« ヤフオクで断捨離 | トップページ | バランタイン30年物をペロッと空けた夜のこと »

2011年7月30日 (土)

奈良県曽爾高原のホオアカ

金曜日の深夜に自宅を出発して、奈良県の曽爾(そに)高原までホオアカを見に行ってきました。

Imgp3120

現地へは深夜に到着して天の川を見て、夜明けごろにヤマセミを見て、朝からホオアカというてんこ盛りの予定だったんだけど、あいにく昨夜は曇天。
おまけにヤマセミが見れるポイントは鹿避けのフェンスで囲われてて入れなかった。
でも、ホオアカとホオジロだけでも見れてラッキーだったな。

Imgp3059

小鳥たちのさえずりで起こされた午前五時過ぎ。
もう日の出の時刻なのに、周囲を高い山で囲われている草原はまだまだ暗くって、どの鳥もシルエットに成ってしまう。

Imgp3119

この草原では数つがいのホオアカが営巣してて、毎年同じソングポストでさえずってます。
図鑑などでは冬羽の写真が多いけど、この夏羽の姿の方がかっこいいと思う。

Rimg1430

高原の朝!
ようやく明るさは増したものの、あいにくの空模様です。

Imgp3156

草原の中心部に在るお亀池は葦が茂ってて、水面はちょっとしか見えません。
そんな小さな水面の側の樹ではウグイスがさえずってました。

Imgp3216

この草原にはセッカも居るんだけど、なかなか写真を撮らせてくれませんね。
(これは去年の同じ季節に見たセッカ)

その反面、ホオアカは大サービスしてくれて、ソングポストの10メートル近くまで寄っても大丈夫みたいでした。

それにしてもBORGの軽さには大感謝です。
去年の夏はSIGMAの500mmF4.5をかついで同じ丘を歩いたんだけど、今年からは山歩きが楽ちんに成りました。
同じ日に800mmの大砲をかついだ人を見かけたけど、BORGのことを知ったら羨ましがるだろうな。

Imgp3153_2

お花の名前はまったく知らないけど、可愛かったんでパチリ。

Imgp3044

歌上手のホオジロも居ます。

Img_3340

ハグロトンボです。
羽根の漆黒とメタリックブルーの胴体のコントラストに見惚れます。
このように奇麗な生き物を見るたびに、きっと造形の神様は居るんだと感激する。

※使用したのはBORG 71FL +  ペンタックス AFアダプター + ペンタックス K-r
※ハグロトンボは100~400/IS USM + EOS-7D
2010年7月24日に曽爾高原へ来た時のブログ、星が見たくて高原へです。

|

« ヤフオクで断捨離 | トップページ | バランタイン30年物をペロッと空けた夜のこと »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

曽爾村まで行ってきたんや。
じーじがバイク小僧の頃に確か?宇陀の方から行った
覚えがあります。
あの辺は今も日本昔話の空間が残ってるんやろか?

投稿: 博多のじーじ | 2011年7月31日 (日) 09:48

mailto博多のじいじさん、曽爾村は数回しか行ってないけど、偶然知り合った地元の人たちは親切な人ばっかりやったね。
山村の風景にも心癒されるものが在ります。

今は交通の便がよく成って、南阪奈道路を使ったら大阪の貝塚から一時間半で行けますよ。

投稿: Ashgarden | 2011年7月31日 (日) 14:22

ASHさん、BORG活躍おめでとうございます、ホオアカさん、本当によく撮れていますね、BORGの威力ですね、良かったです、今後とも宜しくお願いいたします、

投稿: ふーさんの野鳥と旅 | 2011年7月31日 (日) 14:54

mailtoふーさん、BORGは軽くっていいよー。
ふーさんも、重たいサンニッパは腰に悪いんでBORGをお勧めです。で、そのサンニッパは私が無料で永久保管してあげるんで、安心してください(笑)

投稿: Ashgarden | 2011年7月31日 (日) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/52345852

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県曽爾高原のホオアカ:

« ヤフオクで断捨離 | トップページ | バランタイン30年物をペロッと空けた夜のこと »