« カメはのろまじゃないぞ | トップページ | 日曜なのに9時~5時で頑張った »

2010年11月10日 (水)

ミナミの伝説のホルモン屋

大阪ミナミの千日前通りの南沿いに、「仔牛屋」という小さくて古ぼけた焼き肉屋が在るんだけど、この店、かつてJALの機内誌に採り上げられたことが在るほどの伝説のホルモン屋です。

Rimg0359

おおよそ一間ほどの間口と一間半ほどの奥行きのスペースには四つの七輪が在って、お肉を注文した客は何れかの七輪の空きスペースで自分のお肉を焼くわけなんだけど、見ず知らずの人たちと仲良く七輪を分け合います。

Rimg0377

とても狭いお店なんで、とうぜん全員が立ち食いです。

見た感じは10人程度が限界なんだけど、それでも後からどんどん客が増えてくると、不思議な現象が始まるんだな。

昭和の時代には、ダークダックスやデュークエイセスなどの男性ボーカルグループ全盛の時期が在ったけど、彼らが唄う時のお決まりのスタイルは片手を前に出して肩を斜め45度にねじってたよね。

Rimg0381

このお店では、席が混みあってくると自然発生的に斜め45度スタイルに成って、一人でもたくさんの人のスペースを確保するように協力し合うんです。

きっと、JALの機内誌に採り上げられた理由は、他人どおしが七輪を分け合ってお肉を焼くことや、お店が混んでくると自然発生的に斜め45度スタイルに成ることなどが、とても微笑ましい光景だったからと思いますね。

Rimg0378

ポン酢ベースのタレには薬味のネギがたっぷり入ってて、お好みでトウガラシをかけて食べます。

ネットの情報によると、常連さんはまず最初に「生ギモ」からたのむとかで、店主に注文順のことや斜め45度スタイルの事なんかを聞いてみたら、温厚そうな店主は「みんな好きなようにやったらエエねん」、「この店にはしきたりもルールも無いし」、「伝説とか言うても、東京のマスコミが勝手に書きよるねん」とのこと。

Rimg0383

見ず知らずの客どおしが、和気あいあいと協調し合って美味しいお肉を堪能してるお店の空気は、この心の広い店主から漂ってくるように思ったな。

大きな地図で見る

「仔牛屋」は地図の真ん中あたりだけど、小さすぎて探すのに難儀するかもね。

|

« カメはのろまじゃないぞ | トップページ | 日曜なのに9時~5時で頑張った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

仔牛屋さん、ホルモン焼きブログ拝見いたしました、庶民的で美味しそうですね、ASHさんの、顔、ホルモンになっています、(*^_^*)

投稿: 福田 幸充 | 2010年11月13日 (土) 22:03

ふーさん、これが話してた千日前の高級スタンドパブです(笑)

投稿: Ashgarden | 2010年11月14日 (日) 05:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/49991546

この記事へのトラックバック一覧です: ミナミの伝説のホルモン屋:

« カメはのろまじゃないぞ | トップページ | 日曜なのに9時~5時で頑張った »