« レンジャクの激突死 | トップページ | 日韓戦のおかげで得した話 »

2011年1月25日 (火)

遥かなるシマエナガ

mixiで知り合った札幌在住の人が撮ったシマエナガの写真がとても魅力的だったので、今回の北海道遠征の主目的はシマエナガ探しです。(あれっ、仕事じゃないの?)

Rimg0882

初日に向かった札幌市内の公園では、小さな池を取り囲む雑木林にヤマガラやシジュウカラ、ハシブトガラの混群が回遊しています。

Img_6559_2

公園で出会ったバーダーさんの話だと、回遊してる混群にはシマエナガも数羽いるとか。

Img_6604

 
餌場には、カラ類が集まってきてヒマワリの種をついばんでます。
餌付けは罪悪だって意見もあるけれど、食物のとぼしい時期を小鳥たちが生き延びるために、手助けをするという観点では賛成だね。

Img_6657

混群が回遊してきたので、こずえのほうを探すと居ましたよ~、白い妖精ちゃんが。
長い尻尾をあやつって、枝から枝へと食べ物を探してるようなんだけど、あまりにも遠すぎて豆粒くらいの大きさだったし、ほぼ真上のこずえに止まってくれるんで、カメラで追いかける首と腰の辛いこと。

Img_6686

でぶっちょのボディから飛び出た小さなクチバシと、くし団子のような長い尻尾が可愛いんだよね。

Ashの住む関西地方でもエナガは居るけど、シマエナガは北海道に来ないと見れないです。

外見は、エナガよりもふっくらとしてて真っ白な毛玉みたいだし、表情もぬいぐるみみたいで、とても可愛いんです。

Img_6638

その夜は、札幌市内のお気に入りの居酒屋で知人と一杯。
知らない街で独りで呑む酒は味気ないもんだけど、この夜のお酒は美味しかったな。

金曜日には本来の出張先の旭川市へ移動してお仕事で、日曜日はレンタカーで市内の探鳥地めぐりでした。

Rimg0881

まず向かったのは、旭川駅にほど近い神楽岡公園。
ここでも、カラ類に混じったシマエナガは居たものの、やはり遠すぎて絵になりませんね。

Img_7337

この公園にはエゾリスがたくさん棲んでます。
神社の周囲では、餌場のヒマワリの種を目当てに数匹が暮らしてるようだし、他の場所でも何匹か遭遇したけど、かなり人なれしてて愛嬌もあるんです。

Img_7472

この日は天気も良かったので、キタキツネものんびりと日向ぼっこしてました。

その後、車で数十分の北邦野草園へ移動してみたんだけど、相変わらずシマエナガは遥か遠くのこずえにしか来てくれませんでした。

Img_7704

このままじゃ欲求不満の一日で終わってしまうんで、永山新川という運河までオオワシを探しに行ったものの、見れたのはのんびりとエサを食むカモとハクチョウだけだったのでションボリ。

Img_7706

この夜は、接待客といっしょに、旭川への出張では必ず立ち寄る居酒屋「宗八」で一杯。

Rimg0862 

お通しでこんなでっかいババガレイが出るなんて、さすが北海道はダイナミックだね。

Rimg0864

ちなみに、ババガレイの他にこの夜に食したのは、重さが10Kgも在ったというマダコの刺身、紅トロ、ボイルエビ(詳細不明)、ホヤなどでした。

Rimg0866

この夜の接待相手は気の会う方だったんで、美味しくて楽しいお酒を頂きました。

|

« レンジャクの激突死 | トップページ | 日韓戦のおかげで得した話 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Ashさん、これだけ撮れたら、150点じゃないですか、おまけに、食事付きとは、豪勢ですよ、これじゃ、仕事二の次ですね、でも楽しそうで良かった・よかった、またお会いいたしましょう。

投稿: 福田 幸充 | 2011年1月27日 (木) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/50653554

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなるシマエナガ:

« レンジャクの激突死 | トップページ | 日韓戦のおかげで得した話 »