« 嗚呼、思い出の横浜黄金町 | トップページ | 春です、ミソッチの季節です »

2008年3月21日 (金)

エンジニアのエスプリ

SF映画史上に残る名作として名高い『2001年宇宙の旅』の原作者、アーサー・C・クラーク氏が、彼の第二の故郷であるスリランカで他界したことを数日前のニュースで知った。
スタンリー・キューブリック監督の手で映画化されたこの作品は、『難解、理解不能』と酷評されることも有ったが、送り手の意図の一つに人類の英知を超越した何らかの存在の示唆が在ることは明白だろう。

Ashはこの作品の強烈なファンであり、この作品を見た回数が映画館とDVDを合わせると数十回にも達するが、およそ半世紀近くも前に制作された作品であるのが信じられないほど完成度の高い名作である。

この作品の主役とも言える存在が、宇宙船ディスカバリー号のすべてをコントロールする巨大な人工頭脳『HAL』と、謎の漆黒の長方体『モノリス』だろう。

Chandra_edited1映画の話題から逸れるが、Ashの手元に一台の古びたノートPCがある。
このPC、おおよそ10年ほど前に日本IBM社やリコー社の技術者の手で企画と開発がされたが、製造台数も販路も限定されていたために、その存在を知る人は極めて少ない。

『チャンドラ』と呼ばれたこのPC、CPUスペックや記憶容量などでは現在の市販機より見劣りするものの、B5サイズのボディにCFスロットx3、USB,FD,シリパラやオーディオなど多様なインターフェースが装備されたモデルは、当時としては画期的かつ先進的な存在であり、玄人筋からは高い評価を受けていた。『チャンドラ』の外観は、『2001年宇宙の旅』の主役の『モノリス』に酷似しており、この商品を企画したスタッフの多くが、かのSFの名作の影響を強く受けていたことを連想させる。

さらに驚いたのは、このPCのマザーボードの名前が『クラビウス』であること。
そう、『クラビウス』は『モノリス』が発見された月面基地の名前であり、『チャンドラ』は人工頭脳『HAL』の設計者であるチャンドラ博士のことですね。

昨今は先端技術の面で新興諸国に追い上げられ追い越されて苦悩する日本ではあるが、今後も『チャンドラ』の技術者たちのようにエスプリと余裕を感じさせてくれる商品を生み出して欲しいものである。

蛇足ながら、『HAL』の名前はコンピュータ業界のガリバーであるIBM社のイニシアルを一字づつ前に進めたものである。つまり、IBMよりも一歩前に進んでいる技術ってところだろうか。

コンピュータソフトの世界でも、思わずにやりと笑わされるエスプリを感じたソフトが在った。
かつて、パソコンがMS-DOSであった時代、カノープス電子という会社がコマンド形式でグラフィックを描画するドライバを販売していた。
このソフトはかなりの優れものであり、カノープス電子のエンジニアのスキルの高さには一目置いていた。
ある日、いつもどおりにEGR98を起動すると、『このコンピュータはあと○○秒で爆発します』との警告が表示され、あたふたとしていると『エープリル・フール』と表示された。

そうか、今日は4月1日だったんだ。

|

« 嗚呼、思い出の横浜黄金町 | トップページ | 春です、ミソッチの季節です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/40582156

この記事へのトラックバック一覧です: エンジニアのエスプリ:

« 嗚呼、思い出の横浜黄金町 | トップページ | 春です、ミソッチの季節です »