« ブッポウソウ:声の主とすがたの主 | トップページ | 奈良県曽爾高原のホオアカ »

2011年7月24日 (日)

ヤフオクで断捨離

Yafuoku2_2

断捨離(ダンシャリ)とはヨガの教えに関連する生活術で、最近はかなり流行っているらしい。

・断=入ってくる要らない物を断つ
・捨=家にずっとある要らない物を捨てる
・離=物への執着から離れる
 (Wikipediaより)

話し変わって、テレビ番組の「劇的ビフォア・アフター」を見てて感じることなんだけど、確かに匠の采配で問題だらけの古家が快適な居住空間に変身するのは素晴らしいが、それ以上に感じるのは依頼者のビフォアの暮らしが、ほぼ不要と思われる家具類や日用品・衣類で埋め尽くされていること。

映像で見る改造後のアフターの家には、ビフォアの映像に映ってた不用品がほとんど見当たらないのに苦笑しながら、我が家も断捨離すれば多少は快適な暮らしに成るかもと思うように成ってきた。

たしかに、タンスやクローゼットには何年も袖を通したことの無いジャケットやコートがかかってるし、ラジカセとかパソコンなどの電化製品は、新製品の魅力に惹かれて衝動買いしたものの、それまで使ってた商品は部屋の隅でホコリをかぶってる。

断捨離の手法としては、単に不要なものを捨てれば良いんだろうけど、貧乏な時代のニッポンを知ってる昭和世代には、どうしても抵抗感が多い。

そこで、解決の妙案として不用品をヤフーオークションに出品することにした。

Rimg0289

ちなみに、最近のヤフオクで出品して断捨離できたものは…

・誰かの結婚式の引き出物で貰って、箱も開けてなかった「電気天ぷら鍋」
・自宅のCATVチューナーと繋げないことが判って泣いた、新品の「ブルーレイレコーダ」
・これですばやく動く鳥をデジスコ撮影するのが無理だと判った「フィールドスコープ」
・新モデルが出たので、お払い箱になった旧モデルの「コンデジ」
・愛車をぶつけてドア交換した際に余った、ドア3枚分の「ドアバイザ」

Rimg1374

その他にも色々売れたけど、ちゃんと動いてるパソコンなのに、たた1200円しか値が付かなくって愕然としたり、大昔の初代モデルなのに外車メーカーの刻印が入ったノベルティだったので4700円の値が付いたIPODなど、オークションも悲喜こもごもですね。

この程度の出品では生計に寄与するわけでも無いけど、不要なものを手放すことで身の周りがすっきりしたことと、手放した品物が誰かの暮らしで役立っていることに大きな意義が在ると思うな。

|

« ブッポウソウ:声の主とすがたの主 | トップページ | 奈良県曽爾高原のホオアカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その通りやなあ・・・と思ったじーじです。
要・不要
身軽にならないかんですね。

投稿: 博多のじーじ | 2011年7月31日 (日) 09:42

mailto博多のじーじさん、断捨離した分だけ気持ち的にも身軽に成れるんで、前向きのビジョンが立てられるのが大きいかな。
お互い、嫁さんに断捨離されんように気をつけましょう!

投稿: Ashgarden | 2011年7月31日 (日) 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/52294667

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフオクで断捨離:

« ブッポウソウ:声の主とすがたの主 | トップページ | 奈良県曽爾高原のホオアカ »