« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

吸わないのに買ったライター

もう、タバコを止めて20年以上もたつんだけど、一日に三箱吸ってた頃に愛用してたのがジッポー(ZIPPO)とかイムコ(IMCO)とかのオイルライターだったな。

Rimg0013

その頃の主流だったガスライターは、気温が低いと炎が小さく成ってしまうし、風の強い日には使いづらいので、もっぱらアウトドアではオイルライターを愛用してた。

ジッポ―は、スターリングシルバー(純銀)のふたを開けるときの鈍い金属音が好きだったけど、それ以上にイムコが好きだった。
イムコは当時でも数百円で買えて、外観はブリキで出来たちゃちな作りだったんだけど、コンパクトで軽いし、何よりもワンアクションで火が付くのでとても便利だった。

Rimg0010

資料を調べると、イムコ社の歴史はジッポ―よりも古い1918年から始まってて、兵隊が戦地で使いやすいものとして開発されたらしい。

コンパクトな作りの中に必要最小限の機能が効率的に配置されているデザインは、とても凄いと思うし、その機能美に見惚れてしまう。

Rimg0011

街のライター屋さんで偶然に見かけたライターが懐かしくて、思わず買ってしまったAshでした。

Rimg0014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

近所のお山で赤い鳥

きょうは、近所のお山でオオマシコに会ってきました。

Img_5451
この子はオスタイプ。まだ子供のようで、赤い色も控えめです。

数週間前に「近所のお山に赤い鳥が来てるよ」って聞いたんで、喜び勇んでお山の頂上までドライブして、三脚まで立ててから気付いたのがカメラの電池切れ。

そう言えば、最近は出張やら車検やら車の修理やらで一か月以上もカメラをさわってなかったんで仕方ないけど、シャッターを一回も切らずにお山を下るのは寂しかったな。

Img_5743
この子はメスタイプですね。

そんなわけで、今週は再チャレンジを計画してたんだけど、数日前からの寒波で外出するのがおっくうに成って自宅でパソコン。でも、やはりお山が気に成ってドライブして見ました。

途中の山道では小雪がちらついてたし、頂上近くの気温はなんとマイナス3度。

でも、赤い鳥の見れる場所には、すでに数人の先客が半円形に三脚を立ててました。

Img_5791_2
アトリが一羽だけオオマシコの群れに混ざってました。

天候が悪いのためか、赤い鳥はなかなか出てくれないようで、先客はしびれを切らせて退散です。

辛抱強く待ってたら、すぐ傍のヤブでカヤクグリがガサガサを枯れ葉をひっくり返して、餌さがしを始めました。

Img_5698
気の小さいカヤクグリは、おどおどした表情のときが多いね。

カヤクグリはとても用心深い鳥で、10メートル以内には近づかせてくれないもんだと思ってたんで、ほんの3メートル先の足元で餌さがしをしてるのが信じられないくらい。

なんだか、カヤクグリから「こいつは悪い奴じゃないな」って信じられたような気がして、嬉しかったな。

Img_5578
これは、足もと3メートルでのショット。こんな近くで見るのは初めて。

しばらくすると、十羽ほどのオオマシコの群れやアトリが近くで餌をついばみ始めました。

Img_5840
お立ち台でポーズ決めてます。

やはり、モノクロームのこの季節に色鮮やかな鳥に出会うと、心までホッコリと暖かく成るね。

Img_5369
ちょっと色合いが違うんだけど、この子もオオマシコ?誰か教えてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

修理ざんまいの涙の年末

先日、ひと月ぶりに野鳥を撮りに行ったんだけど、現場でカメラの電源を入れたら「バッテリーと通信できません」とメッセージが出てしまう。

P1000106

撮影そのものは可能なんだけど、バッテリーの残量が判らないと突然撮影できなく成るんで不安だな。
メーカーへ修理代金を聞いたら、「センサーの故障」なんで宅配代金を含めて2万円ほど必要なんだとか。
保証期限が先月に切れたばかりなんで、痛恨のトラブルですわ。
修理期間は2~3週間らしいんで、いま修理に出すと年末年始や来月に予定してる遠征でカメラが無いのは辛いから、しばらくは辛抱するしかなさそう。

Rimg4191

修理といえば、最近は身の回りで諸々の修理が続いてうんざりです。
まずは、早朝の寝ぼけ状態で狭い裏道を通ったときに愛車の左側をガリガリとこすってしまって涙。ディーラーに持ち込んだら「概算で60万円」と言われてビックリしたけど、自車保険を使ったら15万円ほどの免責額でどうにか成ってちょっと安心したけど、痛いな。

もう一つは、愛用のノートPCのキーが一個だけ無く成ったんでメーカーに問い合わせたら、「キーボードごと交換で1万5000円です」って回答。

P1000107

追い打ちのように、コンパクトカメラのジョイスティックが壊れて、今は修理中だし、自宅のFAXプリンタも印字できなくなって買い替えたのは先週。

「身の回りの物が壊れる時期は集中する」ってのが、昔流行ったマーフィの法則に在ったような気もするけど、辛い年末です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

てら蔵、養生中

昔、なんば花月が在った頃に南海通りのアーケードを歩いてたら、劇場の前に「テラゾー、養生中」って看板が立ってた。

Rimg0726

役者さんの誰かが体調不良で入院でもしたんかな?

それにしても、「てらぞー」、「寺蔵」って聞いたことの無い名前なんで不思議に思って何人かに聞いてみたら、誰かが「テラゾーって大理石みたいな板のことと違う?」って返事。

Rimg0757

そうか、そう言えばその時期はアーケードの歩道の石を張り替えてたわ。

赤っ恥かいた日でした。

それにしても、「てらぞー」の「ようじょう」なんて、一般市民にはピンと来ないんで、せめて「タイル張替え中」なんかにして欲しかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

ジャンジャン横町で忘年会

もう、今年も残すところ十日あまり。

つい、このあいだ初もうでをしたばかりと思ってたのに、月日のたつのは早いもんだね。

Rimg0733

昨日は、Ashのオフィスから徒歩で10分くらいの新世界界隈で内輪の忘年会でした。

新世界は通天閣が観光スポットで有名なんだけど、少し歩いたところにはいわゆるドヤ街と呼ばれる釜ヶ崎が在るし、かつての遊郭だった飛田新地も隣接してるんで、少しディープでデンジャラスな街のイメージが濃いんです。

Rimg0735

他にも、新世界界隈は漫画のジャリン子チエや将棋の坂田三吉の舞台ってこととかが有名かな。

Rimg0743

実は、この街に遊びに来たのは十年ぶりくらいなんだけど、かつての暗くて危険な街というイメージはどこかへ消え去ってて、立ち並ぶ串カツ屋さんでは若いサラリーマンやOLがたくさん来てたので、少しビックリした。

Rimg0736

やはり、吉本の芸人さんなどのおかげで関西の下町が全国的に有名に成ってるようで、一部の串カツ屋さんなどは、お店の外にまで行列ができてましたよ。

Rimg0740

揚げたての串カツはホクホクしてて最高!、ビールもどんどん喉に入ってきます。

串カツをソースに「二度づけ禁止」というルールも有名だね。

キャベツはお代わり自由なんだけど、箸で持つのはご法度なんだとか。

Rimg0742

新世界では「だるま」が有名なんだけど、この夜は「てんぐ」というお店で呑んでみた。
串物は、カツのほかにも卵やタコ、エビ、ホタテもあるし、野菜系ではアスパラや青唐、シイタケ、レンコンも美味しかったよ。
白みそベースのたれで煮込んだドテ焼きも、ビールよく合うんで、お勧めかな。

Rimg0738

すぐ側にはチンチン電車の駅が在ってAsh宅方面の堺市へも走ってるんで、途中の浜寺公園駅まで古い街並みをのんびり走る旅もエンジョイできたよ。

Rimg0747_2   

久しぶりに昭和レトロな夜を満喫できた笑顔。
どう、幸せそうでしょ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

ミカン刈り日和

昨日までの悪天候が信じられないほどの好天でしたね。

Rimg0664

きょうは、車で30分ほどの和歌山県境に在る家人の実家までミカンを貰いに行ってきました。
青い空にミカンのオレンジが映えてきれいです。

Rimg0671

本邦初公開の豚児も幸せそう。

背の届かないところのミカンは、お爺ちゃんが取ってくれました。

Rimg0674

何歳に成っても孫は可愛いようですね。
ミカンには温暖な気候が必要だけど、お義父さんの話では、ミカンが色づくためには寒い日が続く必要もあるらしいです。

Rimg0370

公開ついで(?)ですが、これがもう一匹の豚児。
お兄ちゃんはおしゃれに敏感なやさしい性格なんだけど、妹はファッションに無頓着で、お金には厳しい性格ですね。
怖いことばかり言う娘でして、「お父さんが年金を貰うように成ったら手帳は私が管理する」とか「動けなく成ったら山に捨てるとか」言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »