« 動物好きの人に緊急で大事なお知らせ ■追記あり■ | トップページ | 柳川でドジョウはNG? »

2011年8月28日 (日)

コインを見てソマリアに思を馳せる

趣味の一つが世界のコイン集めなんだけど、お風呂上がりにウイスキーをチビチビ呑みながら、コインを眺めるのは格別の贅沢ですね。

10shillings_2000_f_3

10shillings_2000_r_3

この写真は、ソマリアの10シリング。
いつもなら国章のデザインの意味を調べたり、ラクダがコインに使われた理由などを調べるのが楽しみなんだけど、きょうは少しばかり暗い気持ちでコインを眺めている。

いま、ソマリアは60年ぶりの大干ばつにみまわれていて、毎日5000人もの子供が餓死してるらしい。

こんな状況下では、世界食糧計画(WFP)が食糧支援をするんだけど、ソマリアは20年にもわたる内乱続きのために無政府状態なので、支援活動もままならない状態なんですね。

多くの人たちは隣国のケニアやエチオピアに逃げ出せたものの、難民と認定されて食料などを供給してらうためには、長い順番待ちがあるんだとか。

ソマリアの干ばつに関して:
http://mainichi.jp/select/world/news/20110730ddm007030148000c.html

ソマリアは、スエズ運河に繋がるアデン湾を通過する貨物船を襲う海賊の国として有名で、日本からも自衛隊が派遣されているんだけれど、20年にもわたって無政府状態に置かれた国民は海賊でもしないと生きて行けないだろうし、漁民が海賊化した理由の一つがヨーロッパなどの船団が乱獲したために漁業が成り立たなくなったためと知ると複雑な気持ちに成る。

ソマリア沖の海賊:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E3%81%AE%E6%B5%B7%E8%B3%8A

ソマリアに関して思いをはせる度に不快になるのはアグネスチャンの事件かな。
知ってる人も多いとは思うけど、かいつまんで説明すると……

1 アグネスチャンは、日本ユニセフ協会の大使として活動している。

2 2010年に女性問題の視察という名目で日本ユニセフの随行員をひきつれてチャーター機でソマリアを視察に行った。

3 紛争国として外務省から退避勧告が出ている超危険な国へ決死の覚悟で視察に行ったとされているが、実際に行ったのはソマリランドという極めて治安の良い隣国だった。

4 多くの人たちの善意の募金を使ってまで観光旅行に行った彼女と、そんな馬鹿げた活動を支援した日本ユニセフには多くの非難が寄せられた。

わたしは、UNICEFの活動は肯定的にとらえていて、ささやかながらも募金活動には協力してきてたけど、この一件を知ってからは募金する気にすら成れなくなってしまった。

ちなみに、日本ユニセフはUNICEFとは直接関係のない団体で、黒柳徹子さんが親善大使をしているのはUNICEFの方です。
2010年の年次報告によると、日本ユニセフに寄せられた募金総額182億円の20%近くを経費としてピンはねしていますね。
20%を金額にすれば約30億円だけど、職員数が70名に満たない団体で何故に30億円の経費が必要なんだろうか。きっと、それぞれの職員が4000万円もの高給取りなんだろうな。

|

« 動物好きの人に緊急で大事なお知らせ ■追記あり■ | トップページ | 柳川でドジョウはNG? »

コインコレクション」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/52585695

この記事へのトラックバック一覧です: コインを見てソマリアに思を馳せる:

« 動物好きの人に緊急で大事なお知らせ ■追記あり■ | トップページ | 柳川でドジョウはNG? »