« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

めっちゃ好きな曲

きょうは夕方から出張の中途半端なお休みなんで、自宅でYoutube遊びです。

このリンクの曲は、白鳥座というグループが大昔に出した『DENEB』というLPアルバムに含まれてるんだけど、何度聞いてもジーンときます。


いまの時代はCDでの復刻盤も多いのに、いっこうに販売の噂を聞かないのが残念だな。

Vocalは『佐田玲子』。
そう、『さだまさし』さんの妹なんで、どことなく声の質が似てますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

駿河の街で生シラス

先週は、富士山のふもとの街へ出張でした。
今回はタフでハードな出張に成ると覚悟してたんで、いつもならスーツケースの2/3を占める望遠レンズも三脚も無しの、まじめ(?)な旅です。

Rimg0306

出張中の天候が思わしくなくって、富士山の全貌は拝めなかったけど、やはり日本一高い独立峰は見事なもんだね。

Rimg0315

そんな出張の疲れを癒してくれるのは、何と言っても地酒と地元の肴でしょう。
この地域は桜エビや生シラスの漁場で、旬の季節にはあちこちのお店で堪能できるんだけど、もう秋なんで生ものを堪能するのは難しいかも。

Rimg0311

と、半ばあきらめてたんだけど、富士駅の近くの『三丁櫓(さんちょうろ)』というお店では、この季節でも食べれるかも知れないと聞いて直行。

Rimg0309

正直、旨かった。
皿いっぱいに盛られた生シラスの甘みと磯の風味がたっぷりで、とても贅沢なお酒を呑ませてもらって幸せ。

この季節でも生シラスを食べれる訳は、店主が漁師を兼ねていて自分で網を出して捕ってくるからなんだとか。

自分の店で出せる分だけ捕れれば良いので、海さえ荒れて無ければ何とかなるとか。
店主曰く、今の時期は深い場所でしか捕れないんでシラスが小ぶりなんだとか。

でも、解凍ものを生だと偽って出すお店に比べれば、小粒でも本物の生にこだわって漁をする店主は偉い!

Rimg0310

このお店では、ハリコと呼ばれるサンマの稚魚も美味しくって、メザシみたいに丸ごとで食べたんだけど、ハラワタのほろ苦さにつられてお酒の量を過ごしてしまったAshだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸ヌーボー解禁

毎年の戴きものなんだけど、ことしも解禁されたばかりの神戸ワインの新酒「MINORI」を戴いた。

Rimg0335
ちょうどワインの在庫を切らしたとこなんで、ムチャ嬉しい。

新聞によると、今年の神戸のブドウは記録的な猛暑のために粒の大きさも収穫量も例年より落ちたんだとか。
でも、そのぶん一粒づつにうまみが凝縮されて香りと味わいが濃厚なんだとか。

早く夜に成れー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

地デジ時代はPanasonicの勝ち?

拙宅ではケーブルテレビの回線で地デジ・衛星・ケーブル放送を見てるのだが、HDレコーダがアナログ放送用のチューナーしか無いので、ケーブルテレビのチューナー(セットトップボックス)を介して地デジなどを録画している。

そろそろ、HDレコーダも地デジ対応のものに買い換えようと思い、テレビと同じメーカーのSONYから、ブルーレイディスク/DVDレコーダー( BDZ-RX105 )を買ったのだが。

Rimg0286

ケーブルテレビのチューナーから出ている赤外線発信機のLEDを、DVDレコーダーのリモコン受信部の前におけば、ケーブルテレビの放送を自動録画できるはずだったけど、思い通りに行かない。

今更ながらとは思いつつも、チューナーの説明書を読み返してみると、このチューナーで赤外線リモコンの機能を利用して自動録画できるDVDレコーダーは、Panasonicとパイオニア、三菱だけなんだとか。

Temp

なんとか成らないものかと、相談窓口にもメールしたけど、説明書と同じ答えしか返ってこなかった。

Rimg0288_2

ネットで検索すれば解るけど、ケーブルテレビのチューナーの市場はPanasonicの独占状態のようだし、残念ながら現時点ではSONYから同様の商品は販売されていない。

SONYとPanasonicは昔からAV市場で争ってきた両雄だけど、地デジ時代はPanasonicが制覇するかも知れないな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

知らずに珍鳥を撮ってたなんて

伊良部島へサシバの渡りを見に行ったときに、島の展望台の松の樹に止まったヒヨドリが海に見とれてる姿がほほえましくってパチリ。
Img_3195
ところが、私のブログを見た沖縄在住の野鳥専門家の方から、『これはハイイロオウチュウという珍しい鳥なんだよ』とのメールを頂いてビックリです。
Img_3195_t
聞くところによると、この鳥は宮古諸島では観察記録は在るものの、写真には撮られていなかったんだとか。

我ながら素人ってラッキーだなって痛感しました。

この鳥の英名はAshy Drongoとのことなので、Ashとご縁が在ったのかな。

で、肝心のサシバの渡りのことなんだけど、野鳥専門家の方からの情報によるとAshが島を後にした16日に7000羽の大群の渡りが在ったんだとか。

今回の探鳥旅行がラッキーだったのか不運だったのか判断に迷うけど、美味しい泡盛を呑んできれいな夕陽が見れただけでも寿命が三年ほど延びた気がするんでラッキーな旅だったんだろうね。

次のチャンスには、川のように流れるサシバの群れを見てみたいものです。
■この写真を撮った時の探鳥記です

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

宮古島でバーディング(2010年秋)

   毎年の寒露の季節に、日本の森林で繁殖したサシバ(タカの一種)がフィリピンやインドネシアなど南方の国を目指して岬づたいに渡ってゆきます。
数千羽ものサシバが川の流れのように上空を飛ぶ姿が見たくって、サシバの9割が通過すると言われる伊良部島へ行ってきました。

■10月9日

Rimg0038 

土曜日は三連休の初日のせいか、沖縄へ向かう昼の便は満席でした。
やっと取れたのが夜の7時半に関空を出発する便だったけど、この時刻では那覇空港から先の接続が無いので、この夜は空港近くのスーパーホテルで一泊です。

Rimg0043

ホテルにチェックインし、モノレールの奥武山公園駅に向かって10分程度歩くと、数件の飲食店が集まってました。
能登半島出身のAshには『能登の海』というお店の名前にも惹かれたけど、やはり沖縄に来たからには地元の物が食べたいよね。

Rimg0044

『牛角』や『札幌ラーメン』も在ったけど、大阪でも食べれるチェーン店には興味が無いので、『最強食堂』というキテレツな名前のお店に入ってみました。
このお店の食べ物の値段はどれもお手頃です。
Ashが食べた豚ステーキ定食は480円の驚き価格。大阪だと、この予算ではかけウドンくらいしか食べれませんよね。まさに最強の食堂でした。

■10月10日

Rimg0049

宮古島への便は9時半の出発なので、時間はたっぷり余ってます。
空港の近くには、シギチの飛来で有名な漫湖が在るんだけど、あいにく満潮の時刻だったので立ち寄るのは諦めて早々と空港へ向かってみました。

Rimg0053

ロビーに対向する二面の窓には大きなステンドグラスが飾られてました。
トロピカルなデザインの窓から差し込む明るい日差しは、これから過ごす南の島での楽しい日々を予感させてくれます。

Rimg0054

出発ゲートのソファーで外を眺めてたら、イソヒヨドリが窓の外に飛来してくれました。
大阪ではたまにしか見かけないイソヒヨドリも、沖縄や南西諸島ではスズメくらいにありふれた存在です。

Rimg0059

那覇空港を飛び立つとすぐに見えてくる名も知らない小島。
ここにヤシの樹でも生えたたら最高なんだろうけど。

Rimg0063

Ashは、飛行機に乗った時だけ体験できる丸い虹を見るのが好きなんです。

Rimg0095

宮古空港から平良港へはタクシーで千円未満です。
出発直前の連絡船に飛び乗るやいなや、伊良部島のレンタカー会社へ到着予定時刻を電話しておいたので、佐良浜(さらはま)の港には迎えの車が来てくれてました。

Rimg0117

これは、レンタカー会社が入っている建物。
『トーガニ響むサシバの郷』のスローガンを見ると、この島がサシバに傾ける情熱の強さを感じます。
ちなみに、トーガニとは蟹の名前じゃなくて、伊良部島でよく歌われている有名な民謡のことです。

Rimg0119

レンタカー会社の方にお勧めの店だと教えてもらった渡口の浜(とぐちのはま)の食堂で食べたのは、やはりソーキソバです。
島唐辛子を振りかけると、美味しさが増しますよ。

Rimg0121

このお店では揚げたてのサーターアンダーギも売ってたので、今日のおやつとしてキープしときました。
やはり、揚げたてはふんわりと柔らかくって、とても美味しかったです。

のんびりと海を見ながらソバを食べてたら、今晩の宿泊先の富谷(とみたに)さんから、『宿に顔出ししてくださいね』との電話。
ペンション富谷は、伊良部島と下地島をへだてる水路沿いに在って、近くの干潟の木でたくさんのサシバが夜を過ごすんだとか。

Rimg0127

サシバが到着する夕刻には時間が在るので、下地島を一周してみました。
この島に在る3000メートルの滑走路は、民間航空機のパイロットの訓練飛行に使われていて、飛行機屋さん(飛行物の写真を撮る人)には人気のスポットです。
滑走路を囲うフェンス越しにタッチアンドゴーする飛行機を撮るマニアが多いらしくて、島のレンタカー会社では無料で踏み台を貸してくれます。

Rimg0129

下地島の西側に在る『通り池』という観光スポットです。
道を挟んだ二つの池が水中で繋がっているので、この名前に成ったとか。

Rimg0132

Ashの後方の『なべ底』という名の池は海とも繋がっているらしく、何人かのダイバーが眼下の水面にぽっかりと浮かび上がってきました。

Rimg0143

まずまずの好天で、夕方のサシバの飛来が期待できそうです。

Img_2214

下地島から伊良部島へ渡る橋で見かけたツバメです。

Img_2324

この夏にはAshの自宅近くの干潟でも出会えたセイタカシギ。
この個体は渡りの途中なのか、それとも留鳥として住みついているのかな。

Img_2361

この蝶もたくさん見かけました。
図鑑で調べるると、スジグロカバマダラのようだけど、自信無いです。

Img_2543

ペンションの近くの貯水池では、数羽のツバメに混ざって一羽のアジサシが何度も往復して何かを探してました。
これは、南西諸島で多くみられるクロハラアジサシです。

この日の夕刻は、数羽のサシバが上空を横切っただけだったので、数千羽のタカ柱をイメージしていたAshには期待外れの第一夜でした。

Img_2714

ペンションでの夕食の後、ご主人が下地島方面のドライブに誘ってくれました。
下地空港の照明は、いったん8時半に消灯された後で何回かの点灯試験が行われます。
この夜は三脚を持参しなかったので滑走路の夜景はきれいに撮れなかったけど、逆にこんな面白い写真が撮れました。

Img_2726

ペンションへの帰路では、ご主人がゆっくりと車を走らせて何かを探している様子でした。
『居たよ!』の声で下車して見ると、大きなザリガニが道路を渡ってるところでした。

Img_2728

少し走ると、今度はカニがいました。
産卵時期の満月の夜には、数え切れないほどのカニが道を渡るので、車が走れないんだとか。
この夜は、土ボタルなども見せて頂いて貴重な体験ができました。

Img_2732

宿では、千葉県からダイビングに来た佐々木さんという男性、それと福井県からの高橋さんという女性と同宿で、いろんなダイビングのエピソードを聞かせてもらえた楽しい夜でした。

■10月11日

Img_2766

今朝は、島を時計回りに回って牧山展望台を目指すことにしました。
島の北端の西海海岸公園にはサシバを象った展望台が在ります。

この旅行を計画した際に、伊良部島のどこに行けばサシバが見れるのかを知りたくて、ネットを検索したんだけど、これはと言う情報が見つかりませんでした。

宮古島市役所のホームページに相談コーナーが在るのを見つけて質問を書いたら、一週間後くらいに地域造り課のキナさんという方から回答の電話が来ました。

キナさんのお話では、サシバは風に向かって飛ぶ習性があるので、どこを飛ぶかは当日の風向き次第なんだとか。

とは言っても、代表的な観察スポットとしては、牧山展望台や二つの島に挟まれた入り江、下地島の南西部などが良さそうとのことでした。

具体的な地名として、『白鳥崎(しらとりざき)』、『なかよね橋』や『太鼓橋』なども教えてくださいました。

キナさんには、とても感謝しています。

Img_2767

見えるのは、ただ水平線だけの展望。
こんな風景を見てると時の経つのを忘れてしまいそうです。

Rimg0155

サシバのお腹に入ると遠くまで見渡せます。

Rimg0156

サシバ、サシバ、どこに居るんや?

Rimg0162_3

牧山展望台では、偶然にも地元写真家の与儀一夫さんと、数年ぶりにお会いしました。
与儀さんは宮古島在住の有名プロカメラマンで、『美ぎ島の彩(かぎすまのいろ)』という写真集も出版されてます。

Img_2794_2

南西諸島のメジロはリュウキュウメジロという亜種で、黄色いノドと白いお腹が特徴です。

Img_2799_2

宮古島と伊良部島を結ぶ連絡橋の上をサシバが飛んでました。
この橋が、予定どおりに2013年早々に完成すれば、島民の生活は一気に便利に成るんで反対者は居ないだろうと思ってたら、今は民間航空機の練習用として使われている下地島空港が、橋の完成後に自衛隊や海兵隊の軍用に転用されるかもしれないという恐れを持っている人が少なくないとのことでした。

奥様方の悩みとしては、今は夕方のフェリーで自宅に戻ってきてるご主人方が、連絡橋ができた後は宮古島の居酒屋で遅くまで飲んで、奥様方が車で迎えに行くことが増えるんじゃないのかとの懸念でした。

Rimg0166

ここは、宮古市役所の伊良部支所(旧伊良部町役場)です。
伊良部島を通過するサシバを、ここの屋上でカウントしています。

Rimg0170

外階段を登って屋上に着くと、与儀さんの知人の西原さんがカウントしてました。
西原さんは今日が連続三日目らしいけど、炎天下とスコールの屋上でタカを数える作業は大変でしょうね、ご苦労様です。

Img_2849_2

向かいの建物の屋上に居たイソヒヨドリ。
とても歌上手な鳥なので、大好きです。

Img_2889_2

午後一時ごろから何度かのタカ柱が立ち始めて、これは約60羽ほどのタカ柱です。
彼らは、上昇気流を捕まえてはるか上空まで舞い上がった後に、南の国を目指して飛び去りました。
この日の午後は、こんなタカ柱が三回立ちました。

Rimg0171

与儀さんの自然児ぶりには圧倒されます。
いきなりコンクリートの屋上で寝転がったので昼寝かなと思ってたら、『いま、大野山林のほうへ5羽飛んだけど、ちゃんと撮った?』と聞かれました。寝て無かったんや(汗)

彼は毎年のタカ渡りのシーズンには、愛車のオフロードカーで伊良部島に渡り、下地島の松林あたりで車を止めて野宿するらしいです。
根っからのサシバ好きなんだろうな。

Rimg0175

役場の屋上はとても暑くって、ペットボトルの水があっという間に無くなってしまいました。
今日も期待したほどのサシバが見れなくて、少し意気消沈したAshです。

■10月12日

Img_3195

■10月20日加筆
海に見とれてるヒヨドリが可愛いなって思って撮った写真なんだけど、野鳥専門家の方からハイイロオウチュウという珍しい鳥だよと教えて頂いてビックリです。

今朝の連絡船で宮古島に渡って、幾つかのバーディングスポットで遊ぶ予定なんだけど、伊良部島とお別れする前に、島の全景を目に焼き付けようと牧山展望台に登ってみました。

展望台に着くと同時に、50羽程度の群れがタカ柱を作り始めました。
牧山は標高が90メートルほどなので、タカはすぐ上空を飛びます。
タカが飛ぶ姿を近くで見たいのなら、ここがお勧めです。

Img_3210

島一周道路から振り返って見た、牧山展望台の遠望です。

Img_3228

フェリー乗り場へ戻る途中で、上空をプロペラ機が通過しました。
これは、多良間島へ向かう便だろうか。
宮古島でもレンタカーを予約して在ったので、空港近くのスカイレンタカーまでタクシーで向かいました。

Img_3234

宮古島では久松(ひさまつ)という海沿いの集落でサシバのカウントをしています。
カウントする場所は夕陽が丘と呼ばれていて、夕陽がとてもきれいに見える丘です。

Img_3237

イソヒヨドリのメスです。
どういう訳か、宮古島ではメスよりもオスの方を多く見かけました。

Rimg0185

夕陽が丘からの展望です。
ここでは、久貝(くがい)さんという方がサシバのカウントをされてました。
10月とは言え、じりじりと焼けるような炎天下での終日のカウント作業は、とても根気と体力の要る仕事です。
宮古島では、たくさんの方々がサシバを守るために頑張っています。

Rimg0186

サシバのカウント地点から徒歩ですぐの場所には、taka's parlorというお店が在るので食事や休憩に便利です。
ここでは時間がゆっくりと流れて行きます。

Rimg0187

マンゴーをたっぷり使ったトロピカルなジュースは、とても美味しかったですよ。

久松でしばらく待ってみたもののサシバの気配が無かったので、島の北端に隣接する池間湿原に向かうことにしました。

Rimg0193

池間大橋から望む大神島です。
かつて、この島にはたくさんの人が住んでたらしいけど、ほとんどの人が宮古島へ移住してしまい、今では数十人ほどが暮らしているだけらしいです。

夏には、橋の南詰の岩場でハラグロアジサシが営巣します。

Rimg0200

池間大橋のたもとの売店横の石段を下ると、真っ白な砂浜のビーチが拡がります。

Rimg0202_2

秋の砂浜には人影も少なく、関西から来たオヤジ(Ash)とアベックさんで貸し切り状態。

アベックさんに頼んで、きれいな海をバックにパチリ。
かなり日焼けしてきましたね。

Rimg0205_2

白い砂とコバルトブルーの海です。

Img_3293

池間湿原では、スズメガがハチドリのように高速に羽ばたいてホバリングしてました。
長い触手を伸ばして、器用に飛びながら蜜を吸います。

Img_3343

オオゴマダラが何羽も居ました。

Img_3375

これはムシクイなんだけど、正確にはセンダイムシクイなのかな?
この種の同定はとても難しいですね。

Img_3401

これはジャコウアゲハのメスですね。

Rimg0213

羽根を開いた大きさが13cmも在るオオゴマダラは、日本のチョウとしては最大級の大きさで、宮古島市のチョウに指定されています。
ふわりふわりと上空を舞う姿は壮観ですよ。

Rimg0214

池間湿原の野鳥展望台です。
数年前に訪れた時には、木製で朽ちかけた展望台だったし、展望台までの道も背丈以上の草が生い茂っていたのでがっかりだったけど、今では鉄骨製の立派な展望台に変身したうえで、道も整備されてました。

Img_3437

そろそろサシバが飛来する時刻なので、夕陽が丘に戻って見たものの、どうやら今日もボウズのようです。

Rimg0221

南の島の天候は晴れとドシャ降りの繰り返しなので、この日も何度かのスコールに会いました。
突然の雨は大変だけど、ご褒美としてその後にはきれいな虹が見れます。

Img_3453

来間島(くりまじま)に在る今晩の宿『たきなか』へ戻る前に立ち寄った長崎の浜というビーチには、一羽のイソヒヨドリが居ました。
翌日の夕方にも同じ場所で見たので、この近くに巣が在るのかも知れないね。

Img_3460

これが今晩のメニュー。
『たきなか』では、自宅で栽培している無農薬の野菜や、モズク・グルクンなど地元の食材をたっぷり使ったメニューが堪能できるので、食事の時間が待ち遠しいです。

Img_3466

ペンションの窓から見た満天の星空。
来間島にはお店も人家も少ないので、数え切れないほどの星を見れます。

夜中に起きて、ビーチで寝ころんで星空を見上げるつもりだったのに、日中の遊び疲れと夕食の泡盛が効いたのか爆睡してしまったようで、気づいたら朝でした。(涙)

■10月13日

Rimg0228

これが朝食です。
夕食同様に地元の食材が多いので、とても美味しくいただけました。

Rimg0231

お椀の汁物は『ゆし豆腐』で、にがりで固める前のフワフワした食感が楽しい料理です。

Img_3540

午前中は大野山林に行ってみたんだけど、当然ながらアカショウビンやサンコウチョウなどの夏鳥たちは、陰も姿も見えませんでした。
風がとおらない山林はサウナ風呂のような蒸し暑さだったので、そうそうに夕陽が丘へ移動です。

夕陽が丘では、絵葉書を見るような絶景が眼下に拡がります。

Rimg0234

真正面の海に沈む夕日を展望できる高台に建つ小さなレストラン。
女性のオーナーさんは関西出身者で、とても気さくで明るい人でしたよ。

Rimg0235

このレストランも二日目の今日は、カレーうどんにチャレンジ。
スパイスが効いたルーと、大きなラフテーが細麺の味を引き立てます。

Rimg0237

腹ごしらえもしたし、サシバの飛来まで時間もたっぷりあるので、どうしようかなと悩んでたら、オーナーさんから『川満(かわみつ)のマングローブでも見てきたら』とのアドバイス。
久松から川満までは車で10分程度の距離なので、時間つぶしに行ってみることにしました。

Img_3575

川満へ向かう途中の農道に居たセッカ。
暖かい南西諸島に住むセッカでも、もう冬羽に衣替えしたんだね。

Img_3609

川満の河口に居たキアシシギ。

Rimg0240

これが、マングローブの公園。
ここには、シギ類のほかにメジロがたくさんいましたね。カワセミも見かけたんだけど、撮るチャンスが無くて残念でした。

Img_3636

川満漁港の上空は空港への進入路に成っていて、頭上を飛行機が横切ります。

Img_3649

久松に向う戻り道で、白鷺の群れが頭上を通過しました。

真っ青な空と真っ白な鳥のコントラストはきれいでしたよ。

Rimg0241

漁港のそばでは、何人かの釣り人が糸を垂れてました。

Img_3657

島にはコサメビタキもたくさん居ます。

Img_3667

下地集落付近で車を走らせてると、『ミーミー』という子猫が親を探すときのような鳴き声が上空から聞こえてきたので民家の屋根を見上げると、アンテナにサシバが止まってました。

Img_3674

しばらくすると、三羽のサシバが上空を舞い始め、またたくうちに米粒ほどの大きさの上空まで登って行ってしまいました。

地元の人の話では、鳴きながら飛ぶサシバは渡りをしないんだとか。
留鳥としての暮らしを選んだサシバたちは『落ちダカ』と呼ばれてます。

Img_3740

サニツ浜を過ぎて西浜崎へ向かう道の草むらには、たくさんのアゲハが蜜を吸ってました。
ジャコウアゲハのオスは、真っ赤なお腹がとても印象的でした。

こんなに目立つ色では鳥に見つかりやすいだろうけど、ジャコウアゲハには毒が在るので鳥が嫌うらしいです。

Img_3763

同じく西浜崎で見かけたのは、日本では南西諸島にだけ生息するリュウキュウアサギマダラ。
黒地の羽根の中に透き通るような水色が鮮やかな蝶でした。

Img_3802

夕陽が丘でのサンセットは6時半ごろです。
きょうも川のようなサシバの群れは見れなかったのが残念だけど、美味しい空気を吸ってきれいな海が見れただけでも幸せな一日でした。

この日も、地元の新聞社の方や野鳥の会の方々が何名もサシバの観察に夕陽が丘へ訪れてました。
宮古島の方々のサシバに対する熱い気持ちがジンジンと感じられました。

Img_3808

車を飛ばし、なんとか来間島の長崎の浜の夕焼けにも間に合いました。
一番星が出るころに、昨日と同じ岩場にイソヒヨドリが飛来しましたが、どうやら近くに巣が在るようでうすね。

Rimg0246_2

これが『たきなか』二日目の夕食。
ゴーヤチャンプルや無農薬栽培の自家菜園で採れたての野菜サラダ、それに数時間前に漁師が売りに来たばかりのマグロやモズクに天ぷら等々。
Ashが地方への旅する際の楽しみは、その土地ならではの食材や料理を味わえることなので、Ashにとってはすごいご馳走です。
観光旅館の夕食のように量が多すぎるのもダイエット中の身には辛いので、この程度の食事が嬉しいな。

Rimg0247

沖縄料理のソーキ汁は、豚の骨付きアバラ肉にコンブの出汁と大根のコラボレーションが作り出す傑作ですね。

Rimg0248

昨日は島の秋祭りだったので、祭用に作ったドブロクのおすそ分けがありました。
島のドブロクはヨーグルトのような風味で、Ashが今までに呑んだことがある物とは一味違いました。

Rimg0229

『たきなか』は、お父さんやお母さんが心やさしくて、自宅に居るような心地よさのペンションです。
元公務員のお父さんは、無骨そうな外見(失礼)に反して、とても暖かな人です。

Rimg0230_3

看護士だったお母さんは、とても心やさしい方ですよ。

■10月14日

Rimg0250

今日で宮古の島々ともお別れなので、少し寂しい気分です。
島の東側の竜宮展望台からは、数日前にサシバを追いかけた伊良部島や宮古本島が遠望できます。

Rimg0251

展望台から島の西側を眺めると、サトウキビ畑越しに長間浜が見えます。

Rimg0254

上地(うえち)の集落には、日本で一番南のファミマが在りました。
こんな遠方なのに、都会と同じ商品を同一価格で提供するファミマの営業努力には凄いものがあります。

Img_3837

最終日の午前中は池間湿原に二度目の訪問です。
この湿原では、野鳥のほかにもたくさんの蝶やトンボを見ることができます。
これはリュウキュウムラサキです。
南西諸島では良く見かける蝶だけど、繁殖はしていないらしいので台風などで南の国から運ばれてきたようです。

Img_3845

南国の強い日差しには、強烈な赤色のハイビスカスが似あいますね。

Img_3846

展望台の真下には数羽の白鷺が休んでました。

Rimg0263

途中の食品店で買った『うず巻きパン』は宮古島の名物で、与儀さんも大好物なんだとか。
パンで作ったロールの中に、たっぷりのクリ―ムにザラメのよな砂糖が混ざってて、とても美味しいんですよ。

Img_3886

久松でサシバをカウントしてた久貝(くがい)さんから、池間湿原ではクロサギが繁殖しているので、半日くらい辛抱してたら見れるかも知れないと、アドバイスを頂いてました。
残念ながらクロサギには会えなかったけど、日本では池間湿原を含む南西諸島でだけ繁殖しているというムラサキサギには会うことができました。
このサギは、シラサギなどより臆病なようで、人の気配を感じると草むらに隠れてしまいましたが、辛抱強く待ってたら日向ぼっこに出てくれました。

Img_4199

これは、アオタテハモドキのオスです。
とてもカラフルで、目玉模様が印象的な蝶です。
美形の外見とは裏腹に性格は獰猛なようで、トンボなどが近づくと猛烈に追いかけまわしてました。
池間湿原へ二日も続けて通った訳の一つは、この蝶に会いたかったからです。

Rimg0265

池間湿原の東側にも、きれいなサンゴ礁が在るんです。

Rimg0266

ビーチではスノーケルをつけたダイバーたちが遊んでました。

Rimg0267

宮古空港はサシバをモチーフにデザインされたとのこと。
そういえば、屋根の色や形はどことなくサシバっぽいですね。

Rimg0269

飛行機から見下ろした大野山林。
夏には、アカショウビンやサンコウチョウやコノハズクがバーダーを楽しませてくれます。

Rimg0280

上空からの漫湖。
今回は潮位の都合で遊べなかったけど、空港の近くというアクセスの良さは、時間貧乏の私には嬉しいロケーションですね。

今回の旅では、残念ながら川のように続くサシバの渡り見れませんでした。
でも、この島ではたくさんの野鳥や蝶や花を満喫できたし、夜には泡盛やドブロクや満天の星空がAshを迎えてくれました。
今回は五泊六日の長い旅だったので、真っ黒に日焼けしましたよ。

■2006年に初めて宮古島を訪れた際の探鳥記です
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_5db7.html

■2008年の二回目の宮古島探鳥記です
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_0090.html

■2013年にダブル台風の中を難儀した四回目の宮古島探鳥記です
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-e69f.html

■10月20日加筆
肝心のサシバの渡りのことなんだけど、野鳥専門家の方からの情報によるとAshが島を後にした16日に7000羽の大群の渡りが在ったんだとか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »