« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

白浜で温泉たっぷり&鳥ちょっぴり

20111126_170832

白浜温泉の町内に在る仕事先へ三泊四日の出張だったんだけど、ビジネスホテルの狭いバスタブに入る気には成れなくて、出張中は長生の湯という外湯に通ってました。

20111127_182744

たった500円で源泉掛け流しの露天風呂に入れるし、建物も昭和の情緒たっぷりで、とてもリラックスできるんで、お勧めです。

20111127_190036

その後で街に繰り出して呑むお酒も肴も良かったな。やっぱり出張は地方都市に限りますね。

Rimg1588

せっかくカメラも持参したんで、出張最後の日は紀伊田辺の町中に在る天神崎へ行ってみました。ここは、ナショナルトラスト運動で市民が豊かな自然を守った日本で最初の実例の場所なんですよ。

Img_4147

岩場の海鳥たちをカメラで追いかけてたら、イソヒヨドリがカマキリをゲットするところに遭遇。この季節のカマキリは次の世代の子孫を残した後だろうから、食物連鎖の一環として野鳥の命を繋ぐための食料に成るのも本望かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

東北のセシウム

Photo

環境省が発表した、「16都県の一般廃棄物焼却施設における焼却灰の放射性セシウム濃度測定結果」。
東北や関東に住む人にとっては、辛くて避けようの無い事実ですが、頑張って欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

実家の売却と、思いで整理

十年以上も無人で放置してた能登の実家を売却することに決めたので、姉や兄とともに残されてた遺品を整理しに行ってきた。

20111106_064153

前夜は近所の国民宿舎で宿泊。兄弟がそろって一夜を過ごすなんて久しぶりだし、今後も無いことだろうから、この夜は遅くまで思い出談義が続いた。

20111105_183206

呑みすぎて二日酔い状態で、十年ぶりに実家に足を踏み入れると、中は悲惨な状態に成ってた。

20111106_081707

人が住まなくなった家は床が腐り落ちて危険な状態。

20111106_114039

なんとか法事は済ませたものの、歩き回るのも要注意です。

Rimg1582 

もうすぐ取り壊されてしまうので、両親の思い出のものだけでも持ち帰りたいと探して見つけたのが、古びた五つ球のソロバン。

Photo

小さいながらも、一代で呉服店を築き上げた父が、夜遅くにその日の売り上げを集計してた思い出のソロバンです。

_1974

古いアルバムが残されてたので、父母の思い出や自分の青春時代の写真などを持ち帰りました。

Photo_2

自分の店を大きくすることしか考えて無い親父だと、若いころは父の生き方に反発もしてました。

_1968_2

これは、高校生の修学旅行で九州行きフェリーに乗船した際の写真。

_2

これは、京都の仁和寺へ遊びに行ったとき(たぶん二十歳くらい)の写真。
今は、心も身体も丸くなって、肉団子のようなオヤジだけど、写真にだけ残る青春時代に涙しました。

20111106_140306 

両親の墓に実家の売却を報告。父が「バカ息子どもめが!」と墓の中で怒ってるのか、この二日間は冷たい雨の日々だった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »