« ノラ・ジョーンズとPTSD | トップページ | 子ひつじが食べれない »

2009年12月 8日 (火)

達磨正宗30年物

札幌出張の余暇に、札幌在住の知人と呑むことに成った。
酒豪の知人と酒好きのAshのオフ会なので、当然ながら居酒屋での待ち合わせ。
ここの店主は岐阜県の出身と聞いたので、駄目元で『達磨正宗は置いてるの?』って聞いたら、なんと1988年製の達磨正宗が冷蔵庫から出てきた。
1988年に蔵出しされた10年物ってことは、造られてから30年を経た古酒になる訳だ。

Rimg0707

琥珀色の古酒は、フルーティーな新酒とは対称的な香ばしさが好きだな。
こちらは、信州味噌と朴葉の香りのコラボレーション。
Rimg0704

メニューの『どぶろく』をオーダーしてみたら、なんとこれが本物のどぶろくだった。
入手方法などは聞けなかったが、本物のどぶろくを呑んだのは長い人生の中でも二度目なので、大感激。
Rimg0705

|

« ノラ・ジョーンズとPTSD | トップページ | 子ひつじが食べれない »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/46964822

この記事へのトラックバック一覧です: 達磨正宗30年物:

« ノラ・ジョーンズとPTSD | トップページ | 子ひつじが食べれない »