« 釧路湿原の冬鳥(2010年) | トップページ | セキレイの樹 »

2010年3月23日 (火)

バリケン

この一週間は霞ヶ浦です。
Rimg0164
ホテルへの帰路で立ち寄った河口に変な鳥が居たので、地元のおっちゃんに聞いたら『バリケン』だとか。
Img_7763
■Yahoo!百科事典■
鳥綱カモ目カモ科の鳥。南アメリカのペルー、パラグアイ、ブラジルに分布する野生種のバリケンを家畜化したもので、原生地ではおもに樹上で生活する。前肢(翼)の指端には鉤(かぎ)づめが発達している。バリケンは、ペルーアヒル、ブラジルアヒル、タイワン(台湾)アヒル、カントン(広東)アヒル、ジャコウ(麝香)アヒルなどの別名でもよばれて広く飼われている。顔面は羽がなく赤い皮膚が露出し、雄の嘴(くちばし)の基部に肉いぼがあり、麝香様の臭気を出すといわれる。頭上には毛冠様の長い羽があり、羽色には野生種の黒のほか白、黒白斑(はん)などの変種がある。成体重は雄が約5キログラム、雌が3.5キログラムで、肉量は多いが繊維が粗い。この欠点を除くために、台湾ではアヒルとの属間雑種をつくり食用アヒルとして利用する。就巣性をもつが、就巣できないようにして飼うと年約150個の卵を産む。
Img_7771
こいつのデカさは、オナガとの対比で解かります。
世の中にはいろんな生き物が居るんですね。

|

« 釧路湿原の冬鳥(2010年) | トップページ | セキレイの樹 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/47884296

この記事へのトラックバック一覧です: バリケン:

« 釧路湿原の冬鳥(2010年) | トップページ | セキレイの樹 »