材ヘリが何機も飛んでましたね。
伊丹空港に多くの路線を取り戻されて以来寂しい思いをしてた南大阪住民にとって、関西空港の復権は嬉しいニュースです。

Imgp6433

今回の旅のお楽しみは北海道にしか居ないシマエナガに会うこと。
シマエナガは、顔が真っ白でふっくらとしてて、身体もメタボ体型がとても可愛いです。

Imgp6435

十和田湖を眼下に見ながら約2時間のフライトで新千歳空港に到着して、レンタカーに乗り換え。
今回の旅行はレンタカーを借りっぱなしで札幌周辺の探鳥地をくまなく回るつもりです。

20120301_113421 

最初に向かった勇払原野の東の鵡川町(むかわちょう)は「本物のシシャモ」の産地として有名ですね。(豆知識:ソフトバンクのお父さん犬のカイくんは鵡川の出身です)

ちょうどお昼前に町に着いたので、町内のカネダイ大野商店に立ち寄ってみました。

このお店は創業90年近くのシシャモ専門店で、本物のシシャモしか取り扱っていないのが自慢だとか。

ちなみに、わたしたちがスーパーで買って食べてるのはカペリンと言う魚で、本物のシシャモとは違います。

20120301_114418

お店の中で食事もできて、オス5ひき+メス5ひき+ご飯+味噌汁のセットが1400円。
ちょっとリッチな昼食だったけど、すごく美味しくて幸せだった。
ちなみに、オスのほうが脂が乗ってて味が濃いんだとか。

20120301_130909

シシャモご飯で腹ごしらえしてから向かったのが鵡川河口。
ここはコミミズクが立ち寄る場所として有名で、今年も正月あたりはお祭り状態だったらしいけど、すでに道東方面に抜けてしまった後らしい。

Imgp6442

コミミズクは居ないと聞いてても諦めきれずに河口の人工干潟に向かうと、遠くを飛ぶ大きな鳥が……

おお、なんとオオワシが目の前を飛んでましたよ。
冬の北海道にはオオワシやオジロワシが飛来して、それを目当てのバーダーさんも多いんだけど、オオワシに遭遇するチャンスはかなり少ないです。もっとも、道東あたりの観光船で見に行けば餌付けでメタボなオオワシやオジロワシには会えるけどね。

Imgp6469t

対岸の木にはオジロワシも居ましたが、かなり遠いです。
気温は氷点下なのでカメラのバッテリーが仮死状態に成り、ほんの数枚シャッターを切っただけで電池切れに成ってしまいます。

20120301_142300

情報では、夕方まで待てばハイイロチュウヒに会えるかも知れないらしいけど、その数時間が待ちきれなくて沙流川(さるがわ)沿いの二風谷(にぶたに)まで走ってみました。
二風谷にはアイヌの萱野茂さんが戦後まもなくから収集したアイヌ民具の資料館が在り、アイヌの暮らしや文化を知ることができます。

20120301_142818

アイヌの血に誇りを持ち、アイヌの文化や歴史が消え去ろうとしていることに危機感を抱いて、民具の保存活動に私財を投じた萱野さん。国会議員としてアイヌの人権の復権に活躍されましたが、惜しいことに2006年に他界されましたね。

そんなアイヌ文化資料館も、冬季なので閉鎖されてたのががっかりだけど、当然でもありますね。

Imgp6532

この日の日没は17時20分ごろ。日没前に成ると周囲の田んぼなどで過ごしてたハクチョウたちがねぐらに戻ってきます。
今日はコミミズクにもハイイロチュウヒにも会えなかったけど、オオワシに会えたんで好調なすべり出しですね。

今晩は苫小牧市内のビジネスホテルで宿泊です。

■3月2日(金) 野鳥が手のひらに止まるのも考えもの

北海道大学の苫小牧研究林はJR苫小牧駅の北東3キロメートルほどに位置して、約3000ヘクタールの広大な森林です。

この森が好きで何度も通ってるけど、ここの小鳥たちは異様なほどに人慣れしてて、手のひらに乗ったりカメラのレンズに止まったりします。

Img_4550_2

その訳は、公園を散歩する人たちやバーダーたちが小鳥にエサを与えているからなんだけど、あまりにも人懐こすぎて不自然な感じです。
胸にネクタイの小鳥はハシブトガラなのかコガラなのか不明。とても似てるんで同定が難しいです。

Imgp6617_2

確かに、食料の乏しい冬季にの鳥たちにとっては命を繋ぐ貴重なプレゼントなんだろうけど、興味本位で飼いならしてしまうのはルール違反じゃないだろうか。
北海道固有種のミヤマカケスに近寄っても逃げません。

Img_4523_2

公園を流れる小川は、管理棟から少し下ったあたりで池に成っていて、ここではカワアイサなど多くの水鳥たちが集ってます。

ここで、三脚を倒してBORGのレンズを真ん中で折ってしまうと言う、とんでもない失敗をしでかしてしまいました。
今回は予備としてEOS7D+100~400ズームは持参してるものの、やはりBORGで撮りたかったので意気消沈です。
悩んだあげく、BORGを買ったバーダーショップ フジノさんに電話で相談したら、ヘリコイドと鏡筒の間の変換リングを取り外して直結する方法で回避できることが解りました。

Imgp6550_2

フジノさんのお話だと、ヘリコイドと鏡筒は径が同じものの、ネジのピッチが若干違うので深くはねじ込まないで欲しいとのこと。
まるで、故障したイオンエンジンを回避して別系統の燃料パイプに繋ぎ換えたハヤブサのような裏技での応急措置ながら、なんとか遠征中はしのげそうなので、フジノさんに大感謝です。

ホオジロガモも幸せそう。
きれいな環境で暮らしてる野鳥たちを見てると、こちらの方が幸せいっぱいな気分に成れます。

Imgp6629

私が住む地域ではありふれたチュウサギも、北海道では少ないらしいですね。

ここには人慣れした水鳥たちの他にも、カワセミやミソサザイ、ヤマセミなどが生息してます。この日も、一瞬だけヤマセミのすがたを見かけたもののカメラの準備をしてる間に消えてました。(涙)

Img_4654

公園で遊んでると、時として大きな爆音とともに戦闘機が通過します。ここは、新千歳空港にも近いので自衛隊の千歳基地の飛行コースでも在るわけですね。

Img_4676

林を歩いて取水場を過ぎたあたりにエゾフクロウが居ました。ここのフクロウは昨年も一昨年も営巣に失敗してるらしいので、今年こそは成功して欲しいです。

Img_4702

コツコツと控えめで小さな音で虫を探すのはコゲラ。この森にもたくさんいます。

この日見かけたバーダーさんは20人程度。3000ヘクタールの森を20人のバーダーでシェアするんで、ストレスなしに遊べます。

Imgp6642t

ふと空を見上げるとオジロワシが舞ってました。
シマエナガとは朝の一度だけの出会いだったので、ウトナイ湖まで探しに行くことにしました。

20120302_133349

公園で知り合った女性たちにウトナイ湖へ移動すると言ったら、湖の近くの三星(みつぼし)の豆パンがお勧めだよって教えてもらった。この会社は小林多喜二の祖父が創業し、苫小牧では有名な菓子メーカーのようです。

20120302_134716

これがお勧めの豆パン。素朴な味が良かった。

20120302_133548

ハクチョウをかたどったクッキーが乗ってるハクチョウぱん。クリームが美味しい。

Imgp6663

ウトナイ湖は湖面が氷結してたし、ネーチャーセンターも休館日だったので、野鳥の成果はいま一つですね

Imgp6657

林をあるいてるとPeach航空のジェット機が通過。この湖は新千歳空港の離着陸コースに在るんです。

Imgp6655

まだ午後三時台なんで、ウトナイ湖はあきらめて石狩川河口の猛禽類を見つけに行くことにしました。

苫小牧から石狩川までは道央道を経由して約80Kmの距離。高速道路は空いてて快適に走れたものの、一般道は交通渋滞で思うように進めません。

Imgp6792t

やっとの思いで現地に着いたのが4時半ごろ。少し暗くなりつつある河口に降りて対岸を見ると、数羽のオジロワシが居ました。でも、かなりの距離なので見づらかったな。

Imgp6749t

暗いので、ほぼシルエットですね。

Imgp6706

この日も陽が暮てウミアイサもシルエットに成ってきたので、バーディング二日目は終了。

夜には、北大近くの北18条に在る小さな居酒屋「ゆかり」で、札幌在住の女性画家Nさんと呑む約束です。

20120302_191802

「ゆかり」は、東京大学の教授を退官した宇田川洋氏が、手打ちうどんを食べさせる居酒屋を目指して開業したお店です。(これは数年前にゆかりを訪れた際のブログ

北海道では、真冬でもザル蕎麦やザルうどんを食べます。関西人には異様に思えるんだけど、北海道ではザルは通年メニューらしいですね。

この夜はNさんと二次会まで呑んで、ホテルに戻ったのは日付が変わってからでした。

それにしても、Nさんはザル(=お酒が強い方)です。北海道のザルは麺類だけじゃ無かったみたい。

■3月3日(金) 鳥がダメならグルメが在るさ

きょうは、数年前の札幌バーディングの際に知り合った、地元バーダーのKさんの案内で西岡水源地で遊びます。

最寄駅の地下鉄澄川駅で午前8時に待ち合わせ、彼の車で目的地へ。

20120303_093802

西岡水源地(西岡公園)は、戦時中の陸軍が公共施設の水源地として建設したもので、札幌市の南側にあります。

Imgp6812

この公園は近所の住民の散策コースでもあるので、ヤマガラなどの小鳥や小動物たちは人慣れしてます。
きょうの天候は晴れ時々雪。青空と雪が交互に訪れます。

Imgp6807

カケスが止まっているドウツトウヒの実はエゾリスの好物なので、エゾリスも実を食べに木のぼりします。ちなみに、リスが実を食べた後の芯の形が海老フライに似てるんで、地元の人は食べ残しのトウヒの実を海老フライと呼びます。

Imgp6827

エゾリスはシマリスなどと比べると巨体で、子猫くらいの大きさです。かなり人慣れしてて、足もとまで寄って来るので、望遠レンズでは尻尾くらいしか収まらないのが問題ですね。

Imgp6854

キバシリの外観は樹皮とそっくりなので、動くまでは見つけれないです。

公園を流れる渓流沿いにカワガラスやシマエナガを求めて散策してたものの、雪の勢いが納まらないので、雪雲を避けて札幌市の南東にある野幌森林公園に移動することにしました。

20120303_124116

大沢口の駐車場でかなり長い時間雪の止むのを待ってみたものの、回復しそうにないので、すすきの駅近くに在るKさんお勧めのLITTLE JUICE BARというお店でランチすることにしました。

20120303_120512

とてもヘルシーなランチ。

20120303_115633

このお店の「売り」は、100%果汁のジュースと有機野菜をふんだんに使ったランチ。
お店のスタッフは野菜などの素材に詳しい野菜ソムリエで、それぞれの野菜の産地や特徴などを教えてくれます。

20120303_124133

このお店の建物は、かつての豪商が衣装蔵として使っていたもので、外回りは札幌近辺で産出された札幌軟石でおおわれています。

20120303_123819 

内部は100年以上前に建てられた当時のままで、木の優しさと暖かさを感じてくつろげますよ。

20120303_151124

食事を終えても市内の天候は回復しそうにないので、雪雲を避けて千歳川沿いの長都沼(おさつぬま)まで移動です。こんな日は車が便利ですね。

Imgp6914

長都沼ではチュウヒとの出会いを期待して粘ってみたものの、雪は止みそうにないので、バーディングを早々と切り上げて札幌市内に戻ることにします。

20120303_161933

市内への帰路で立ち寄ったのが、北広島の三井アウトレットパーク近くに在るKさんお勧めのソフトクリーム専門店Welcow

20120303_161158

このお店は中標津(なかしべつ)出身の若夫婦が全国行脚の研究旅行を踏まえて開いたもので、出身地の中標津の牛乳をイタリア製の機械でソフトクリームに仕立てます。

スプーンでクリームをすくおうとして驚いたのが、クリームの濃さ。ねっとりと重たいクリームは都会で売ってるものと別物です。

味も濃いんで感動してると、Kさんが「冬場の方が味が濃いですね」と教えてくれた。

20120303_180914

その後、おおどおり駅近くのオーパスワンというダイニングバーで反省会。
Kさんはアルコールを少ししか飲まない人なので、ビールを飲んでの反省は私が主役。
牡蠣はわたしの故郷の能登産が旨いけど、厚岸産もかなり旨かったな。

■3月4日(日) エナガはダメでも想定外の出会いが在って

遠征4日目は、本命のシマエナガとの出会いを求めて、昨日は雪であきらめた野幌森林公園に再チャレンジです。

20120304_074455

しかし、ホテルから公園に向かう高速道路は、かなりの積雪です。

20120304_085841

公園には8時ごろに到着できて、大沢口の駐車場から林に入ったものの一面の銀世界で散策路には人の足跡も見当たりません。やはり、冬の雪国は天候が厳しいです。

Imgp6937

きょうもダメかもと諦めモードで歩いてたら、近くでコツコツと木をつつく音が。
北海道にしか居ないヤマゲラが近くの木で虫を探してました。

Imgp6953

ほどなくアカゲラも飛来。雪に覆われたモノクロームの季節に、アカゲラの赤は印象的です。

Img_4748

大沢園地近くには何匹かのエゾリスが住み着いてて、ひょうきんなしぐさを見せてくれます。このリスもエサをくれる人間に慣れてるようです。

20120304_121412

ここは広い公園なので、シマエナガを探して歩きまわるののも大変です。そこへ、札幌在住のマイミクKゴンさんから「自然ふれあい交流館のエゾサンショウウオが可愛いよ」ってメッセージが届いたので立ち寄ってみました。
生まれて3年も経ってるのに体長10センチも無いです。目がとび出てて可愛いです。

Imgp6981

慣れない雪道歩きでパンパンに張った腰をいたわりながら3周目の探索をしてると、近くで大き目の音でコツコツが。

なんと、想定外のクマゲラに出会えました。
この公園にはクマゲラが飛来するとは聞いてたものの、探せば見れると言うものでもないので期待はしてなかっただけに、この出会いは嬉しいです。

Imgp7270

夕暮れも近く成って陽も弱くなったので、大沢口のゴジュウカラとお別れして、今晩の宿泊地の千歳市へと向かいます。

■3月5日 証拠写真特集ながらも豊富な出会いに感激

夕きょうは千歳市在住のマイミク&バーダーのSさんのお勧めで千歳川を探索することにしました。この流域は夏冬ともに野鳥が豊富らしく、かなりの出会いが期待できそうです。

Img_4880

とは言うものの、流域はかなりの積雪だし車の通る幅だけしか除雪してないので、なかなか車を停めて鳥を見る場所が見つかりません。

Img_4885

千歳川沿いでのバーディングは諦めて、川の源となる支笏湖まで走ってみました。
ここは、かつて丸駒温泉旅館へ家族旅行した際に、旅館の敷地内でたくさんのシマエナガに出会った経験が在るので期待大です。

Img_4906

しかしながら、旅館の敷地を望遠レンズ片手にうろついてる自分を客観視すれば、露天の女風呂をねらったエッチなオヤジと思われても弁解できないことに気づいて、元の流域に戻ることに。

20120305_104949

そんな状況で難儀してたら、土曜日に西岡公園でお世話に成ったKさんから「ちょっと時間が工面できたんで千歳まで行ってあげる」との嬉しい電話。
土曜日は雪のために成果が出なかった私を案じて、千歳川での敗者復活戦を助けてあげるとのことです。

待ち合わせ場所の「さけ・ますセンター」近くの流れでは、子孫を残すという大義をまっとうしたサケの死がいが。この死がいも、ワシなどの餌として食物連鎖して自然の営みを助けます。

20120310_100427

ちなみに、Kさんは西岡公園をホームグラウンドとするバーダーさんながら、道内のあちこちへ遠征して野鳥や野生動物との出会いを写真にしています。
彼が撮影したシマオゴジョの写真は秀逸で、カレンダーが札幌の東急ハンズで売られているほどです。

20120305_122008

Kさんの助けでシマエガガ探しに千歳川を行ったり来たりしたものの出会いが無いので、ひとまず地元のファミレス「とんでん」で昼食です。
メニューは、鮭・ホッキ丼とイワシつみれ汁。北海道の食材たっぷりの昼飯で元気を充電して午後の部のスタートです。

Imgp7305

千歳川流域は諦めて、恵庭市の漁川(いざりがわ)ダムに向かってみました。
でも、ここでもセグロセキレイくらいしか出会えません。
すこし上流で600mmの大砲を構えてオジロワシを撮ってるバーダーさんが居たので、シマエナガを訪ねてみると、さけ・ますセンターの対岸あたりに多いとの耳寄りな情報。

Img_5396t 

現地で地元バーダーさんと話をしてると、近くの茂みの中をキクイタダキが動き回ってました。AFは諦めて何枚か撮ってかろうじて菊が見えたのがこの写真だけど、完全に枝かぶりなのが残念です。

Img_5015

ここでもキバシリに出会いました。森の忍者に例えられる迷彩色のキバシリは目を離したら見つけるのに難儀します。

Img_5062t

ほどなく、シマエナガの群れが飛来してくれました。やっと、お目当ての鳥に会えたのが嬉しいものの、ひょうきんな正面顔はなかなか見せてくれません。

Img_5453t

そんな悪戦苦闘をしてる最中に、対岸の木にヤマセミが飛来してくれました。
完全な枝かぶりながらも、ヤマセミが間近に見れたのは嬉しいです。

Imgp7337t 

札幌とお別れする時刻も迫って帰り支度をしてると、眼下の川でカワガラスが水浴びしてました。千歳川は噂どおりに豊かな自然でした。

20120305_164525

午後5時、4泊5日の遠征を終えて新千歳空港に戻ってきました。

今回の遠征では北海道の知人たちや地元バーダーさんの暖かさに包まれて、仕事漬けだった日々の憂さ晴らしができました。みなさん、有難うね。

今回持参した機材は、BORG71FL+ペンタックスAFコンバータ+ペンタックスK-r

および 100~400ズーム+EOS7D

および スマホ でした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »