« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

白神山地の春鳥たち(2008年4月)

広大な面積のブナ林が手付かずで残されていたために世界遺産に指定された白神山地。
そのふもとに在る、『十二湖』と呼ばれる湖沼群へ行ってきました。

大きな地図で見る

今回の旅の基点は弘前市。
この時期の弘前市では『さくら祭り』が開催されるために全国から観光客が集中するので、ホテルや飛行機は一ヶ月以上も前から確保しておく必要があります。
なんとかレンタカーも確保できたので、前夜は早々と9時にベッドイン。

28日は、早朝4時に起床。
まずは鯵ヶ沢(あじがさわ)という海辺の町に向けて、岩木山を左手に見ながら北上です。
最近は遅寝遅起きのぐーたら生活が続いてて、朝焼けを見るなんて久しぶり。
夕焼けを見ると哀愁を感じますが、朝焼けには荘厳さを感じさせられます。
Rimg3571

海岸沿いをドライブし、白神山系が一望できる漁村にたどり着いたのは午前6時。
普段なら、まだイビキかいて寝てる時刻です。
昨夜確認した天気予報のとおり、残念ながら白神の上空は雨雲で覆われています。
さあ、十二湖までもう一息。
Rimg3574

午前6時に十二湖に到着し、先ず向かったのは『鶏頭場(けとば)の池』。
ここは、十二湖の中でも野鳥の観察スポットとして有名だと、弘前市在住のバーダーNさんに教えてもらいました。
Rimg3575

それにしても、強烈に寒いうえに風も強いんでカメラを持って移動するだけでも惨めな気持ちに成ってしまいます。
ゴールデンウイークを過ぎた頃には、この鶏頭場の池にアカショウビンが来るらしいんで、もしかして気の早い奴が来てるかと少しは期待してたけど、この寒さではムリですねぇ。

リュウキュウアカショウビンは数年前に宮古島で見たけれど、本アカショウビンは京都の芦生原生林で声を聞いたことがあるだけです。

下のリンクは宮古島のブログ。
http://ashgarden.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_5db7.html

気を取り直して池の周囲をうろついてたら、枯葉の上で何か動くものが。
証拠写真程度のピンボケしか撮れなかったけど、なんと初めて見たトラツグミでした。
ピョンピョン飛び跳ねて藪の中へ逃げ込む姿はツグミそのものです。
Img_8272

余りにも寒いんで頭がキーンとします。
もうすぐ5月だし、大阪では半そで姿でうろちょろしてたので、青森へも軽装で来てしまった自分の軽率さを恨みます。
泣きっ面を蜂が刺すように雨も降ってきたので、とりあえず車へ戻ろうとした途中で見かけたキビタキくん。Ashにとっては今年の初キビタキです。
Img_8267
 
雨宿りをかねて数時間の仮眠をした後に向かったのは、鶏頭場の池の隣に在る青池。
この池、コバルトブルーで澄んで底まできれいに見えるので、観光客にも人気のスポットらしいです。
Rimg3589

それにしても、たった数時間仮眠した後に目覚めたら、周囲は観光バスでやってきた団体さんだらけで大賑わいです。

まあ、これも世界遺産効果なんだろうけど、手旗を持ったガイドさんの後を団体さんがゾロゾロ歩いてるような場所では野鳥はムリと諦めて、Nさんに教えてもらったもう一つのスポット『長池』に向かうことにしました。
青池から長池までの林道の両脇はブナの原生林が残されていて、白神らしさを味あわせてくれます。
十二湖は白神山には近いものの世界遺産の指定地域外なので、こうして自由に観光旅行ができるわけですね。
Rimg3590

ブナ林ではオオアカゲラを見かけました。
つがいらしい2羽で追いかけっこしてたけど、今年も繁殖に成功してたくさんの子孫を増やして欲しいな。
Img_8297

長池は観光コースから外れているために、静かな雰囲気の中で自然を満喫できます。
この日は数羽のカモとオシドリのペア、それにオシドリの幼鳥がいました。
Img_8411

コマドリやミソサザイは、鳴き声が聞こえるだけで、なかなか姿を見せてくれません。
せっかく来たんで姿くらいは拝みたいのにと、長池と鶏頭場の池を何度も行ったり来たり。
ほぼ諦めかけてた目の前に、ひょんとミソっちが飛び出してくれました。
やはり、いつ見ても可愛いチビさんです。
Img_8468

寒さと大自然を堪能できたので、海岸沿いを北上して弘前へ戻ります。
途中の原っぱでノスリが獲物を探して飛行する姿に遭遇しました。
Img_8533

日本一の夕日、と看板が出てたところで見た夕日。
日本で一番かどうかは別として、今日の感動を締めくくってくれる一瞬です。
Rimg3598

夕暮れの岩木山。
岩木山をこの方角から望むのは初めてだけど、どこから見ても津軽のシンボルにふさわしい名山ですね。
Rimg3599

青森から大阪へ戻るフライトで見下ろした白神山地。
この広大な山地には動植物や未知の菌糸などいろんな命がぎっしり詰まってまってて、まさに命の宝庫と言えます。
まだ雪をかぶってますね。
Rimg3726

●北は北海道から南は宮古島まで、私のホームページ鳥たちのエリアへもお越しください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

霞ヶ浦のチュウヒ(2008年4月)

茨城県と千葉県の二県にまたがった日本で二番目に大きな湖、霞ヶ浦。
Ashが小学校で習った教科書には、帆を張った漁船がワカサギ漁をしている写真が載っていたのを覚えていますが、最近の漁獲量は最盛期とは比較に成らないほど落ち込んでいるとか。

この霞ヶ浦の南西部に『妙岐の鼻』と呼ばれる鳥のクチバシのような形をした葦原が在り、そこではチュウヒ・オオヨシキリ・オオジュリンを始めとするたくさんの野鳥が生息しています。

筑波山のふもとの大学への出張ついでに、妙岐の鼻へチュウヒを観に行ってきました。

■こんな広大な葦原なのに、遊んでたのはAsh独りだけ。贅沢な遊びです。
Rimg3421_2

妙岐の鼻には、二箇所の観測小屋のほかにも駐車場やトイレなどバードウォッチャーのための施設が整備されていて、とても便利です。
しいて注文をつけるなら、歩いてゆける距離にコンビニかレストランが在れば食料やオヤツの確保に事欠かずに済みますが。

■葦原を悠々とグライドするチュウヒ。
Img_7436_2 

■Ashの推測では、この葦原には3~5羽のチュウヒが棲んでいるようです。
Img_7595_3

■もう少し暖かくなるとオオヨシキリなども渡ってくるらしいですが、この季節の葦原で見れるのはチュウヒ・オオジュリン・アオサギ・トンビくらいでしょうか。
Img_7677_2

■オオジュリンです。
葦の茎から昆虫か種のようなものをほじくり返して食べてました。
この日は風が強くって、何枚も撮った写真のほとんどが葦をかぶった絵ばかりだったのが残念です。
Img_7539_2

■近所の集落にワカサギの天ぷらで有名な『水神屋』という食堂が在りました。
この食堂は水神社の傍に在って、ヘラブナ釣りの愛好家のサロンのような雰囲気でした。
ワカサギの天ぷらはボリューム満点で美味しかったですよ。
P1000087

■妙義の鼻へ行く前に、水鳥の越冬で有名な稲浪干拓地に立ち寄って見ましたが、すでに北の国へ飛び去ってしまった後のようで、水路にはオオバンしか居ませんでした。
Img_7403_2

■これがGoogle Mapでの妙岐の鼻です。ズームダウンすれば霞ヶ浦での位置関係が解かります。
鳥のクチバシに似てると思いません?

大きな地図で見る

●北は北海道から南は宮古島まで、私のホームページ鳥たちのエリアへもお越しください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

春です、ミソッチの季節です

惚れた相手に会えない時間が永いほど思いはつのるものですが、Ashは去年の春にミソッチ(=ミソサザイ)に片思いハートし、何度も金剛山の頂上までデートに行ったのですが、会ってももらえませんでした。涙

ミソッチが金剛山にやってくるのはゴールデンウイーク前後とか。でも、その頃のAshは出張などが多くって鳥見どころじゃないんです。

Ashは考えました。「人間にだって世間一般のルールから外れて行動する奴が居るんだから、きっとミソッチにもそんな奴が居るはず」と。

Rimg3523 正解でした。金剛山頂の葛城神社近くのブナ林へ行くと、数羽くらいだけど、そんな連中が大きな声を張り上げて縄張りの宣言をしてました。
ミソッチはキクイタダキに次いで小さな鳥と言われてますが、小さいながらも大きな声を張り上げて、尻尾をピーンと立ててディスプレイする姿は見ごたえがあります。声ばかり綺麗でも姿を見せてくれないウグイスはミソサザイを見習って欲しいですね。

金剛山は麓の千早赤阪村からロープウエイで登れるんですが、今回は徒歩で登ることにしました。走る人

Rimg3530 山上の園地にはロープウエイだとわずか5分程度で行けるのに、Ashの足だと1時間半もかかってしまいました。
でも、テクテクと歩いている間でも小鳥たちの声は聞けたし、空気は美味かったし、何よりもお腹のメタボ対策にも成るしで、たまには歩くのも良いものです。

Img_8230 この山のカケスは人馴れしていて、ほんの数メートル先を横切ったりして驚かせてくれます。
ここと同じ南大阪地域でも、他の山のカケスは警戒心が強くって、なかなか近寄らせてくれません。金剛山のカケスには人を恐れないDNAが流れてるのかな?
今日は天気も良かった晴れので、カケスがとても綺麗に見えました。

Rimg3526 一時間半をかけて、ようやく山上の園地に到着です。
ここから先はダイヤモンドトレール(=通称ダイトレ)を歩いて葛城神社を目指します。
ダイトレは適度に整備された自然歩道なので、歩くのは楽チンです。この日も、たくさんの登山客やメタボ対策の室内犬なんかが歩いてました。

Img_8175 ちょっと一休みしてオヤツを食べてたら、ダイトレの両脇の林からコツコツと音が聞こえてきました。
音の正体はコゲラくんです。
春は食料も豊富に成るので、コゲラ君も幸せそうですね。

Img_8190 ダイトレを登ること数十分。葛城神社下のブナ林に到着です。
ここには誰かが作った小さなエサ場が在って、シジュウカラやヤマガラなどが頻繁にエサを食べに来てました。
野鳥を餌付けすることには賛否両論が在りますが、冬場の厳しい食糧事Img_8181情に負けて命を終えてしまう鳥たちを救うという観点では適度な餌場も必要なんでしょうね。
このは前出の鳥たちの他にもウグイスやオオルリの声を聞きましたが、 残念ながらカメラに収めることはできませんでした。

Rimg3529 ミソッチとの初デートが成功し、幸せいっぱい気分ハート達(複数ハート)で下山です。
下山時には少しばかり心の余裕ができたのか、登山時には見えなかった周囲の木々にも興味がわきます。
でも、悲しからずや植物にはまったくの音痴なので名前も判りません。これはネコヤナギですか?

Img_8151 これは山頂の園地近くで出会った鳥ですが、恐らくカヤクグリ。
とても警戒心が強い鳥だったので100mほどの距離で飛び去ってしまいました。
何とか数枚の写真を撮ったのですが、遠すぎたようです。
トリミングしてみましたが、ぼやけましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »