« 子ひつじが食べれない | トップページ | グルメ出張が辛くなってきた »

2009年12月12日 (土)

サッポロで酒池鳥林

いつものように年末から年度末にかけては出張が続くAshだけど、今回のサッポロ出張はタフでハードなバトルだった。

『サッポロではあちこちの川でヤマセミ飛んでますよ』との情報を聞いてただけに、今回の出張は心待ちだった。

予定の前々日の夜のフライトでサッポロの宿に入り、翌朝は早起きして街の南外れの森に行ってみた。

ここの池にヤマセミが来ると聞いて楽しみにしていたのに、到着してみると湖面は完全氷結。
Rimg0690r 
↑この写真は、あえてレタッチしてます。

途方に暮れているAshに、エゾリスがあいさつしに来てくれた。誰かが餌付けしているためか、とても人懐っこい。
こいつは、この冬を過ごすための食料を確保できたんだろうか?
Img_3766

池の奥に向かうと望遠レンズを構えた先客が一人。『ヤマセミは?』って聞くと、しばらく前に湖面が凍結してからは見てないとのこと。
落胆しているAshを見かねてか、『今日はオフなので、近郊の探鳥地に行ってみようか』と誘ってくれた。

彼の車で向かったのは野幌森林公園。
Rimg0691

ここでは、四季を通じてたくさんの野鳥が見れるので、Ashのお気に入りの探鳥地の一つだ。
この季節にはエゾフクロウを見るために多くの人が訪れることでも有名。
有名な洞に行ってみると、一羽のエゾフクロウが眠たそうにしていた。
たくさんのギャラリーの話声が聞こえるので眠れないんだろうな。ちょっと可愛そうだった。
Img_3821

彼には、チュウヒやヤマセミが居そうなポイントを何箇所か案内してもらったが、今回は運悪くボウズの連続だった。

街の南の公園へ戻り、オシドリを見に行くことにした。
このオシドリは羽根を痛めていて遠くに飛べないらしいけど、この川が凍結したらどこでエサを探すんだろう。
Img_3923

近所のサケ科学館で記念写真を撮って、札幌での初日は暮れた。
Rimg0699

この日は、札幌在住の酒豪さんとの久しぶりの飲み会をして終了。


翌日からは、ほぼ終日のハードワークが続いたので、かなり疲れた。
Ashの仕事は肉体的には重労働では無いものの、とてもストレスが多いので仕事が終わった頃はへとへとに成る。

今回の出張では、お得意さんの接待が連夜だったので深夜までの飲み食いも辛かった。酒は嫌いじゃないけど、接待で呑む酒は美味しいとは思えないな。
Rimg0707
↑二十年前に蔵出しされた10年古酒

Rimg0710
↑ラムのジンギスカン

Rimg0719 
↑サッポロビール園

Rimg0722
↑馬の心臓

今回の仕事はトラブル続きだったので、出張予定を二日延長してまでのハードワークだった。
やっと仕事のめどが付いたのは大阪に戻る最終日の昼過ぎ。
この季節のサッポロは三時過ぎには日が沈むので鳥はダメかとも思ったけど、ワンチャンスを期待して街の南側の川へ行ってみた。

近くでヤマセミの声がしたので、河川敷を声の方に歩いてゆくと、対岸の木に居たヤマセミが飛び去ってしまった。
せっかくのチャンスだったのに見逃してしまったことを悔みながらも、河川敷を散策していたら、なんと先ほどのヤマセミが目の前の岩に戻ってきてくれた。
Img_4041

かなりの距離だったので、思ったような写真は撮れなかったけど、でも念願の鳥に会えたので、とても嬉しかったな。

この川では、数組のマガモがのんびりとエサを食んでいた。
Img_4277

こうして、きれいな自然のなかで幸福そうに暮らしている生き物を見ると、本当に心が癒される。
Img_4296
また、別の季節に訪れてみたい場所だった。

|

« 子ひつじが食べれない | トップページ | グルメ出張が辛くなってきた »

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/47003414

この記事へのトラックバック一覧です: サッポロで酒池鳥林:

« 子ひつじが食べれない | トップページ | グルメ出張が辛くなってきた »