« 東京でおひとり様もまた楽し | トップページ | 蕪栗沼と蒲生海岸でバーディング(2012年) »

2012年1月 9日 (月)

元祖着メロは電撃フリント

スパイ映画としては、ジェームズ・ボンドの007シリーズが群を抜いて有名だけど、他にもナポレオン・ソロや電撃フリントなんてのも在りました。

Ourmanflint

その電撃フリントは、残念ながら「GO!GO作戦」と「アタック作戦」の二作だけで終わってしまったんだけど、主演したジェームズ・コバーンのニヤケ顔が渋くって良かったですね。

この映画で特筆したいのは、何か事が在るごとに大統領からのホットラインの赤電話が鳴る際の呼び出し音です。

当時はリーンリーンと鳴る黒電話しか知らなかったので、この電話の不思議なメロディが今でも耳に残ってますね。

この不思議なメロディを自分のスマホの着メロにしたくってサイトを探してみたら、これらの海外サイトで見つかりました。

Flint Phone RingerIn like Flint ringtone

Flint phone mp3 などのキーワードで探せば、他にもいくつか見つかりますね。

原音は2.6秒程度だったけど、連続再生のために0.5秒ほどの無音部分を追加して、スマホの着メロにしました。

でも、この着メロが成ってもフリントだと気づいてくれる人は少ないだろうなぁ……

ちなみに、これが私が編集したflintphone.mp3 です。

|

« 東京でおひとり様もまた楽し | トップページ | 蕪栗沼と蒲生海岸でバーディング(2012年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この着メロが成ってもフリントだと
気づいてくれる人は少ないだろうなぁ

その通りでした。
物語自体が、記憶から出てきませんので
すみません


今年もよろしくお願いします。

投稿: massan | 2012年1月10日 (火) 18:53

massanへ>気づかなくって、ごもっともです。
この映画は、かなりマイナーだったんで記憶に残ってる人も少ないだろうな。

投稿: Ashgarden | 2012年1月11日 (水) 15:43

ずいぶん探してたどり着きました。
いいですネ、この呼び出し音。
ashさんの編集された呼び出し音を使いたいのですが、可能でしょうか。
お手数ですが、教えて頂ければ幸いです。

投稿: kid | 2013年1月12日 (土) 18:39

mailtokidさん、コメント頂いてうれしいです。
わたしがフリントを見たのは高校生時代でした。田舎の純朴な(?)高校生にとってお色気むんむんのガールズは刺激が強すぎました。
それにも増して、ジェームスコバーンの「いい加減」っぽい演技に惹きつけられたものです。
いまでも着メロに使ってますが、気づいてくれる人が居ないのがちょっと寂しいです。
わたしが0.5秒の空白部を追加したバージョン、もちろんご自由にお使いください。

投稿: Ashgarden | 2013年1月12日 (土) 19:43

携帯が普及し始めた頃からこの着信が欲しかったのです。最近思い出し探した所、漸くこれに辿り着きました。ユーチューブから着信音だけ取り出すのは結構難しくて苦労しましたがお蔭様でこれでより良い音源をガラケー、スマホ共に設定出来ました。ありがとうございました。

投稿: 爺孤 | 2015年12月25日 (金) 17:26

mailto爺孤さん、コメント有難うございます。
私にとっても青春時代の懐かしい思い出の音源なので、同感してくださる方がおられるのは嬉しいです。
でも、この音のいわれを知っている人は少なくなりましたね。

投稿: Ashgarden | 2015年12月26日 (土) 13:05

懐かしさていっぱいです。主演のジェームス コバーン確か2002亡くなられてますよね残念です。スマホの着メロに使用したいのですが、可能でしょうか?

投稿: ゴーストライター | 2016年11月 8日 (火) 23:16

mailtoゴーストライターさん、ご連絡ありがとうございます。
わたしは0.5秒の無音部を足しただけなのですが、ご自身で楽しまれる範囲なら、音源の著作者さんもOKかと思います。たぶん

投稿: Ashgarden | 2016年11月 9日 (水) 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/53692932

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖着メロは電撃フリント:

« 東京でおひとり様もまた楽し | トップページ | 蕪栗沼と蒲生海岸でバーディング(2012年) »