« 今夜の三日月 | トップページ | 震災の町へ行ってきました »

2011年4月21日 (木)

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

四月四日の読売新聞に掲載された記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00603.htm

放射性物質が東北地方のみならず、日本全土に拡散されています。
放射性物質は、単に同心円状に拡がるのではなく、風向きや大気の影響など気象状況に左右されるので、30Km圏外だから安心というわけではないようです。

この事実を広めることが、パニックを広めることに成るのなら心外だけど、事実です。

日本政府は、この事実を公表しようとはしていませんが、海外のいくつかの研究機関から情報が発信されていますね。

オーストリア気象地球力学中央研究所(ZAMG)からは、直近数日分の拡散予測が動画で発表されています。

http://www.zamg.ac.at/pict/wetter/sonderwetter/fuku/20110420_I-131_FUKU.gif

最新情報は、このページに在ります。
http://www.zamg.ac.at/wetter/openair/eventwetter_za1.php

以下のメッセージにリンクされてます。
Video:Plume spread from Fukushima/Permanent Release/lodine-131

|

« 今夜の三日月 | トップページ | 震災の町へ行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに福島第一原発は大変なことで恐ろしい話やと思う

福島原発が臨界を起こす可能性はないと信じたら
後は封じ込まれるまでに漏れる放射性物資の量と
拡散範囲そして何よりその量で人にどれだけの影響が
あるのかCTスキャン何回分とか凡人でもわかる
公表をする義務を政府は果たさないかんよね。
そしたらどれだけの脅威があるのかが明確になると
思ってるじーじです。

それと出荷制限・訳の分らん出荷自粛
自粛なにそれ責任は生産者か!!ばかもん)
と煮えくり返ってるじーじです。
集荷制限・自粛を求めるんやったら政府で買い取れよ。
風評被害??大丈夫って言うんやったら
議員宿舎や国会の食堂で使えよ。
国会議員はよその産地の産物は買うな食うな!!
それくらい怒りモードですわ。

それと話は変わって前文のお月さまの記事
法然上人は
『月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ』と詠まれたそうで
じーじは真言宗なんやけど悟った方は違うよなと思い。
しみじみと写真を見てました。
気持のいい写真をありがとう!!

投稿: 博多のじーじ | 2011年4月21日 (木) 19:26

mailto博多のじーじさん、いつもコメント有難う。
日本と言う国は、もっとまともで信頼できる国と思ってただけに、今回の津波や原発の顛末ではがっかりを通り越して国の将来が怖くなります。

わたしらは、そう永くもこの国で暮らすことは無いだろうけど、可愛い子供や孫たちの将来を考えると、心配に成ってきますね。

投稿: Ashgarden | 2011年4月22日 (金) 15:27

こんにちは。初めまして。
たとえば関西の放射線量はずっと平常値のままなのに、読売新聞の記事がいたずらに不安を煽っていることはすでに問題視されています。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1302031557
をご覧になってみてください。

投稿: ふれあ | 2011年4月22日 (金) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/51448303

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測:

« 今夜の三日月 | トップページ | 震災の町へ行ってきました »