« 訴状を見ていないので | トップページ | ノラ・ジョーンズとPTSD »

2009年11月 1日 (日)

待たされても幸せな蕎麦屋

心斎橋の大丸百貨店。御堂筋の筋向いあたりに、一軒の小さな蕎麦屋が在った。

P1000027_2
(このニシン蕎麦は他のお店のものです)

この店で蕎麦を註文すると、必ずのように『お蕎麦を打ちますんで30分程お待ち頂けますか?』と聞かれたものだ。

『打ち立ての蕎麦も悪くないな』と納得しつつ待つこと15分。想定していたよりはるかに短時間で蕎麦が運ばれてきた。

この店の蕎麦は味も悪くないし、こじんまりした店の造りと人の良さそうな女将の接客も好感が持てた。

それよりも印象に残っているのは、30分は待つ覚悟をしてたのに半分ほどの時間で美味しいそばを食べられたことの喜びだった。

Ashは麺類が好物だが、その理由の一つが待たずに食べれることに在る。

飲食店で料理を注文して15分も待たされると、少しばかり不愉快に成ってしまうのはAshだけだろうか。

注文してから配膳されるまでが15分程だった場合、その時間が期待値よりも長ければ不満を感じるだろうし、期待値より短かければ幸せに思える。

このお店では何度か蕎麦を頼んだが、毎回同じような時間で運ばれてきたので、客に『30分ほど待ってください』と了解を得るのは、このお店の高度な接客技術だったのかも知れない。

懐かしい思い出に浸りながらGoogleマップのストリートビューで近辺をクロールしてみたが、見えてくる景色はAshの記憶からほど遠く、肝心の蕎麦屋の場所すら探り当てられなかった。まるで浦島太郎の気分だ。

余談だが、この辺りには『清水湯』という銭湯が在って、Ashが独身サラリーマンだった数十年前の金曜日の夜は、同僚と難波の『豊楽』というマージャン店で徹夜マージャンをしたあげく『清水湯』で朝風呂に入るのがパターン化されてたな。

大昔の思い出話でした。

|

« 訴状を見ていないので | トップページ | ノラ・ジョーンズとPTSD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/46641638

この記事へのトラックバック一覧です: 待たされても幸せな蕎麦屋:

« 訴状を見ていないので | トップページ | ノラ・ジョーンズとPTSD »