« ハッブル宇宙望遠鏡 | トップページ | 宮古島でバーディング(2010年秋) »

2010年9月25日 (土)

近所の干潟へキリアイを見に行くと

数日前、近所の干潟にキリアイが来てるって情報をもらったのに、所用が在って行けなかったんだけど、なんとか間に合ったみたいです。

Img_2013

五羽くらいのキリアイがハマシギやトウネンの群れにまざって餌を探してました。
図鑑によると、この時期に日本で見れるキリアイは幼鳥ばかりなんだとか。
そう言われると、なんとなく子供っぽい表情が可愛く見えてきます。

Img_1792

キリアイを見てたら、大きな鳥が目の前の浅瀬にバサリと降りてきました。
チュウシャクシギと思ってたんだけど、Nさんから『ホウロクシギの幼鳥ですよ』ってお教えいただいた。

Img_1824

トウネンやキリアイなど小さいシギチを見慣れた目には、とても存在感の在る大きさですね。
ホウロクシギは初見なので、嬉しいです。

干潮の時刻を過ぎて、浅瀬には鳥たちも居なくなったので、大津川河口へ行って見ました。

Img_2058

潮が満ちて来たのでさすがにシギチの姿は無かったものの、上空ではミサゴがグライドして獲物を探してました。
初秋の青空にミサゴの白いお腹が印象的だったな。

|

« ハッブル宇宙望遠鏡 | トップページ | 宮古島でバーディング(2010年秋) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/49558469

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の干潟へキリアイを見に行くと:

« ハッブル宇宙望遠鏡 | トップページ | 宮古島でバーディング(2010年秋) »