« ふーさんと野遊び | トップページ | 友チョコ »

2010年2月 8日 (月)

「コンピュータ」から「コンピューター」へ

自社で開発しているソフトをWindows7に移植する作業中に、ある変化に気が付いた。

スタートメニューに出てくる機能名の一部で、今までのXpでは「コンピュータ」と表示されていた名称が、7では「コンピューター」に変わっている。
Windowsxp
↑WindowsXpではこうだったのに
Windows7
↑Windows7ではこう成った
外来語の語尾を延ばすか否かは各論在るが、今まで「コンピュータ」を採用してきたMicrosoftが今さらのように「コンピューター」に変更したのは意外だ。

「プリンタ」も「プリンター」に変わっているので、もっと他にも変わった用語が在るのかも知れない。

ちなみに、インターネット上での用語の発生頻度をYahooで調べると、
「コンピュータ」が約500万件ヒットするのに対して「コンピューター」は約100万件しかヒットしない。

今までの方針を変えてまでマイナーな用語に切替えたMicrosoftの真意は何だろうか?

何かと問題の多かったのVistaはフォーマットしてしまったけど、機会があれば後日調査してみようかな。
■追記■
1)自宅のVistaでは、「コンピュータ」と「プリンタ」だったので、この改変は7からのものらしい。
2)Microsoftのサイトを調べたら、以下の記載が見つかった。
知らなかったのは私だけか...(汗)
<長音表記の変更>
Microsoft では、外来語に由来するカタカナ用語の末尾の長音表記を、国語審議会の報告をもとに告示された 1991 年の内閣告示第二号に基づく表記に準拠することになりました。これにより、Windows 7 では、ダイアログやメニューなどで、「コンピュータ」は「コンピューター」に、「フォルダ」は「フォルダー」といったように変更されています。

|

« ふーさんと野遊び | トップページ | 友チョコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/47512160

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンピュータ」から「コンピューター」へ:

« ふーさんと野遊び | トップページ | 友チョコ »