« 宮古島でバーディング(2010年秋) | トップページ | 地デジ時代はPanasonicの勝ち? »

2010年10月20日 (水)

知らずに珍鳥を撮ってたなんて

伊良部島へサシバの渡りを見に行ったときに、島の展望台の松の樹に止まったヒヨドリが海に見とれてる姿がほほえましくってパチリ。
Img_3195
ところが、私のブログを見た沖縄在住の野鳥専門家の方から、『これはハイイロオウチュウという珍しい鳥なんだよ』とのメールを頂いてビックリです。
Img_3195_t
聞くところによると、この鳥は宮古諸島では観察記録は在るものの、写真には撮られていなかったんだとか。

我ながら素人ってラッキーだなって痛感しました。

この鳥の英名はAshy Drongoとのことなので、Ashとご縁が在ったのかな。

で、肝心のサシバの渡りのことなんだけど、野鳥専門家の方からの情報によるとAshが島を後にした16日に7000羽の大群の渡りが在ったんだとか。

今回の探鳥旅行がラッキーだったのか不運だったのか判断に迷うけど、美味しい泡盛を呑んできれいな夕陽が見れただけでも寿命が三年ほど延びた気がするんでラッキーな旅だったんだろうね。

次のチャンスには、川のように流れるサシバの群れを見てみたいものです。
■この写真を撮った時の探鳥記です

|

« 宮古島でバーディング(2010年秋) | トップページ | 地デジ時代はPanasonicの勝ち? »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ハイイロオウチュウのスクープおめでとうございます。
やはり珍鳥でしたか。
前回のブログを拝見してから、「この鳥は何だろう?リュウキュウサンショウウクイの幼鳥?」と図鑑に載っていないので、ネットで調べてみたのですがわからずにいました。
写真使用のオファーがるのでは?
私も先日、幻の蛇シロマダラの喧嘩(共食い?)のシーンに遭遇し撮影しました。蛇の知識がなったので帰宅後ネットで調べて中々見られない種類だとわかりました。
珍しい場面に遭遇するときは意外とこのような感じですよね。

タカの渡りは少し残念でしたね。
Ashさんお気持ちは凄くよくわかります。
私もタカの渡りは大好きで毎年見に行くのですが、今年も一番飛んだ日に用事があり見逃してしまいました。
条件が揃っていても飛ばない時が多々ありますね。でも、だからこそ風向き天候や気温等を色々考え、多く飛ぶ日を予想して当たった時は最高ですよね。
来年期待しましょう。

投稿: apisto | 2010年10月21日 (木) 23:40

ハイイロオウチュウ、ゲットおめでとうございます、証拠写真でもなんでもシャッターを押さないとだめですね、ノーベル科学賞受賞者のコメントを思い出します、

投稿: 福田 幸充 | 2010年10月23日 (土) 20:30

ふーさん、コメントありがとう。
わたしの写真を見た野鳥の専門家の方は、余りにもの珍鳥なんで、緊張あまりシャッターを押せなかったかもとのコメントが在りました。
ヒヨドリが海をながめてる光景を撮るつもりだった、能天気な素人だったのが幸いしたようです。

投稿: Ashgarden | 2010年10月23日 (土) 21:11

 これ、すごいですね。しかも特徴がきれいに写ってる。
 手元の図鑑では『日本の鳥550』と『日本の野鳥590』にのみ載ってました。前者の写真はよくありませんし。
 「きわめてまれな迷鳥」・・・
 羨ましい。

投稿: Wind Calm | 2010年10月24日 (日) 16:23

Wind Calmさん、コメントありがとうございます。
残念ながら、わたしはProカメラマンでもバーダーでもない、ただの酒飲みのおっちゃんが泡盛を飲みたくて南西諸島に行ったついでのスナップショットに「何かの」鳥が写ってたということです。
南の島は自然もきれいだったけど、島の人たちもやさしかったです。

投稿: Ashgarden | 2010年10月24日 (日) 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/49799986

この記事へのトラックバック一覧です: 知らずに珍鳥を撮ってたなんて:

« 宮古島でバーディング(2010年秋) | トップページ | 地デジ時代はPanasonicの勝ち? »