« 元祖着メロは電撃フリント | トップページ | 今治にきたら焼き鳥とジャコ天 »

2012年1月28日 (土)

蕪栗沼と蒲生海岸でバーディング(2012年)

宮城県へ出張のついでに、冬鳥の越冬地で有名な蕪栗沼と蒲生海岸でバーディングしてきました。

■1月21日

20120121_113753

大震災の後、初めて降りた仙台空港はミゾレ混じりの雨空。

仙台は東北地方のビジネスの要所なので、空港機能の長期停止は痛手だったね。

20120123_163355

今回の出張先は仙台市から北に1時間ほど車で走ったところに在る小さな町。

風変りな信号機を見たけど、この構造だと一本の柱で全方向の車と歩行者の交通を整理できるんで、これは合理的だな。

※ブログを見た方のコメントでは、このような釣り信号は海外では当たり前だそうです。

■1月22日

今日は休日なので、冬鳥の越冬地で有名な蕪栗沼で待ちに待ったバーディング。

大きな地図で見る

20120122_094411

この地方には、もっと大きくて有名な伊豆沼や長沼も在るんだけど、人の少ない蕪栗沼の方が落ち着いて遊べるんで好き。

Imgp5422

沼の中央では、マガンやカモ類、ハクチョウなんかが休んでます。

Imgp5417

オナガガモの群れの中にトモエガモを発見。

Imgp5302t

沼の南側の水路は猛禽類の宝庫で、ノスリなんかが生息してますね。

Imgp5739

オオタカも居ます。ちょうど脱糞したところで、この数秒後に飛び去ってしまいました。

Imgp5659

当然ながら(?)、いやと言うほどの数のトンビも居ますね。
普段ならシャッターを切る気にもなれないトンビだって、この沼では神々しく見えます。

Imgp5797

時折り、沼の上をチュウヒが回遊します。

残念ながらハイイロチュウヒには出会えなかったけれど、奇麗な成鳥のメスを何度も見れたのがラッキーだったかな。

Img_4281t

Imgp5676

沼の周囲の藪では、オオマシコやホオジロ、ジョウビタキなどの小鳥に出会えて嬉しいです。

Imgp5572

沼と田んぼの間の堤防で、尻尾を跳ね上げて走り回る小鳥が居たので近寄ってみたら、胸のきれいなオガワコマドリでした。

胸が見えたのは、この証拠写真だけだったのが残念。

Imgp5680

水路で見かけたミコアイサ。

Img_4297

楽しい休日はあっと言う間に終わり……

Img_4332

周囲の田んぼで遊んでたガンが沼に帰って来ると陽が落ちます。

■1月24日

仙台市の南東に在る蒲生海岸は大好きな探鳥地だったんだけど、津波で壊滅的な被害を受けてしまいました。

20120124_122948

蒲生海岸の集落は根こそぎ津波にさらわれてしまって、基礎部分しか残ってません。

20120124_125027

ミサゴやカモメの聖地だった湿地もまったく様変わりしてて、以前は渡れた対岸も孤立してしまってます。

元祖日本一低い山の「日和山」。跡形なく消えてて、看板だけが砂に刺さってました。

Imgp5943t

青空をバックに飛ぶノスリも見れたので、気を取り直して大沼方面へ移動です。

大きな地図で見る

地元バーダーさんの情報では、海沿いの田んぼは塩害のために耕作放棄されてて、落ち穂を目当ての鳥も減ってしまったとか。

20120124_112910

蒲生地区や亘理(わたり)地区の田んぼは、写真のとおりの惨状です。
雑草すら生えて無いのは、やはり塩害のせいなんだろうな。

Imgp6047 

大沼に近づくとカモの大群が見えだして、ちょっとは気持ちが楽に成りました。

Imgp6238

Imgp6198t

ミサゴやノスリも確認できたので壊滅的な状態では無いだろうけど、津波前に比べたら環境は確実に悪化したろうな。

20120124_144013

大阪へ戻る便の出発時刻も迫ってきたので、空港に近い「鳥の海」へ移動。

20120124_144428

ここは、震災の二日前に遊びに来たとき、ミミカイツブリが見れた思い出の地だったんだけど、悲惨な状況に成ってて辛かったです。

Imgp5995

これから何十年かけても震災前の状態には戻れないだろうけど、今日の惨状を思い出話しにできる日が来ることを祈りたいです。

■2011年3月9日に鳥の海で遊んだ際のブログ:意地でもバーディング

(野鳥の写真は、BORG71FL+ペンタックスAFコンバータ+ペンタックスK-r)

|

« 元祖着メロは電撃フリント | トップページ | 今治にきたら焼き鳥とジャコ天 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

『出張をご苦労様です!!』
交叉点中央部の1個の釣り信号機は海外では普通ですネッ!!
オガワコマドリですか、未見であり羨ましいですネッ!!
自分にはミコアイサの♀的に診えますネ・・・??!!??
蒲生や蕪栗沼は40年頃前に何回か行っており蒲生海岸では(現在の環境省の)カスミ網によるバンディング:渡り鳥の標識調査をお手伝いさせていただいたり、当時の野鳥撮影の第一人者に同行させて貰って炎天下に干潮時の砂浜・浅瀬で木化けしたりしてオバシギ・コオバシギのリバーサルフイルム撮影(その長時間の忍耐・辛抱の大変さには脱帽!!)をしたりの本当に懐かしい思い出があります!!
当時は海岸に出るまでに多くの養魚池があって沢山のトビが舞い海辺へ出たところには日和山と称する5mくらいの高さの観察丘がありましたが津波でどうなってしまっているのでしょうか・・・??!!??

投稿: はたやん | 2012年1月28日 (土) 09:58

mailtoはたやんさん、いつもコメント有難うございます。
残念ながら、日和山は跡形も無く消え去ってて、看板のみが砂に突き刺さってました。わたしも蒲生海岸の用漁場あたりが好きで何度となくおとづれた地では在りますが、残念なことです。

ミコアイサ(メス)、どこかで見た鳥なんだけど思い出せませんでしたが、お恥ずかしいことです。

投稿: Ashgarden | 2012年1月28日 (土) 13:10

『記事のアップ途中でコメントをアップしてしまい大変失礼しました!!』

蒲生海岸他の状況等もありがとうございました!!

大沼では情けない記憶があり一人で行った時にキー閉じ込めをやってしまい一番小さいガラスを割って対処し帰宅途中の日立で後輩の家に立寄ったりしながら割ったままで横浜まで帰宅しましたが当時の給与ではイタイ:7千円の修理代がかかってしまいました!!

こちらに引っ越して来てからの30年来は近傍の利根川の橋周辺には毎年カンムリカイツブリが渡って来てくれ綺麗な夏羽に替わってから渡去する個体も観られています!!

投稿: はたやん | 2012年1月28日 (土) 17:30

あー感動いたしました、鳥の写真もそうですが、震災の爪痕痛ましいですね、貴殿が言われているように、何年か過ぎ、こんなことがあったな、笑える日が来ると嬉しいですね、ASHさんの仕事のご褒美で素晴らしい鳥撮れたと思います、私も貴殿の気持ち忘れないように、いたします。

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2012年1月28日 (土) 18:00

mailtoはたやんさん、蒲生海岸や大沼の惨状を見ると心が痛いです。わたしの好きな場所の一つだった野蒜海岸も壊滅状態だとか。
キー閉じ込めの件、わたしも経験がありますね。さすがに40年も前の話じゃないんでJAFを呼んで開けてもらいましたが(笑)。でも、三角窓の在る車(?)の時代だったのがラッキーでしたね。

投稿: Ashgarden | 2012年1月29日 (日) 00:28

mailtoふーさん、オガワコマドリはふーさんのブログが初見です。それ以降憧れの鳥だったんで、証拠写真だけでも撮れて嬉しいです。いまでも、尻尾をピンと立てて歩き回る姿が目に焼き付いてます。

今年もハイイロチュウヒに出会いたくて苦戦してます。これも、ふーさんが夕陽を浴びたハイチュウを「見せつけた」せいなんで、責任とってもらいたいです。

投稿: Ashgarden | 2012年1月29日 (日) 00:31

お正月早々、出張ご苦労さまです。
今年もよろしくお願いします。
いつも素晴らしい写真のアップに吉田類さんぶりの
居酒屋さんの記事楽しみにしてます。

投稿: 博多のじーじ | 2012年1月30日 (月) 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/53841469

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗沼と蒲生海岸でバーディング(2012年):

« 元祖着メロは電撃フリント | トップページ | 今治にきたら焼き鳥とジャコ天 »