« 阪急淡路駅1番ホームの怪 | トップページ | クモ、捕食者の芸術作品 »

2008年8月31日 (日)

サンショウクイが旅立つ日も近いですね

数日ぶりに晴れ間が見えたので、家の近所をドライブがてらに回ってきました。
和泉葛城山の麓の山村では、50羽ほどのツバメの群れが何かの羽虫を追いかけて飛び回ってました。
ヒナの巣立ちまでは番いごとに暮らしてたのに、旅立つ日が近づくに連れて大きな群れに成って行きますね。
Img_1983 

一方、岸和田市郊外の神於山(コウノサン)ではサンショウクイの小群が梢の間を飛び回ってました。
これはオス。眼窩の黒いストライプが特徴的ですね。
Ashyminivet 
 
これはメスです。オスのような眼窩の黒い線は有りませんね。
サンショウクイは高い梢を好む鳥なので、重たいレンズを抱えて追い回すのは重労働です。
Ashyminivet_c

これは神於山で見かけたトカゲ。小さな身体ながら虹色の体色はとてもきれいでしたよ。Img_2302

|

« 阪急淡路駅1番ホームの怪 | トップページ | クモ、捕食者の芸術作品 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。昨日、神於山でお話させてもらったものです。せっかくの撮影中におじゃましてすいませんでした。今日、春木の中央公園に行きましたが、オオルリ若、キビタキ、センダイムシクイなどがいました。少ないですけど。また、いろいろ情報交換してください。よろしくおねがいします。

投稿: トリックスター | 2008年9月 7日 (日) 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/42336326

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウクイが旅立つ日も近いですね:

« 阪急淡路駅1番ホームの怪 | トップページ | クモ、捕食者の芸術作品 »