« 道東の夏鳥(2009年夏) | トップページ | ゼニガメの赤ちゃんが病死した »

2009年7月 6日 (月)

宇宙から国境が見える

毛利宇宙飛行士がスペースシャトルの窓から地球を見て、『宇宙から国境は見えない』と言ったのは有名な話だが、下の写真をじっくり見ると色んな国境が見えてくる。
Earthlights2_dmsp_big

例えば、朝鮮半島。
半島の南半分は明るく輝いているのに対して、北側にはほとんど灯りが見えない。
元はと言えば一つの国土だったものが、同胞が同胞を虐殺する悲惨な戦いの日々の末に、北緯38度線で二つの国に区切られたのは、ほんの半世紀前のことだった。
気候も地勢もほとんど似通った二つの国が、これほどはっきりと弁別できるのは驚異でもあり、恐怖さえ感じる。

アフリカ大陸の中では、南アフリカの部分が浮だって明るいのは、この国が世界有数の資源産出国であることに繋がるのは当然だろう。

ヨーロッパはどうだろう。
かつては東側諸国としてソビエト連邦の影響下に置かれた東欧諸国の国々の灯りは、西欧諸国に比べて見劣りがする。
ただ、旧東ドイツだけが暗さを感じないのは東西ドイツの統一後に西側の資本が大量に注入されたお陰だろうか。

物質資源の豊富さは、必ずしも人の心の豊かさと等しいとは言い切れないけれど、山菜の根を食べて飢えをしのいでいる人々の暮らしは、趣味や芸術などをエンジョイするにはほど遠い。

前掲の写真のオリジナルは、このアドレス。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/image/0208/earthlights02_dmsp_big.jpg

NASAのサイトには、この写真以外にも宇宙や地球の色んな写真が載ってますよ。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/archivepix.html

|

« 道東の夏鳥(2009年夏) | トップページ | ゼニガメの赤ちゃんが病死した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/45560164

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙から国境が見える:

« 道東の夏鳥(2009年夏) | トップページ | ゼニガメの赤ちゃんが病死した »