« あまの街道 | トップページ | ロシア女の二の腕は太かった »

2007年3月10日 (土)

見られてる

私のホームグラウンドである大阪府貝塚市を中心とした日帰り範囲の地域での探鳥記です。
●北は北海道から南は宮古島まで、私のホームページ鳥たちのエリアへもお越しください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


■2007年3月10日(晴れ後曇り)

きょうは、大阪と和歌山の県境にある紀泉高原キャンプ場まで出かけてみました。
春の到来とともに野山はいっせいに木の芽や若草が芽吹き、生き物たちはほっと一息ついているようでした。

Yellowthroatedbunting 野鳥を探して野山を歩いているとき、ほんの近くからさえずりが聞こえるのに小鳥たちの姿がまったく見当たらないことがあります。
カメラのシャッターに指をかけ、じっと息を潜めて待つこと5分・10分・15分・・・
少し退屈して周囲の景色を見ようと横を向いたとたん、目の前の藪や木々からいっせいに何羽もの小鳥たちが飛び立つことがあります。
バードウォッチングをしているつもりが、逆にマンウォッチングされてたのですね。
こちらは小鳥たちをいじめたり襲ったりするつもりはまったく無くても、向こうは人間のことをあまり信用していないようです。
Img_5807 ある本には、人間がヘビなどの爬虫類を見て嫌悪感や恐怖感を持つのは、太古に恐竜に追い掛け回されてたころの記憶がDNAで受け継がれてきてるからとか。
確かに、人間はかなり前から鳥たちを捕らえて食料にしたり、羽を飾りに使ったりして来てたので、彼らのDNAには人間=野蛮で危険な生き物の記憶が在るのかも知れません。
鳥や動物たちに信頼されて、木陰からマンウォッチングされないように成るまでは、あと何千年も必要かも。

|

« あまの街道 | トップページ | ロシア女の二の腕は太かった »

バードウォッチング」カテゴリの記事

探鳥」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183463/14212894

この記事へのトラックバック一覧です: 見られてる:

« あまの街道 | トップページ | ロシア女の二の腕は太かった »