« 金剛山のマミジロ | トップページ | 新潟福島潟のオオタカ(2007年) »

2007年10月14日 (日)

好まれない鳥: ヒヨドリ

Img_2677_2 ここ数十年の統計ではヒヨドリの活動範囲が拡がってきていると言う。
かつては山鳥だったはずなのに、最近は市街地などでも数多く見かけますね。 在るバードウォッチャー向け雑誌の統計では、ヒヨドリはウ同様に「好まれない鳥」にランキングされてます。
確かに色目も地味だし、あの悲鳴のような鳴き声もどうにかして欲しい。
同じ地味な鳥であっても、ヤマセミなど希少なものは珍重されるのにヒヨドリは絶対数が多すぎるので人々は無関心なのだろうか?
仮に、このヒヨドリが絶滅危惧種であって、全世界で数十羽しか生息しない鳥ならば、とても人気が高まっただろうにと思うと、少し不憫です。
確かに、人間が姿かたちをどう言おうと評価しようと、ヒヨちゃんに罪はないですよね。
最近は市街地で見かけることが多くなったのも、里山や野原を人間が乱開発したためでしょうし。
どんな鳥にも優劣つけずに見てあげたいと思いました。

でも... どんなオッちゃんでも優劣つけずに友達に成ってくれる心優しいオネーさんって居ないですよね。あせあせ
個人的には、パンクっぽい髪型などがお茶目で好きですね。


Img_2751 この季節には群れを成すヒヨドリを多く見かけます。
これらのヒヨドリたちは、ミサゴ撮りに行った泉大津の埋立地付近で撮ったものです。
ヒヨドリは秋にこのような大群を構成して暖かい土地に渡ってゆきます。

ついでですが、ミサゴが小魚をゲットしようとしてダイビングし、失敗に終わった写真も見てくださいね。

Img_2648
①どっかに美味しいお魚、いないかなぁ~
.
.
.
.

Img_2652
②見っけ!
.
.
.
.
Img_2656
③じゃっポーン
.
.
.
.
Img_2662
④あーぁ、しくじったかぁ

|

« 金剛山のマミジロ | トップページ | 新潟福島潟のオオタカ(2007年) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/16763050

この記事へのトラックバック一覧です: 好まれない鳥: ヒヨドリ:

« 金剛山のマミジロ | トップページ | 新潟福島潟のオオタカ(2007年) »