« 偽木とサンニッパ | トップページ | たまには新幹線もえーなぁ »

2008年2月16日 (土)

星野道夫とメモリーカード

正確な場所はヒミツですが、Ashのホームグラウンドから日帰りの距離に猛禽類の聖域が在るんです。

この季節には、写真のケアシノスリを始めとして、ハイイロチュウヒ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、ミサゴやコミミズクなどを見ることができます。

Dsc03378 今日は、ケアシノスリが立ち寄ると言われている樹の傍の草薮で、木枯らしが吹く中を半日も潜んでたのですが、余りの寒さにガタガタ震えっぱなしでした。そんな最悪の環境で500ショット近くも撮影したのに、使い物になる写真はほんの数枚だけ。

大容量メモリーカードの時代に成って、何千ショットも撮れるようになったし、たとえ何百ショット撮っても不要なコマを削除すれば良いので、あまり財布を気にしなくても済みますよね。
少し前まではフィルムカメラの時代だったので、お気軽に何百ショットも撮れなかったことを考えると、とても贅沢で幸せなカメラライフかと思います。

Img_6965木枯らしが吹く草原の中でひたすらケアシノスリの来るのを待っていた間、Ashが大好きなカメラマンであり随筆家でもある星野道夫さんのことを考えてました。
彼はイヌイットの暮らしに憧れてアラスカへ渡り、雄大な大自然の中で
ホッキョクグマやカリブーなどの動物や、可憐な野の花などの写真を撮りましたが、カムチャツカ半島でグリズリーに襲われて若干44歳の命を閉じました。佳人薄命。

星野道夫さんの公式サイトです⇒ http://www.michio-hoshino.com/

ブルックス山脈のふもとの草原で何十日もテント暮らしをし、カリブーの大群が現れるのをひたすら待ち続けていた、星野道夫。
彼の手には数十コマのフィルムしか装てんできない銀塩カメラしか無かったので、毎回のシャッターを押すごとに「このショットは、わずかに残ったコマを使うのに値するか?」と煩悶してたんでしょうね。
もし彼が大容量メモリーカードのデジタル一眼レフの時代に生きてたなら、何百倍もの傑作が生まれていたかもと思うと、あまりにも早すぎる他界が残念でなりません。

それに引き換え、何百ショットも無駄なコマを撮っても駄作しか残らない私の非力さには我ながら愛想が尽きます。

●北は北海道から南は宮古島まで、私のホームページ鳥たちのエリアへもお越しください。

|

« 偽木とサンニッパ | トップページ | たまには新幹線もえーなぁ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Ashさんこんばんは!
寒かったでしょうね!

私も吹雪の中朝から日没までよく粘ります。
やはり猛禽類は朝と夕方の出が良いので、
どうしてもそうなってしまいますね!

しかし500ショットとは賑やかだったんでしょうか? 夕日のコミミズクが撮りたいのでまた通います(笑)

投稿: healing | 2008年2月17日 (日) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/40145863

この記事へのトラックバック一覧です: 星野道夫とメモリーカード:

« 偽木とサンニッパ | トップページ | たまには新幹線もえーなぁ »