« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

梅が咲いたら、もうすぐ春だね

きょうは、長期出張の後の久しぶりの自宅での休日だったんで、終日を怠惰に過ごそうと思ってたんだけど、春の陽気に誘われて近所のお寺へ梅を見に行ってみました。

Img_8414

が、残念ながら梅はほとんど咲いてなくってがっかりでした。

ここ数日は春のような陽気が続いてるものの、本当の春はまだ先なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

日本の空を行ったり来たり

先週末からの下関出張がやっと終わって、ホテルで一息ついてるとこだけど、明日の早朝には山口宇部空港から東京へ移動です。

Rimg1066

下関は、新鮮な海産物に恵まれた町なので酒の肴には大満足だったし、韓国にも近いので韓国料理の店も楽しかったですね。

Mt_osorezan

わたしは普段から出張の多い身だけど、毎年の年度末にかけては出張が集中してしまって、売れっ子スターのようはスケジュールが続くんです。

ちなみに、3月のスケジュールは
  4日~9日: 仙台近辺
  13日~15日: 北海道 旭川市近辺
  16日~17日: 福島県
  18日~22日: 仙台近辺
  23日~25日: 福岡市
  31日~4月2日: 埼玉県

と、既にぎゅうづめの日程で、出張以外の日には大阪へ戻れるものの、山積みの伝票の整理と次の物件の開発が待ってるんで辛いですね。

Rimg0306

毎年、四月ごろになってホッと一息つけるものの、すでに一年の四分の一は終わってることに気づいて唖然とします。

忙しいという字は心を亡くすって書くけど、省みることの無い日々を過ごしながらも余命をカウントダウンしてるのは寂しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

関釜フェリーの母港でコリアン家庭料理

きょうは下関出張の三日目。

Rimg1072

ほとんど仕事も無い休日だったし、今回は野鳥を見る装備も持参してないんで、ホテルで退屈してたんけど、やはり街にネオンが灯る時刻に成ると足が外へ向かいますね。(笑)

Rimg1058

下関は関釜フェリーの母港だし、元より韓国系の人の多い街なんで、韓国系の食材店や料理店も多いわけです。

Rimg1071

わたしが出張先で呑む店を探すためのチェックポイントはいくつか在るんだけど、必須なのはカウンターで店のオーナーと話ができることかな。さらに、あまりにも込み合ってて団体客が馬鹿騒ぎしてる店もちょっと敬遠してしまう。

Rimg1063

初めての店に入るのは少し勇気が要るんだけど、勇気を出して入ってみたら、美人の女将さんが笑顔で迎えてくれました。

彼女との与太話しを総合すると、釜山近くの出身で30年ほど前に日本へ来たんだとか。
子供たちは成人したけど、結婚相手は日本人でも反対しないつもりなんだとか。

Rimg1065

ここでは何種類かの料理を食べさせてもらったけど、ほとんどの料理に野菜が使われてるんで、メタボが気に成る世代には嬉しいかったな。

Rimg1070

日本ではあまり流通してないブランドのマッコリを呑ませてもらって、今晩も幸せなAshでした。

明日からのお仕事、ガンバリまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

捕鯨打切りの夜にクジラを食す

昨日から一週間ほどの日程で下関の出張が始まったところです。

Rimg0992

玄界灘にも近いこの町はフグや明太子でも有名なんだけど、捕鯨基地としても栄えてきたわけです。ちなみに、マルハの鯨缶詰で有名な大洋漁業の本社もこの町に在ったんですね。

Rimg0995

下関到着の第一夜。のんびりと独り酒ができる店を物色しながら裏通りを歩いてたら、目の前に飛び込んできたのが、この看板。

Rimg1007

中を覗いてみると、7~8人がけのカウンターに先客一人が呑んでるとこだったので、この店で呑んでみることにした。

Rimg0998

メニューには、5000円台や7000円台のコースも在ったんだけど、とりあえずナガスクジラの刺身やオバケ(これって関西地方の呼び名かな)や竜田揚げなどを注文。

Rimg0999

子供の頃に学校給食で食べたクジラは、独特の臭みが在ったし、硬いスジを噛み切るのが大変だったけど、この店のものは何れも美味しくて柔らかかったので感激したな。

Rimg1000

おりしも、この日のニュースでは日本の南極海調査捕鯨が反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の妨害に屈して中止を余儀なくされたと報じられていたが。

我々日本人の鯨食は、単なる食材の選択子の一つではなくって、キリスト教などの一神教と万物に霊が宿ると信ずる多神教との相違から論じるべきでもあるんだな。

Rimg1008
(これは、クジラのひげ)

反捕鯨論者は、クジラを食す日本人は野蛮だと言うが、では牛や豚を殺して食べることは野蛮ではないのだろうか?

Rimg1010
(これは南極の石だとか)

わたしの知る限りでは、かつての欧米人はランプ用の油を獲るためにクジラを大量に殺してきたんだが、日本人は捨てるところが無いまでにクジラのすべてを利用してきたし、当然ながら食事の前には「(命を)いただきます」と祈り、食後には「(命を)ごちそうさまでした」と感謝してきたはずだ。

Rimg1006

自分らとは異質の文化や宗教をまったく受け入れようとはしない暴力団体に屈して調査捕鯨の中止を余儀なくされたのは悔しくて悲しいけど、この夜は土佐の日本酒「酔鯨」と薩摩の焼酎「白鯨」も堪能しながら、幼き日の懐かしの味にふけったAshでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

UFOを撮ってしまった?

1月に旭川で遊んだ時の写真を整理してて、一枚の写真に変なものが写ってたことに気づいたんだけど。

下の三枚の写真は、30秒ほどの間に連続して撮ってて、二枚目の写真に点のようなものが写ってた。

Img_7707_2
① 2011/01/23 15:53:20

Img_7708_2
② 2011/01/23 15:53:48

Img_7709_3
③ 2011/01/23 15:53:57

Img_7708t
②の赤丸部分を拡大したもの

Exif
三枚の写真のEXIF情報

まあ、確率では鳥が90%、レンズのゴミが9%ってとこだろうけど、でも、ひょっとしてUFOを撮ってしまったってことだったら嬉しいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

雪景色の中のクロジなど

雪がほとんど降らない関西の住人にとって、雪にからんだ野鳥の写真を撮れるチャンスはめったに無いわけで、昨日の積雪から関西の野鳥カメラマンさんたちは大忙しですよ。

わたしも、鳥友のFさんから「クロジが居るよ」と教えてもらった堺市のN公園へでかけてみました。

Img_8104_2

現地に着くと、すぐ目の前に数羽のクロジが遊んでて、今までまともなクロジを撮ったことの無い私には、雪とからんだクロジが撮れるんで大喜びです。

Img_8145_2

ここへは、数年に一度のチャンスに傑作を撮ろうとするカメラマンも何人か来てて、雪景色の中のクロジやルリビタキを撮るのに必死です。

居あわせたのは、とても熱心な方々ばかりで、お立ち台のような岩の上に近くから雪を運んできて雪帽子を作ったり、鳥が岩に寄って来るようにミルワームを撒いたりで忙しそうでした。

Img_8316

さらに、枯れ木の上にも上手に雪を盛ったり、邪魔になる周囲の枝を折ったり、枯れ葉を雪の上に散らしたりで、ご苦労様でした。

Img_8227_2

そんなご苦労にもお構いなしに、餌に釣られて寄ってきたセキレイやシロハラは、棒で追われたり雪つぶてを投げられたりで散々でしたね。

Img_8068_2

どうやら、傑作写真を目指すカメラマンさんたちにとっては、写真映りの良いクロジ雄とルリビタキ雄以外は芸術の邪魔者のようでした。

Img_8175_2

カメラマンさんたちのきょうの芸術作品は、コンテストに出せばきっと高い評価を貰えること間違いなしです。

Img_8400_2

そんな場所からは早々と撤退と決め込んで駐車場に戻ろうとしたとき、雪の積もった広場で餌を食んでるトラツグミを発見。トラちゃんとは先週も会えたので、最近はラッキーな鳥見が続いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

ご近所の公園でハリスホーク

修理に出してた7Dが戻ってきたし、春のような心地よい天気だったので、堺市の公園まで足を延ばしてみました。

Img_7723

公園に着くなり、岩の上に猛禽らしき鳥を発見。よく見ると足輪とリードで繋がれてて、公園内でトレーニング中のようでした。

飼い主さんに聞いてみると、この鳥はハリスホークという名で、アメリカ大陸に棲む鳥なんだとか。飼い鳥とは言うものの、やはり猛禽の面構えは迫力たっぷりです。

Img_8035

この公園では、鳥友達のFさんが参加しているグループの野鳥写真展が開かれてたんで覗いてみたけど、皆さんプロ級の腕前の方ばかりのようで、どの写真も素晴らしかったです。わたしも、いつかこんな写真が撮れるように成りたいもんだけど、遥か先のような気がします。

Img_7925

Img_7945

Img_7976

ことしはマヒワがたくさん来てるらしく、公園の水流あたりにはマヒワや、アトリ、エナガ、ルリビタキなどがてんこ盛りでシャッターが休む暇がありませんでした。

Img_7767

の公園の鳥たちは何れも人慣れしてるようで、かなり近づいて撮らせてくれます。

Img_7952

嬉しい気もするけど、ほとんどボウズばかりの私には、ちょっと話ができすぎてて当惑 します。

Img_7998

Img_7990

Img_8027

駐車場へ帰る途中の草むらではシロハラやモズ、トラツグミも見れました。

Img_8039

きょうは近場の公園でお気楽バーディングだったのに、てんこ盛りの成果だったので善き一日でした。もうすぐ春ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

焼き鳥の町 今治にきてます

四国の今治市に出張で来てて日帰りの予定だったんだけど、仕事に手間取って最終電車にも乗り遅れてしまいました。

しかたなく駅前のビジネスホテルにチェックインしたものの、お腹が空いたんで、近所の居酒屋へ行ってみました。

Rimg0006

磯海楽という炉端焼き屋さんでは、去年の暮れに今治へ来た時に何度か呑ませてもらったので、今回も直行です。

全国には焼き鳥の町が幾つか在るようだけど、ここ今治では鉄板で焼くのが特徴みたいです。

Rimg0002

ここのお店では焼き鳥や海の幸も美味いんだけど、鶏皮焼がお勧めですね。

Rimg0005 

熱い鉄板に挟まれて余分な脂を落とした鶏皮は、焼きたてのカリカリの食感と甘ダレが効いててとても美味しかったですよ。

明日は駅の売店でタルトを土産に買って帰阪です。

これは、去年の11月に訪れた際の今治名物「鉄板焼鳥」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »