« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

コインを見てソマリアに思を馳せる

趣味の一つが世界のコイン集めなんだけど、お風呂上がりにウイスキーをチビチビ呑みながら、コインを眺めるのは格別の贅沢ですね。

10shillings_2000_f_3

10shillings_2000_r_3

この写真は、ソマリアの10シリング。
いつもなら国章のデザインの意味を調べたり、ラクダがコインに使われた理由などを調べるのが楽しみなんだけど、きょうは少しばかり暗い気持ちでコインを眺めている。

いま、ソマリアは60年ぶりの大干ばつにみまわれていて、毎日5000人もの子供が餓死してるらしい。

こんな状況下では、世界食糧計画(WFP)が食糧支援をするんだけど、ソマリアは20年にもわたる内乱続きのために無政府状態なので、支援活動もままならない状態なんですね。

多くの人たちは隣国のケニアやエチオピアに逃げ出せたものの、難民と認定されて食料などを供給してらうためには、長い順番待ちがあるんだとか。

ソマリアの干ばつに関して:
http://mainichi.jp/select/world/news/20110730ddm007030148000c.html

ソマリアは、スエズ運河に繋がるアデン湾を通過する貨物船を襲う海賊の国として有名で、日本からも自衛隊が派遣されているんだけれど、20年にもわたって無政府状態に置かれた国民は海賊でもしないと生きて行けないだろうし、漁民が海賊化した理由の一つがヨーロッパなどの船団が乱獲したために漁業が成り立たなくなったためと知ると複雑な気持ちに成る。

ソマリア沖の海賊:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E3%81%AE%E6%B5%B7%E8%B3%8A

ソマリアに関して思いをはせる度に不快になるのはアグネスチャンの事件かな。
知ってる人も多いとは思うけど、かいつまんで説明すると……

1 アグネスチャンは、日本ユニセフ協会の大使として活動している。

2 2010年に女性問題の視察という名目で日本ユニセフの随行員をひきつれてチャーター機でソマリアを視察に行った。

3 紛争国として外務省から退避勧告が出ている超危険な国へ決死の覚悟で視察に行ったとされているが、実際に行ったのはソマリランドという極めて治安の良い隣国だった。

4 多くの人たちの善意の募金を使ってまで観光旅行に行った彼女と、そんな馬鹿げた活動を支援した日本ユニセフには多くの非難が寄せられた。

わたしは、UNICEFの活動は肯定的にとらえていて、ささやかながらも募金活動には協力してきてたけど、この一件を知ってからは募金する気にすら成れなくなってしまった。

ちなみに、日本ユニセフはUNICEFとは直接関係のない団体で、黒柳徹子さんが親善大使をしているのはUNICEFの方です。
2010年の年次報告によると、日本ユニセフに寄せられた募金総額182億円の20%近くを経費としてピンはねしていますね。
20%を金額にすれば約30億円だけど、職員数が70名に満たない団体で何故に30億円の経費が必要なんだろうか。きっと、それぞれの職員が4000万円もの高給取りなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

動物好きの人に緊急で大事なお知らせ ■追記あり■

知人から聞いて驚いてるんだけど、環境省が動物の取り扱いについての意見を集計してるらしい。
ニュースでも知ってるように、一部の心無いブリーダーは売れ残った動物を遺棄したり殺処分してますね。さらに、まだ生まれて間もない赤ちゃんを親から引き剥がして店頭に並べてます。
環境省は、こんな実態についての国民の意見を集計して、その結果を今後の施策に反映させようとしてます。
これをパブリックコメントって言うらしいんだけど、わたしは初耳でした。
「パブリックコメントについて」
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment
この集計は8月27日(土)で締め切られるらしいんだけど、そんな集計をやってることを周囲の人たちに聞いても誰も知らないんです。
この情報を知ってて大問題としてるのは、この集計によって自分たちのビジネスが不利になるかも知れない悪徳ブリーダーたちで、組織的に大量のコメントを投票して集計結果を有利に運ぼうとしてます。
締め切りまではあと一週間ほどの猶予しか無いけど、悪徳ブリーダーの組織票が集計結果として採用されてしまったら、今以上に動物たちは悲惨な状態に陥ってしまいます。
このリンクを、なるべく多くの人にチェーンして、動物たちを助けたいです。
糸井重里氏の、このパブリックコメントについてのサイトです。
http://www.1101.com/george/index.html
糸井氏のサイトを参考にコメントメールを送ったけど、環境省のメールサーバーがパンクしてて届かなかった。ちゃんとしたサーバーを立てくれないとねぇ!
Photo
■8月21日追記
とても簡単にパブリックコメンが書けるフォームを見つけました。
お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

クマタカもイヌワシも遠すぎて涙

■8月31日追記:ブログを見た方から、不明だったチョウの名前や間違いなどをお教えいただきました(文中のこの色の部分です)。どうも、ありがとうございます。

猛禽類に憧れてるAshだけど、先輩バーダーさんからクマタカが見れる場所を教えて貰ったので、16日(火曜日)の深夜に自宅を出発してプチ遠征してきました。

本当は先週末に泊まりがけで行きたかったんだけど、お盆休みは交通渋滞するんで避けてしまいますね。

Rimg1448t

今回の遠征では他の猛禽も見たかったので、イヌワシで有名な伊吹山へ立ち寄ってみたものの、運悪く霧が濃くって何にも見えません。

Imgp3270t
(霧の中のホオジロ幼鳥)

霧の中からカッコウやホトトギスの声はするんだけど、10メートル先も見えない状態なんで写真は無理ですね。

Imgp3297
(近くの岩場に来たホオジロ♂、さっきの子のお父さんかな?)

時々、ホオジロが近くの木や岩場に飛んできてくれるものの、それだけでは退屈なんでチョウチョ探しを兼ねて朝の散歩です。

Imgp3272
(霧の中のアサギマダラ)

ここは標高1000メートルを超える場所なんでアサギマダラも居ますね。こんな小さなチョウが秋になると南西諸島や台湾まで渡るとは信じがたいです。

Img_3366
(ヒメアカタテハアカタテハ

チョウのことはほとんど知らないものの、いろんな大きさや色目があるんで面白いですね。

Img_3456
(これはなんでしょう?⇒スジグロシロチョウ♀

Img_3355
(朝露を吸って奇麗だった花。名前は知らず⇒ハクサンフウロ

Img_3388t
(これはクロセセリですかね?⇒シロオビクロナミシャク

Imgp3315t
(超トリミングです)

お昼近くまでイヌワシを待ってたけど濃い霧が消えないんで、飛来すると言われてる岩場すら見えない。東京の八王子から来た青年や地元のバーダーさんなどとの与太話しで時間つぶしをしてたら、ついに来てくれました。
それにしても遠過ぎる。猛禽カメラマンは800㎜の大砲の人が多いけど、やはり400~500㎜では無理なんかな……

Imgp3336t
(勢いよく、プリッ!)

一時間ほど岩場でじっとしてた後で、プリッと脱糞。鳥は飛ぶ前に脱糞することが多いんで、その後の飛び立ちシーンを狙ってジッと待機。

Imgp3345t

ついに飛び立ち。この後、あっと言う間に向かい側の森へと消え去ってしまいました。

Imgp3369

小粒の証拠写真ながらも念願のイヌワシの初撮りができたので、大喜び。
次はクマタカの居る場所へ移動です。
クマタカの渓谷の詳しい場所やイヌワシの山からの距離はナイショにすべきなので、ヒミツです。

Imgp3484r

現地に着くと600~800㎜の大砲組さんがすでに四名。
狭い場所だったけど、なんとか三脚を拡げれる場所を空けて頂いたので大感謝です。

ここのクマタカは幼鳥で、運がよければ親子のツーショットが見れるそうな。

Imgp3513t
(ちょっと控えめに、プリッ!)

あいにく降りだした雨の中でレンズを向けてると、この子もプリッと脱糞。
と言うことは!

Imgp3537r_2

やはり飛び立って、あっという間に森の中に消え去ってしまいました。

写真の出来は証拠写真以下でお恥ずかしい限りだけど、鳥の少ない季節に猛禽2種に会えたので幸せいっぱいの一日でしたよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

バランタイン30年物をペロッと空けた夜のこと

誰にでも人生最悪の事件は在るだろうけど、そんな時の辛い気持ちをふっ切るために酒に頼る人は多いんじゃないだろうか。

Ashにもそんな日々が在った。
家に戻っても話し相手が居ない寂しさと、事件の辛さに耐えきれずに呑み始めた酒を自力で停めることができなく成って、ほぼアル中状態の日々が続いてたけど。

Rimg1273

ある縁で知り合った社長さんから、「そんなに酒好きなんなら、これでも呑めよ」と戴いたのが写真のバランタインだった。

安月給なのでトリスやスーパーニッカくらいしか手が出なかったAshにとっては、とても高価なお酒を貰えたことが嬉しかったけど、買えば3万円以上もするお酒をペロッと一晩で空けてしまったのは勿体ない。

さすがに善い酒なので、翌日の二日酔いに苦しまなくて済んだことも覚えてる。

Rimg1272

今は、そんな辛い酒を呑む必要もない幸せな暮らしができるまでに立ち直れたけれど、あの日の自分の背中を押してくれた人たちに感謝してる。

その頃から何度も引っ越ししたのに、何故か空き瓶を捨て切れずにいるのは、遠い遠い30年前の思い出が懐かしいからだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »